FC2ブログ
2019 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2019 11

世界選エリートTTのマルティン

2019.09.28.00:16

現在U23の個人ロードをやってますが、又しても雨ですねぇ。。。

さて、トニー・マルティン、過去個人TTで4度世界チャンピオンになっているんですが、今回は個人TTでは9位に終わりました。まあ、このところドイツ国内ではトップを守っていますが、国際的なレースではかつての強さが見られなくなってますねぇ。。。

今回はブエルタで落車して顔面を24針も縫う怪我があって、優勝候補には入ってませんでしたが、3位のフィリッポ・ガンナとは30秒差。まあ、1時間以上走って30秒、カーブのコースを数回間違えるとこのぐらいの差は出そうです。ただ、優勝したローハン・デニスとは2分半、エフェネプールとは1分9秒の差はかなり大きいですね。34歳、もう世界チャンプ返り咲きは無理ですかねぇ。。。

「【3位までの】30秒はもう少し頑張れたかもしれないけど、金メダルまではもっとずっと差があったね。しかしこれは満足できる範囲だと思う。この何日かは私にとって最善のものとは言えなかった。ある程度までは来たけど、いつものパワーは欠けていた。コースの中盤でいくつかきつい登りがあって、それは確かに長くはなかったけど、スピードを落とさないために腰を上げて、平地より100ワット上げなければならなかった。今日の私にはそれが欠けていた。ポジティブなことが少しでもあれば満足できなければならない。でもね、4回も世界チャンピオンになると、トップテンの順位では満足できるものではないんだよ。」


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



トニー・マルティン、世界戦へGO

2019.09.21.15:36

1568796623_1_gross.jpg

すでに火曜日からロードトレーニングを再開しているようです。

右目の上下に絆創膏で右手もかなりすごそうです。見た目はかなり酷そうですが、実際はそれほどでもないそうで、日曜日に世界選手権に新たに取り入れらた男女ミックスのチームTTリレーには参戦するということです。

この新しい種目、男3人のチームTTの後、女3人にリレーされ、総合タイムで優勝を決めるそうですが、ドイツとしては初種目でメダルの可能性があるとのことで、入れ込んでますね。

マルティンの話 「私のビアンキにまた乗っている。まだ痛いが、また路上に出られたのはいい気持ちだ。日曜の世界選までには回復していると思う。」

まあ、ブエルタの19ステージで落車した後も、「世界選に出るのは問題ないと思う、そのぐらいの怪我だ」と言っていたものでしたが、見た目がすごかったからねぇ、どうなるんだろうと思いましたが。。。

なお、ミックスリレーのメンバーはまだ未発表ですが、マルティン個人は、ミックス、チームTT、個人TTの3つに出場を予定しているそうです。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティン落車の件

2019.09.14.23:46

すっかりロコモティフ係になったようなマルティンですが、昨日のステージでの落車でリタイア。写真を見る限り、どうも大変そうです。右目の上をかなり縫ったようです。
1568456466_1_gross.jpg

ただ、骨折はなかったようです。でもヘルメットをかぶることができないような位置に大きな怪我を負ったようですね。そして世界選への参加は多分大丈夫だろうとのこと。

落車の状況はこんな感じだったようです。
https://twitter.com/39x28web/status/1172557385900199936


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティン、北のクラシックは走らず

2019.01.04.14:07

このところドイツ国内はともかく国際的にはTTの力に陰りが見え始めたようなトニー・マルティン、ユンボ・フィスマに移籍と同時に取りざたされたのがTTスペシャリストからクラシックへの転向か?ということでしたが、もう一度TTを中心にレースプログラムを組むようです。マルティンのHPに19年シーズンの出場予定レースが書かれてますが、まず2月はじめのバレンシア一周でシーズンインし、UAEツールとティレノ〜アドリアティコと続きます。

例年だとこの後すぐベルギーの石畳クラシックを走るんですが、今年の予定はベルギーではなくバスク一周。そして4月の終わりにはツール・ド・ロマンディが予定されていますね。最大目標のツールまでに、あとはダンケルク4日間とZLMツールが入り、ドイツ選手権。

つまり今年のマルティンがツール前に走るワンデーレースはドイツ選手権だけ。結局この3年間ベルギーのクラシックに力量を見せることができなかったことで、今年はこうなったようです。

チームプレゼンテーションでのインタビューでは「私はTTで世界のトップに戻りたい。今年最大の目標はTTの世界チャンピオンである。それ以外はチームのアシストとして走る。特にスプリントエースのデュラン・フルーネヴェーヘンと総合エースのプリモス・ログリッチおよびステフェン・クレイスヴェイクのために走る」と名言してます。

ただなぁ、個人的には、TTからクラシックへ、カンチェラーラの後を追って欲しかったという気持ちが強いんですがねぇ。。。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティン、今年の総括

2018.12.05.18:29

毎年 rsn でおこなっているドイツ語圏選手総括シリーズ、前にも書いているように、本当は今シーズンの成績によって順位をつけているんですが(拙ブログではこの順位のポイントに不満があるので無視していますが 笑)、例年トップ争いの常連だったトニー・マルティン、今年は rsn のつける順位では34位と散々です。

得意種目の個人TTを見ると、ドイツ選手権は7連覇で、国内では無敵ですが、ジロではローハン・デニスに遅れをとって2位。他のレースのTTの結果はこんな感じです。

アルガルベ一周 6位
ティレノ〜アドリアティコ 22位
ジロプロローグ 9位
世界選手権 7位

何しろツールの第8ステージで骨折リタイアしてしまったから、そのおかげで楽しみにしていたドイツツールもキャンセル。9月はじめのツアー・オブ・ブリテンで復帰して、やっと世界選に間に合ったという感じだったので、そこでの7位は上出来なんでしょうけど。。。

TT以外もクラシックではE3ハレルベケでの27位が最高で、ワンデーやステージでの得意の逃げ切り勝ちがありませんでした。

マルティンの話。「ジロの2位が今年の小さなハイライトだった。今シーズンの総括としてはぱっとしなかったと言える。残念だが大きな勝利がなかった。特にTTがうまくいかなかった。だけど世界選の7位は、それまでの状況を考えれば全然ダメというわけではない。チームを変えたことで全く始めからやり直して、新しい刺激をを期待している。昔の調子に戻って、いくつか成果を上げられるといいが。」

というわけで、半月ほど前には、TTスペシャリストとしての復活を目指すのか、それともクラシック狙いに方向転換するのかというのがニュースになっていたことがありましたが、どちらに向かうのかはロット・ユンボチームのミーティングで話し合うと言っていました。さて、ミーティングはあったんですかね? 個人的にはカンチェラーラのように、クラシックを狙って欲しいけど。。。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログ、ロットNLへ移籍

2018.10.22.14:54

いやはや、いろいろ忙しくてバタバタしているうちにジャパンカップも終わってしまいました。前日のクリテでデーゲが勝ったそうで、ドイツのニュースにも乗ってました。だいぶ喜んでますね。うーん、見たかった。この分だとサイタマも行けるかなぁ。。。前日友川カズキライブだし 笑)

というわけで拙ブログではだいぶ前に既報済みのニュースですが、正式発表になりましたね。

……
今日私は皆さんに大ニュースをお伝えする。私は来年と2020年、ロットNLユンボチームのために走ることになった。このオランダのチームで、私のこれまでのTTでの良い成績を継続するための条件を全て見つけることができた。逆にチームTTでは全力でチームをサポートするつもりだ。

この移籍はとても嬉しく思っている。このチームの有する理念に共感するし、この数年のチームの発展ぶりを感心してみていた。あらゆる領域でのプロフェッショナルな仕事ぶりに納得させられた。選手たちは一つになって走り、チーム関係者全員が選手たちが全力を発揮できるようにあらゆる細部に気を配っている。何より、TTに関しての彼らの取り組みが私を納得させた。このチームがTTに大きな力を注いでいることはよく知られている。私はこれまで同様、チームの一員として走り、エースを支えたいと思っている。もちろんTTでは自分の成績を狙っていきたい。

目下、私は中国にいる。現在のチームカチューシャ・アルペツィンのために最後のレースを走っているところだ。カチューシャにはとても感謝している。
……

うーん、16年に仲良しのキッテルがマルティンと同じクイック・ステップへ移籍して1年一緒に走ったと思ったら、マルティンはカチューシャへ。それを追うようにキッテルがカチューシャへ移籍したら、1年後にまたまたマルティンはロットNLユンボへ。となると、キッテルは来年はロットかな?



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログ、シーズン終わりに向けて

2018.10.04.00:04

とーとつですが、今年の5月から我が家には猫がいます。これが、保護猫なので笑っちゃうぐらい懐かない。しかもものすごいビビリ。ようやく、餌をくれてトイレ掃除をする私の連れ合いには少し慣れてきたかな(と言ってもまだ撫でさせてくれたりはしません)というところですが、私や子供達がちょっと動くと、慌ててケージに逃げ込みます 笑) 触らしてくれるのはいつのことやら。
line_1530229532065.jpg

以上、まるで関係ないですが、マルティンのブログです。(2018,10,5 追記 マルティンは猫顔だから多少のつながりがある、と教えてくださった方がいました 笑)

……
願っていた黄金の、あるいはせめて銅色の日は世界選手権ではやってこなかった。このコースで表彰台に登れるなんてかなり能天気な話だった。しかし、頑張る気持ちがないならスタートする意味もない。

明らかに登りでタイムロスした。登りの前と後はずっとベスト3のタイムだったのだ。これが、今回の世界戦で少しは慰めになることだ。私のやり方でもまだ戦える。日曜の個人ロードは出場しなかった。その代わりに明日はミュンスター・ジロに出る。毎年、シーズンの最後に地元のファンの前で走れるというのは全く特別な気持ちだ。そのあとはパリ〜ツールと中国へ行くことになっている。また報告する。
……

まだロットNLユンボへの移籍の話は出てこないですね。結局 rsn のニュース以外では全く見かけないけど、まあ、公式発表はまだということなんでしょうかね。 rsn は発表しちゃってよかったんでしょうかね?


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティン、ロットNLユンボへ移籍

2018.09.27.11:10

腱鞘炎は注射のあとだいぶ良くなってきて、もう自転車にも乗れるかな、というところなんですが、東京はずっと雨。まあ、無理してもしょうがないけど、一月以上乗らなかったのっていつ以来だろう?

というわけで期待したU23TTのケムナも、エリートTTのマルティンとシャハマンもあきまへんでした。マルティン以外はトップテンにも入れず。しかし、ローハン・デニスは今シーズン出場したTTは全部勝ってるんじゃない? まあ、調べてないけどそんな印象です。

それから、巷ではジュニアのTTで優勝したレムコ・エフェネプールという選手、24キロのコースで2位の選手に1分半の大差をつけて圧勝、まだ18歳だけどクイック・ステップと契約したそうです。本人は嫌がっているけど、メルクスの再来という声もあるとか。

さて、契約といえば、噂ではでてましたが、サインしたようです、マルティン。まだ本人のブログには載ってませんが、rsn の取材には答えたようで、来シーズンはロットNLユンボで走ることになりました。

rsn が世界戦試合会場で質問したところ、「契約にサインをした。でもチームがいつ移籍を公表するかは私は知らない」と苦笑いして言ったそうです。

マルティンももう33歳なんですねぇ。世界戦初出場で暫定トップになりニコニコしている顔が、後からスタートした選手たちに次々抜かれてどんどん泣きそうな顔に変化していったのは、もう10年も前だったんですねぇ。今回は病み上がりで7位。レース後のコメントはこんな感じです。

「失望はしていない。うん、してない。でも満足もしてない。目標はあくまでメダルだったから。しかし、今僕が出せるパフォーマンスは示せたと思う。山の感じも僕みたいなタイプに向いていた。だけど、山での能力はいくらか落ちていたかもしれないし、平地から山へのリズムの切り替えがうまくできなかった。聞くところでは来年の世界戦は平地だそうじゃないか。ちょっと楽しみだね。」

さて、今日はジュニアの個人ロードがありますね。数年後に出てくるかもしれない選手たちを、ちょっとだけでもチェックしておきましょうかね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログ、チームTT

2018.09.10.11:14

というわけで、ツアー・オブ・ブリテン、ブエルタに気を取られてチェックをおろそかにしていたんですが、途中ニルス・ポリットが逃げて、スタナードにはちぎられたけど、2位になったりしたようです。来年は大いに期待できるんじゃないかなぁ。



で、マルティンのブログです。

……
この何日かのよい印象が、昨日のチームTTで実証された。ツアー・オブ・ブリテンのチームTTで3位になり、世界戦を見据えて自信をつけたいという目標を達成することができた。優勝まで20秒差。最後の6キロに限れば、ずっと登り気味で、4人になっていたため、お互いに多少待ちながら走ったので、あれ以上は無理だった。
……

最後のところは、個人TTだったらもっと行けたという意味でしょうかね。マルティンの個人マネージャーのイェルク・ヴェルナーも世界戦に出場すると明言したようです。

しかし脊椎骨折ってどんなものか知らないけど、ものすごい回復力ですねぇ。。。手首が痛くて自転車に乗れない身としてはあやかりたい。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログ、カムバック

2018.09.10.10:51

7月半ばにツールで脊椎骨折したんですよねぇ。なのにツアー・オブ・ブリテンに出場ですよ。大丈夫なのかなぁ?

私なんか8月の半ばに右手親指の付け根の腱鞘炎になってしまって、その痛みが全く取れず、自転車のブレーキパッドに手を置いているだけで痛いので、この半月全く自転車に乗れませんが。って、マルティンと比べるわけじゃないんですけどね 苦笑)

まずは9月4日のブログです。

……
3時間を300ワット。今日は本当にハードに走った。激しい戦いと、数多くのアタックの後、60キロほど過ぎて、逃げグループに入ることができた。残念ながら我々は最大でも1分の差をつけることはできなかった。しかし負荷をかけて試してみたかったのだ。それ以外にも、やってみなければわからない。最後まで逃げ切れることだってあるのだ。いずれにせよ、私はこの日のモーストアグレッシブライダーとして表彰された。長く休んだ後でちょっとしたモチベーションになった。

ゆっくりとだが、私は再びレースモードに入っている。最初の二つのステージはまだいくらか慎重だった。まだ落車の影響を感じられた。しかし今は再びサドルにのってて気持ちがいいと思えている。

この後の日々でワット数をもう一度極端にあげられることを願っている。何より木曜のチームTT が楽しみだ。ではまた。
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログ、再び自転車に

2018.08.19.08:03

この間にいろんなことがあったようで、移籍が解禁になった途端に、プロ入り以来10年間ずっと、名称は変われど同じチームに所属していたジーモン・ゲシュケが移籍とか、同じように8年もロットにいたグライペルとそのカタパルトのジーベルクがチームを出て、しかも別々のチームへ行くとか色々なニュースが飛び交っていますが、さらにトニー・マルティンもロットNLへ移籍という噂も。

……
今日はみなさんに良いニュースと、あまり良くないニュースをお伝えする。最初の良いニュースは、私は再び自転車に乗って、またロードトレーニングを再開しても良いというお墨付きをもらったこと。治癒の状態は良い。そして最後に4日間にわたって、私はチームと契約しているミュンヘンのオステオパシー療法士のところで辛い療法を受けてきた。もちろん、さらに自分の安定性を鍛えるよう宿題も幾つかもらってきた。カムバックに向けて順調である。

さて、もう一つのあまり良くないニュースの方だ。私のカムバックは残念だが、少し先送りしなければならない。医者たちから、私はドイツツールの参戦をやめたほうが良いと忠告された。このレースに参加できないのはとても辛い。しかし私は大したやりとりもせずにそれを受け入れることにした。もう一度背中から落車して、さらに椎体だけでなくもっと怪我をしてしまったら元もこもなくなる。我々のような競技スポーツを行っているものは、多くのリスクを負わなければならないことは意識していなければならない。仕方がないのだ。もちろん誇張するつもりはない。私は自分自身と自分の身体のための責任だけではなく、私の家族に対する責任もある。ドイツツールに参加できたらとても嬉しかっただろうが、今はまず休養しなければならない。
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログ、脊椎骨折

2018.07.15.10:55

脊椎骨折って聞くと車椅子生活になっちゃうんじゃないの、と不安になります。落車直後からある程度予想していたぐらい胸部の痛みがひどかったようです。

……
残念だが私のツールは終わった。今日ゴール前17キロでの集団落車に巻き込まれたのだ。ハンドル越しに地面に投げ飛ばされ、頭から落下して唇をひどく切ったので、縫わなければならなくなった。しかし、これだけなら大した問題ではない。私は激しく背中を打ち付けて、すぐにそこが普通じゃないということに気がついた。すぐにものすごい痛みが襲ってきたからだ。ゴール地点でそのまま移動レントゲン車へ。しかし、この機械でははっきりしたことが言えなかったので、さらに病院へ行った。そして脊椎が骨折していることが判明した。私のツールが終わってしまったことで絶望している。しかしそれを受け入れなければならない。今は4週間は自転車に乗れない。というのは骨折部分が再び再生するまで振動は絶対に避けなければならないからだ。プロトンに残り2週間の無事を祈る。また戻ってくる。
……

ドイツ選手権のTTで復活宣言していたのになぁ。世界戦も間に合わないかなぁ。どこかで一発逃げに乗って見せ場を作るんじゃないかと期待していただけに、非常に残念です。今年のドイツ勢はパッとしませんねぇ。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログ、ツールに向けて

2018.07.07.22:33

いやあ、始まってしまいましたね。今日はFBでネトウヨさんと議論。バカなことをしてるんじゃないよね 笑)ホント、無駄な時間だよ。最後はこの写真でおしまいにしました 笑)
不毛_convert_20180707221725

……
私にとって10回目のツールがやってくる。恐ろしいぐらい早く時間が過ぎていく。。。しかし、私にとってこのレースの魅力は潰えることはない。沿道で何が起きるかは信じられないほどである。明日のスタートが待ち遠しい。私はすでに火曜からここに来ている。いつでもスタートできる体制だ。

今日は最初の二つのステージについて、私たちは話し合った。ゴールの登りは簡単ではない。コースとタイミングをよく知っておくことは非常に重要だ。特に最初のステージというのは経験上ナーバスになるものだ。何が起きるか、私たちが日々をどう追っていくか、焦らず待つしかない。私はイルヌールとマルセルのためにアシストの役割をしっかりとこなすつもりだ。しかしもちろん、チャンスを探しながらステージ勝利も狙っていきたい。ルーベのステージはもちろん狙えるステージの一つだ。覚えてるかい? しかし、まだ他にも可能性があるだろう。どこで私がアタックするかは君たちをびっくりさせたいと思っている。しかしそれはまたいつもの通り運も左右するものだ。うまい逃げグループに入り、なおかつ集団が僕らを許してくれなければならないから。

では、沿道で会いましょう。それができなければ、TVで楽しんでください。 トニー
……

というわけで、このブログとは別件でフランクフルターアルゲマイネ紙のインタビューにも答えているマルティン、フルームの件について怒ってます。

「これはスポーツ一般に対して恥ずかしいことだ。こんなことがあり得るなんて理解できない。どうしてこのケースで当該アスリートに対して出場禁止ができないのか、そして説明する時間があるなんておかしくないか?」

うーん、すでに書いたように、僕もなんか釈然としないんですけどね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログ、TTドイツチャンピオン

2018.07.01.13:09

今回のコース、2015年と全く同じコースだったんですね。その時と比べても47秒もタイムが良かったそうです。もちろん風向きとかあるし、単純な比較はできないんでしょうけど。

インタビューでは「アスファルトが新しかったからワット数値が高めになった。それで時速が変わったのだろう。以前、世界チャンピオンになった時と同じワット値だった。今日みたいな日の後だと、ツールが個人TTで始まらないのが残念だと言いたくなる。」

自信回復のマルティンであります。

……
最近数ヶ月で私の最高のTTだった。再びドイツチャンピオンになれた。このタイトルを喜ぶだけでなく、それ以上に内容が嬉しい。最初から最後まで自分に強さを感じた。最後は何か出してゴールまで楽しみたいと思ったぐらいだ。走っている全時間、素晴らしい緊張感だった。ポジションが決まって、ワットの数値は計画通りだった。常に大たち440ワットで走るつもりだった。それは完璧にうまくいった。

トレーニングキャンプから戻ってからは、去年以上にこのタイトルに照準を定めてきた。しかしライバルたちがとても強く、このレースには絶好調で臨まなければ勝てなかっただろう。

コースは確かに非常に単純だったが、メンタルでは本当に気を使った。何しろ直線コースが長かったのだ。目標を失わないようにしながら、最後は着実に進むことを考えた。

明日のロードレースではうちのエースマルセルのために走る。無論全力を出してスプリントゴールに持ち込みたい。もちろんいろんなことが起きるだろう。ボーラやサンウェブのようなチームは数が多いし強烈だし、オプションもたくさんある。私たちカチューシャは五人で、どんなことが起きても対処できるようにしておきたい。もしマルセルが頂点に立てたら、いうまでもなく素晴らしいことだろう。彼の準備も怠りない。
……

さて、今日はドイツナショナル選手権、ボーラは何があっても逃げを成功させたいところでしょうし、デーゲの調子がどうなのかもきになるところです。どっかでライブストリームやってないかなぁ。フランス選手権はあるようだけど。。。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ドイツTTはマルティン

2018.06.30.14:32

予告とは違ってだいぶ待たされましたが、デーゲツールに出場決定です。調子が上がってるのかどうかよくわからなかったのですが、上がっていない選手を選ぶはずはないから、期待しましょう。

で、TTのドイツナショナル選手権、トニー・マルティンが7連覇(8勝目)です。このところTTでは勝ててないマルティン、ドイツ国内だと無敵ですね。45キロのコースを51分23秒、2位は1分2秒差でヤッシャ・ジュッターリン、3位が1分半強の差でスプリンターのニキアス・アルントで、4位にシャハマンが、5位にはポリットが入りました。

マルティンの話。「非常に緊張して臨んだ。去年は非常に僅差だったし、今年もどうなるかわからなかった。ジロの後は2週間休息して、その後の2週間はこの日のために集中してトレーニングしてきた。レース中、自分のワット数値が3年前より良いことに気がついた。【周回コースの】最初の1周を終えて、昔のわたしが戻ってきたと思った。今シーズンはまだ勝利がなかったし、ライバルたちも非常に強かっただけに、このタイトルは特別なものだ。」

調子が戻ってきたのなら、ツールのTTにも期待できますね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログから、TT2位

2018.05.23.21:11

というわけで、たった今、ブログ更新されました。TTを走れば優勝というのはもう難しいんでしょうかね?

……
とうとう再び大きなTTでトップクラスの成績を出すことができた。確かにあれだけ長い間ホットシートに座っていたのに、最後にスタートした選手たちの一人によってタイムを逆転されたのは悔しい。しかし、もちろんデニスとデュムランは私の優勝候補リストにも入っていた。それ以外にも、スタートリストにはトップTTスペシャリストたちがいた。だから私は自分の成績に満足している。長いTTで再び上位で走れた。これは私を楽観的にするし、これをもとにしてトレーニングを積んでいきたい。

これまでのところ、総合的にはジロをうまく走れている。調子は良い。私の計画は逃げ集団に入ることだったし、今もそうだ。何度かそれはうまくいった。もちろん今回は基本的なスピードがどうかしていると思うほど高い。だから逃げにはちょっと不利だ。それは結果にも現れている。逃げが決まるのはほとんど不可能だ。しかしこれをさらに試みてみたい。まずは長い山岳を耐えなければならない。それから、ひょっとしたら私たちにもローマでもう一度チャンスがあるかもしれない。
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログ、ジロは9位

2018.05.06.10:22

なんだか連休の忙しさ 笑)に紛れて、いつの間にかジロが始まっていました。マルティンはジロに参戦。しょっぱなの個人TTは9位に終わりました。去年あたりからドイツ国内以外ではTTで勝てないですねぇ。

……
イェルサレムでのジロのスタートの舞台は素晴らしかった。そして自分の結果にも十分満足している。私はジロの始まりの、10キロ足らずの比較的短いステージに絶対的な目標を定めていたわけではない。私が準備してきたのは、むしろ、もっと後できちんと走れるようになることだ。だから9位という結果も全く問題ない。それに私たちのチームはトップテンに三人入ったのだから。これは、今後のレースに大いに自信になる。コースはかなりテクニカルで、リズムが取りづらく、カーブも多く、軽く登っていた。しかし、とても楽しめた。三大ツールの一つの初日はいつでもちょっと特別だ。イスラエルでのこの後のレースもかなり楽しみである。
……

マルティンとしてはどこかで逃げ切り勝ちを狙っているということなんでしょうか? それとも、TTの力が落ちた分、ひょっとして減量に励み、総合狙いのステージレーサーに体質改善しているとか。まあ、一時期そんなことも言われたことがありましたが、長い登りは体重を減らした程度ではトップクラスにはなれないでしょうし、この前の石畳クラシックにも積極的になっているみたいだし、やっぱり逃げ屋としてやっていこうということなんでしょうか?

よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログ、アルガルベ一周

2018.03.02.00:00

一昨日アップしようと思ってたのに、つい興奮して忘れてましたわ 笑) だいぶタイムラグがありますが、2月18日に終わったアルガルベ一周の報告です。

……
私のパフォーマンスには満足しているが、結果についてはそうはいかない。アルガルベでは正直に言えば、もう少しできると思っていた。もちろん私は今年はスローペースで準備トレーニングをした。ルーベまで、そしてジロまで調子を保たせなければならないからだ。スローペースと言っても、乗り込み距離を少なくするのではなく、トレーニングの強度の点でなのだが。無論そのことはわかっていた。そして結果が出てないとは言っても、このステージレースは私にとっては、現在の私の状態を知る上で重要だった。これに基づいて、今再び戻ってきたマジョルカ島で、次の課題のために一層ハードなトレーニングを積み上げていくつもりだ。
……

今年もパリ〜ルーベに出るんですね。ジロの方は去年は出てなかったよね?? ジロに出てツールにも出るのでしょうか、それとも今年はジロだけ? 何れにしてもアルガルベのTTステージは20キロで6位どまりでした。シュテファン・キュングにも負けてるから、それほど登りではなかったと思われます。うーむ、去年あたりからTTのずば抜けた強さが陰りを見せているような気がしますが。。。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログから二つ

2018.02.17.22:57

バタバタしてて、チェックしてなかったら、マルティンのブログが2回も更新されてました。

まず2月9日の日付です。

……
トレーニングの時間は終了だ。明日、ついにまた始まる。ムルシア一周と日曜のクラシカ・デ・アルメリアで、水曜から始まるアルガルベ一周できちんと走れるように、レースのリズムを見つけることが大切だ。

ここまでの準備には大変満足している。素晴らしい冬を過ごし、最高のトレーニングを積んで、体調を悪くすることもなかった。調子はとてもいいと感じている。しかしそれはレースを走ってみて初めて、本当にそうだったかがわかるのだ。何れにしてもスタートが待ち遠しい。
……

というわけで準備レース2つはどちらも完走というところでした。続いて、アルガルベが始まってます。

……
本当にハードな始まりだった。ゴールするまで全力を出した。40人がリタイアだ。トイレタイムもなかった。5時間ハンドルの下を持っていた。ムルシア一周では最終的にタイムリミットで走れたのはわずかだった。私は26位だったが、本当にハードだった。日曜のアルメリアではいくらか穏やかなレースだった。私としてはむしろ逆であって欲しかった。つまり、平地のレースで始まって、それからアップダウンのあるレースが良かった。しかし、うまく走れてとても満足しているし、スペインを超えて【ポルトガルの】アルガルベへ向かうコースをとるのを後悔していない。

というわけで、今私はポルトガルにいる。車で7時間走って、ここにも慣れるだろう。それから水曜日には今シーズン最初の本気のテストが始まる。つまり、何よりもTTがセッティングされているのだ。このステージレースではかつて勝ったことがある。だから私としてjはこのレースとこの素晴らしい地域に親近感がある。
……

と気合十分だったマルティンですが、アルガルベの第3ステージの個人TT、ダメでしたね。20キロほどのコースでゲラント・トーマスに遅れること27秒の6位。去年もTTではほとんど勝てなかったし、このところTTの力に陰りが見えてますね。その分、逃げに力を入れて、ソロアタックで逃げ切るようなレースを見せてくれれがいいという気もするんですけどね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

マルティンのブログから、オーバーグルクルより

2018.02.02.12:36

180129_berge.jpg

マルティンはマジョルカでのトレーニングを終えて、オーストリア南部のアルプス山地で休養中のようです。

……
マヨルカ島の穏やかな気候の後、今、冬のパラダイス、オーバーグルクルで休養を取っている。休んでいる時も高地効果を生かそうというわけだ。リラックスしながら、身体の方には刺激を与えている。もちろんローラー台も持ってきてはいるが、まずは選手間でよく言う言い方を使えば、何よりいくらかここで空気を送り込みたい。それからシーズンスタートのムルシアヘ乗り込むつもりだ。

これまでのところ、ここは完璧な天候だ。陽が出ているが、温度は0度から5度の間。散歩には理想的だ。もう随分長い間冬山には来てなかったが、素晴らしい。パノラマ風景は最高だ。3000メートル級のたくさんの山に囲まれた地域で、ここでは毎年エッツタールサイクルマラソンが行われる。参加するなら2月1日から申し込める。いつか、引退した後で、私もこの催し物に参加することを夢見ている。きっと楽しいだろう。もっとも、この高度を登れるならば、だが。
……

エッツタールサイクルマラソンは240キロ弱で2000メートル以上の峠を3つ越え、標高差は5500メートル以上という無茶苦茶なサイクルマラソン。去年からは日にちを変えてプロの部も開催されるようになったみたいですが、基本ホビーサイクリストのためのもので、毎年1万人がスタートし、3〜4000人が完走しているようです。YouTube で Ötztaler Radmarathon で検索するといっぱいアップされてますが、8時間以上、定点カメラという映像もあったりして、誰が見るんだ、こんなの?



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム