2018 05 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2018 07

どうした? キッテル?

2018.06.11.14:05



いやあ、ケルン一周に久しぶりに出たものの、最後のスプリントでは絶好の位置につけたのにまるで伸びないどころか、歯飛びでもしたか?っていうような一瞬の脚の停止はなんだったんでしょう?

うーん、今シーズンはキッテルらしい圧倒的なスプリントが見られないし、このままではツールがマジで心配ですねぇ。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

キッテルのブログから、ミラノ〜サンレモ

2018.03.20.23:03

180317_msr1.jpg

前回、キッテルのレース後の話を紹介しましたが、自分のブログにも書きましたね。

……
ぷーっ。最後は本当に目の前真っ暗だったぜ。チプレッサでは文字通りブッチギレたぜ。俺の窯は完全に消火状態だった。俺にとって最初のサンレモから得た最も大きな教えの一つ? 食わなくちゃならねえ、腹が減ってなくても次々に押し込んで行かなくちゃならねえ、ってことだな。この距離でしかもこの天候だっただけになおさらだ。しかしまさにこういう経験こそ俺にとっちゃあ大切なんだ。俺はチーム内で自由な役割だったから、ただ勉強あるのみだったのさ。もっと上位でゴールできたら、もちろんもっと嬉しかっただろうな。でも今回は上位は無理だった。そうは言っても俺は完走したんだぜ。なんといってもこのレースのことを逐一細かく見ておきたかったからな。レースそのものはものすごかったぜ。アイルビーバックだぜ。

もう一つ、落車で鎖骨を折っちまったアンドレ・グライペルにお見舞いを言うぜ。シーズンが始まって最悪のタイミングだったな。
……

キッテル、ハンガーノック気味だったんですかね? 普通のサイクリストで一日で300キロ走ったなんていう人は少ないでしょう。私は無論ありません。それを高速で走るってのは常人の想像を絶するものがあります。

先日のインタビューではまた出るかどうかわからないようなことを言っていたけど、やっぱり時間が経ったらまた出るつもりになってますね 笑)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのミラノ〜サンレモ

2018.03.18.22:03

ニバリの格好いい勝利の後、どうやらグライペルは鎖骨骨折で手術、カヴェンディッシュもまた新たに肋骨骨折みたいですね。今シーズン2度目の肋骨骨折とのこと。

このライバルに対してキッテルはポッジオより前のゴール25キロ前のチプレッサで千切れました。しかしライバル二人とは違って完走ですね。16分以上遅れて完走164人中の115位でした。

「くっそハードだったぜ。雨もあってひでえ日だった。最後はシャットダウンだ。カポ・ベルタの後は完全に終わったぜ。だけど、最初から言ってたように、俺はここへ勉強のために来たんだ。そしていい勉強になったぜ。スタートした以上やめるのは俺の流儀じゃねえ。今は休んでから、来年も出るかどうか考えるぜ。」



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログ、ティレノでやっと2勝目

2018.03.14.01:56

どうやら今度の土曜のミラノ〜サンレモ、キッテルは初出場するようです。無論アシストとしてのようですが。それよりデーゲの気管支はどうなってるんでしょうねぇ。。。

……
なんちゅうチームの働きだ!俺たちの計画は完全に実行されたぜ。俺たちはレースを最初からコントロールしたかったんだ。逃げ集団を行かせて、最後はスプリントを理想的な形で準備したかったんだ。チームメイト達はメチャ強かったぜ。俺は最後に完璧なポジションで発車できた。この勝利はまたまた俺たちにとって大切だぜ。自分の持ち場や準備段階で俺たちが取るべき道が確認できたからな。俺たちの雰囲気は想像通り最高だぜ。このまま先へ進めるぜ。

今は今日のTTのためにトニー【マルティン】に幸運を祈るぜ。奴はもうかなり入れ込んでるぜ。
……

というわけですが、ティレノのTTはローアン・デニスが優勝ですが、マルティンどこへ行ったのでしょう? トップテンどころか20位以内にも入ってないですね。ニュースも見つからない。別に落車したとかではなさそうですが、平地のTTでマルティンがこんなにひどい成績なのは記憶にないなぁ。続報を待ちましょうかね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログから、やっとだぜ

2018.03.09.22:32

ティレノ〜アドリアティコで、カチューシャに移籍後初勝利ですね。パリ〜ニースではニルス・ポリットがあんなことになっちゃったから、まあ、良かったです。



……
ふーっ。やっと心から大きな石が落ちて行った気分だぜ。やっとだ。今年最初の勝利だ。あるジャーナリストが今日、俺が最後に勝ってから8ヶ月たってるって俺に教えてくれたんだ。本当に長かったぜ。そしてもちろんメガハピーだ。この勝利は俺にとってもチームにとっても大切だぜ。このチームで走ったレースではずっと落ち着いてやってきたけど、やっと報われたぜ。チームメイトに感謝だ。みんな今日は素晴らしかったぜ。リック【ツァーベル】はスゲー長いfリードアウトをこなしてくれた。ホントすごかったぜ。ゴール300メートル前までずっと風を受けずに済み、ゴール直前で本気でダッシュするために力の保存ができたぜ。で最後に全力を出せた。一位でゴールラインを駆け抜ける気分は随分久しぶりだぜ。

俺にとっちゃあ初めて尽くしだった。今シーズンの初めての勝利。新しいチームでの初めての勝利。ティレノでの初めての勝利。そして俺にとってはイタリアの地での初めての勝利だったぜ。
……

なるほど、キッテルが勝ったジロはイギリスでのステージでした。随分いろんなレースで勝っているのに、イタリアのレースで初勝利とは驚きですね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルどうした?

2018.02.25.22:16

というわけで、この歳になると、いろいろあってねぇ。。。ちょっとチェックを怠っていたら、もうすでにアブ・ダビ・ツールは本日最終第5ステージ。バルベルデの優勝です、ってか、いくつまで勝つつもりなんだ? それに対して、キッテルは新チームに変わってまだ勝利がありません。

第4ステージはTTだったので、第3ステージまでが勝負だったのに、第1、第2とトップ10にすら入れず、第3ステージは僅差で2位。しかも負けた相手がフィル・バウハウスというサンウェブの若手ドイツ人。どうした?キッテル、と言いたくなります。


去年の同じゴールでは先行するカレブ・ユアンとカヴェンディッシュに対して差し込んで優勝したんですけどね。


無論カチューシャのトレインがうまく機能していないという面はあるでしょう。今回もかなり右側後ろの位置から、思いっきり左側(画面では右側)へ飛び出して左端からスプリントして、ほとんどの選手をごぼう抜き。ゴールした後は一番速かったから 笑)、キッテルのスプリント力としては悪くなかったんでしょうね。

デビューした頃のキッテルは早駆けで、そのままタレずに誰も追いつけない、というものすごい強さを見せていたんですけどね。アナウンサーが「キッテル、キッテル、キッテル。。。」と何度も連呼するシーンが印象的だったんですが、このところあまり早駆けのシーンが見られません。

第三ステージの後のコメントです。

「今日は去年と同じだった、つまりとても激しいレースだったってことだ。残念だけど、今日は自分でも普通だと思えた最初の日だった。前の二日間は自分自身との戦いという面が少しあったかもしれねえ。なぜだかわかんねえが、ひょっとしたら暑さのせいだったのかな。だが、俺は楽観しているぜ。勝利まであと一息だと思えたからな。確かにちょっと向かい風だったし、集団の隙間を見つけるのに苦労した。俺としては千分の一秒、ダッシュが遅れたぜ。今日は初めて調子がいい日だった。うまく行くはずだったんだがな。うまくいかなかったぜ。またやり直しだ。」

次のレースはおそらくパリ〜ニースになるとのこと。確かに勝ててはいないけど、スプリントの力は相変わらず突出しているように見えますね。いつか勝てるでしょうけどね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ドバイ・ツール終了後のキッテル

2018.02.12.11:20

まだ新たなカチューシャのマイヨでの初勝利をあげられないキッテルです。カチューシャのスプリントトレインはニルス・ポリット、リック・ツァベル、マルコ・ハラーとみんなドイツ語で、意思の疎通は完璧と思われそうですがねぇ。

ドバイの最終日、なんでキッテルのカタパルト役だったマルコ・ハラーやリック・ツァーベルがキッテルより上位に入ったんだろうと思ってたら、キッテルに気づかなかったようです。すべての原因はその前のコーナーでのブーアンニの落車だったようで、この落車でカヴもフルーネヴェーヘンもデーゲンコルプも止まっちゃったようですね。なので、カタパルト役の二人もキッテルも止まったと思って、自分たちだけでスプリントに参加したということのようです。 rsn に署名記事でキッテルのインタビュー混じりの記事が載っていましたので、軽くご紹介します。

キッテルの話。「もちろん俺たちはがっかりしてるよ。マルコ【ハラー】の2位はすごいことだけど、俺たちは優勝したかったんだからな。【ブーアンニの】落車のあと大混乱になった。マルコとリック【ツァベル】は、俺もストップしたと思ったんだ。そこでチームのために少しでもいい結果を残そうとした。

俺たちはやらかしたミスから学んで、チームとしてさらに成長しなくちゃならねえ。話し合うことはいくつもある。でもな、この何日かでチームは一層強くなったと思うぜ。」

というわけで、第1ステージはメカトラで、絶好のポジションだったのをフイにし、第2ステージは最後の何キロかでカタパルトのハラーから離れてしまい、第3ステージもいいところにいながら、ちょっとスプリントに入るタイミングが遅れて届かず、第4ステージは最後のハッタダムへの登りの前に遅れ、最終ステージも結局カタパルト役を利用できず、結構良い位置にいたと思うんですが失速。

特に最終ステージの、スプリントに入った瞬間に足を止めて腰を下ろしてしまったシーンはまたトラブルかと思ったんですが、そこまでの前段階でハラーとツァベルを追いかけて足を使いすぎ、力が尽きてしまったということなんでしょうかね?

次は21日からのアブダビ・ツールだそうですが、そこでも勝利をあげられなかったりすると、結構大変なことになりそう。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログ、フルーム事件

2017.12.22.22:16

トニー・マルティンの意見表明に続いて、キッテルも書いています。マルティンのように激オコではありませんが、ちょっとイラつき気味かな? 笑)

フルームの事件についてはあちこちに出てますが、一応代表的なところとして、シクロワイアードの記事にリンクしておきます。

ブエルタで採取されたフルームの尿検体から基準値超のサルブタモール検出

……
クリス・フルームの疑惑のサンプルのニュースを聞いて、まず最初は俺も強いショックを受けたことは認めなくちゃならねえ。これを読んでいるみんなにとっても俺やトニーと同じような気持ちだったことだろうな。それも、どこかの誰かじゃなくて、ツールに4勝している、俺たちのスポーツの表看板が問題になっているわけだからな。大スキャンダルだぜ。俺たちみんなが距離を置きたいと思っているあの時代を思い出させられたぜ。さらに複雑なのが、ドーピングのサンプル陽性に直結するものじゃないってことだ。つまり、喘息持ちの選手が競技に参加することを可能にしてくれる薬だってことだ。

この意味で、俺としてはクリスが納得いくように早く説明してくれることを願っているぜ。弁明の権利はこのハッキリしたケースでも彼に許されていると思う。だけど、一つだけハッキリしている。曖昧のままにしておけば自転車競技にとってどんどん悪くなるってことだ。
……

一概にドーピングっていうけど、じゃあドーピングがなぜいけないのか、というと、僕はやっぱり未だにきちんと説明できないような気がしてしょうがないんですよ。健康と倫理の二面なんだろうけど。これについては以前3回にわたって、いろいろ書き連ねたので、リンクだけ貼っておきます。ただ、読んでもらえばわかると思うけど、僕はドーピングに絶対反対ですよ。

ドーピングはなぜ駄目なのか?(長文注意)
ドーピングはなぜ駄目なのか?(その2)
ドーピングはなぜ駄目なのか?(その3)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテル、今年の総括

2017.12.17.13:04

IMG_4942_convert_20171104231947.jpg

14勝はチームメイトのフェルナンド・ガビリアとともに、今シーズン最多勝らしいです。しかし、こうしてみると、メルクスは年間50勝なんて年が複数回ありますからねぇ。まあ出場したレースの数も違うんでしょうけど。

で、キッテルですが、春先から良かったですね。ドバイ(ステージ3勝+総合)、アブダビ、デ・パンヌと1ステージずつ勝った後、スヘルデプレイスで記録となる5勝目をあげて、さらにツールの前哨戦となるカリフォルニアとステルZLMツールでも勝利。そしてツールで5ステージ優勝でした。

サガンが物議をかもす失格になったことから、スプリント賞も初受賞できるんじゃないかと思ったんですが、落車リタイアは残念でしたね。シャンゼリゼもあのまま順当に行けば勝てただろうにね。

「俺は大満足だぜ。素晴らしい大成功のシーズンだった。特にツールの5勝は誇りに思うぜ。ただ、ツールの後は、ツールでの落車とそのあとの風邪をひいたことで、パッとしなかったけどな。ハンブルクのサイクラシックスには出たかったし、最後のミュンスターラント・ジロ(4位)でも勝ちたかったけどな。勝ってクイック・ステップとのお別れにしたかったぜ。

俺としてはスプリンターとしての道をさらに追求したいんだ。クイックステップではこの先、それがちょっと難しくなりそうだった。ただ、俺はこのチームで、自信喪失していた時期を乗り越えることができたんだ。そのことをこのチームにとっても感謝している。

来年の目標は今年と同じだろうな。スプリントで勝つってことだ。2018年がどうなるか楽しみだぜ。2017年のレースを見れば、すごいスプリンターはたくさんいるってことがわかるぜ。俺は俺のやるべきことをやって、カチューシャ・アルペツィンのために良いスタートを目指すぜ。

それから、チーム構成からクラシックにも参加するかもしれないぜ。だけど、例えばパリ〜ルーベに出場するかどうかで、チームの目的が変わるわけじゃあないぜ。みんなで一つの目標を目指して、エースのために働くわけだからな。無論エースはトニー・マルティンかニールス・ポリットのどっちかになるはずだぜ。」

今シーズンはツールの後は12レースにしか出場せず、順位もトップテンが2回だけでした。そして6歳若いガビリアがジロでステージ4勝して、来年はツールデビュー間違いなしとなると、チーム内でのキッテルの位置は微妙なところでしたから、移籍はまあ、しょうがないでしょうね。ただ、ツールではガビリアと相まみえることになり、これはこれで楽しみではあります。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログ、ツール2018コース発表

2017.10.19.20:44

キッテル、埼玉に来ますね。その前に今度の土日は宇都宮ですが、日曜日は投票日なので、古賀志林道へ行かれる方は是非期日前投票をしてから行くのがよろしいかと。まあ、人の勝手ですけどね。ちなみに私はすでに期日前投票に行ってきましたが、残念、今年は古賀志林道へは行けません。でもサイタマは行くぞ!

……
2018年のツール・ド・フランスが平坦ステージで始まるのは、無論、嬉しいぜ。スプリントのスペクタクルを期待しているぜ。初日はみんな元気だし、特にモチベーションも高いし、なんてったってマイヨ・ジョーぬがかかってるし、俺だってそれを着たいぜ。全部で8つの平地ステージで、また大成功のツールになる可能性があるぜ。こんな予想とともに、スプリンターとしては大いに期待しながら準備するぜ。
……

というわけで、鬼が笑うかもしれませんね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログから、ミュンスターラント・ジロ

2017.10.06.00:00

キッテル、今年もサイタマクリテにくるという宣言ですかね?

……
なんちゅうフォトフィニッシュだ。ライン上に4人が並んだぜ。こんなの初めてだ。残念ながら、俺は1秒の何分の一か、後ろからダッシュするのが遅すぎたぜ。ゴールして1メートル後では俺が他の奴らより明らかに前に出てたからな。いずれにせよ、俺はアンドレ・グライペルの後塵を拝して4位に終わった。最初は俺はグライペルとどっちかが勝ったと思ったんだけどな。結局サム・ベネットがフィル・バウハウスを破って優勝だった。しょうがねえ。スプリンターの人生は大変だぜ。だけど何れにしても、ゆっくりとだけど、俺は再び自分のいつものレベルになっているぜ。調子が良い状態で最初の短い休みに入れるのは、とても気分が落ち着くぜ。だって、俺はまだシャンハイと日本でクリテリウムに出場することになってるからな。
……
171003_muenster.jpg
このメンツで優勝できたサム・ベネットはさぞかし嬉しいでしょうね。ちなみに5位はフルーネヴェーヘン、7位にクリストフが入って、カヴは28位に沈みました。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログ、新しい始まり

2017.08.19.10:57

ランダがやっぱり、というのはまあ良いにして、キッテルがカチューシャへ移籍というニュースはちょっとびっくりしました。せっかく青いキッテルに慣れてきたところだったのに、今度は赤いキッテルになるわけで、来シーズンの始まりはなかなか慣れないでしょうね。

……
今のチームクイックステップフロールスで二年過ごした後、俺はこのチームを去って2018年からカチューシャ・アルペツィンで走る事にしたぜ。

クイックステップで一緒に祝った勝利の全てを、俺はむちゃくちゃ誇らしく思っているぜ。今までのところでは、27勝を挙げているぜ。そこにはツールでのステージ6勝、ジロでの2勝、それに世界戦のチームTTが含まれているんだ。この2年間、素晴らしいサポートを受けたし、このチームで2015年のホラーな年から、再び昔の強さを取り戻すことができたんだぜ。このことに関して、俺は監督のパトリック・ルフェーブルとチームメイトのみんなに感謝したい。このチームの一員だったことは本当に誇りに思うぜ。だけど、俺はチームを変える決断をした。

その理由は、主に2015年の俺の体験によるものだ。この時のとんでもなくがっかりな年の後、俺は自分のために、多くの物事を変える決断をしたんだ。俺は今冬場はスペインのジローナでトレーニングしてて、連れ合いのテスと、俺の個人的な幸福をボーデン湖半に見つけたんだ。いろんな期限に縛られず、俺のやってるスポーツと俺の目的のためにもっと妥協せずにやっていきたいと決心したんだ。だからこそ、当時俺はチームを変えた。そして、今もまた同じ理由でそうすることにした。俺は今後のツールスタートについて、そしてまた俺のスプリンターとしての役割について、議論になるんじゃ嫌なんだ。チームの上層部はそれを確約はしてくれないし、それは俺だって理解している。ジロでフェルナンド・ガビリアがステージ4勝を挙げたんだから、もちろん奴だってツールで走ってみたいだろう。それを俺は尊重するし、一緒に素晴らしい時を過ごせたことを思い出せば嬉しいし、嫌な気分でチームを離れるわけじゃないのもいいことだぜ。

こうして次の2年間を迎えるんだ。俺としちゃあ、新チームが楽しみだぜ、何よりも、トニー【マルティン】や他にも何人かドイツ人選手と一緒にやれるのが嬉しいぜ。クイックステップへ移籍する時もそうだったように、トニーには先に行ってもらって、「赤い」マイヨで走るのがどんな気分かチェックしておいてもらったぜ 笑) カチューシャ・アルペツィンは大きく変わった。俺にとっても他の仲間にとってもすげえ環境を整えてくれているんだ。新たな挑戦が楽しみだぜ、特にスプリントのためにほとんどドイツ人ばかりだってのがすげえ! ツール・ド・フランスをしっかり見てたなら、ニルス・ポリット、リック・ツァーベル、マルコ・ハラーがスプリントになると素晴らしいリードアウトを見せていたのを見たはずだぜ。すげえチャンスだし、俺もやる気が出るぜ。

しかしまずは2017年をうまく終えたいぜ。もう暫くは、2年間一緒にやった今のチームメイトと頑張って、秋にはあと一つ二つ勝利をあげられれば理想的だぜ。
……

キッテルとマルティンは特に仲が良いようなので、クイックステップにキッテルが移籍してきた時は二人とも喜んでいたんですが、またまた一緒になったわけで、ただ、仲が良いからうまく機能するかどうかはわからないですね。

で、結局キッテルが移籍する理由は、なんだかんだ言っても、やっぱり若いガビリアがスプリンターとして伸びてきてて、チームとしても二人の使い分けに困るというのを察したキッテルがチームを出たということですかね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログ、ビンクバンクツール

2017.08.11.12:51

今年も恒例の千葉最南端への家族旅行。恩人の実家をお借りしてコンドミニアム状態で使わせていただいて、2キロほど離れた塩浦海水浴場で海水浴三昧。海の家の親父さんともすっかり顔なじみ。

今年は台風のせいで1日は海に入りませんでしたが、この塩浦海水浴場というのは沖にテトラポットの堤防があって、大きな波が入江の中に直接打ち寄せることがないので、滅多に遊泳禁止になることはありません。海に入らなかった日も、遊泳禁止ではなく注意で、10家族程度は海水浴をしてましたが、何しろ風が強くで砂が飛ぶので。。。

昨夜、事故渋滞を避けるためにナビ頼りであちこち遠回りした結果、結局、避けるべき事故渋滞地点に突っ込むという体たらくで、ヘロヘロになって帰宅しました。

というわけで、その間に、ビンクバンクツールという全く知らないステージレース、サガンがスプリントで2勝を挙げてツール後の強さを誇示していますが、キッテルも出てたんですねぇ。

……
足は調子がいいし、フォームも決まってるぜ、だけど、この高レベルのスプリントで完全にリスクをかけて勝負するためには、メンタルで俺の調子が戻るまではもう少し時間が必要だ。肉体的にも精神的にも緊張したツールとその長い準備の後では、こういうことはよくあることだぜ。同じプログラムできた他の連中も似たようなもんだ。これがビンクバンクツールのスプリントでぱっとしねえ理由の一つだぜ。特に最初のステージでは俺たちはバラバラになっちまったからな。しかし、まだ幾つかのステージで俺が参加できそうなのがあるぜ。

ところで俺のツールでのグリーンジャージのオークションに参加してくれた人たちには本当に感謝してるぜ。主催したPSP社は信じられねえ4900ユーロという落札価格に大喜びしてるぜ。俺もびっくりだ。みんなに感謝するぜ。マルセル。
……

オークションの4900ユーロは日本円だと60万を超えますかね。でも、ある意味そんな程度なのかぁ。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログ、リタイア

2017.07.20.10:41

というわけで、マシューズの頑張りのおかげでシャンゼリゼが楽しみになっていたんですが、しかし、逆に考えれば、シャンゼリゼはスプリンターにも逃げ屋にもチャンスが広がったと言えるかもしれません。デーゲンコルプがここで勝てるといいんだけどねぇ。ちょっとくたびれてるからなぁ。ここまで音無しのグライペルはどうでしょう? あっと驚く逃げが成功なんてことは??

……
今はもう終わったぜ。今年は残念だけどパリには行けねえ。今日の落車でKOを食らっちまった。クロワ・ド・フェール峠の5キロ手前で、アシスト役の二人に合図して、もう走れねえ、峠で自転車から降りるぜと言ったんだ。そうしなきゃ、二人もタイムリミット内での完走が危なかったからな。残念だけど、緑のマイヨを獲得して、パリでスプリントで勝利するっていう夢はこれでオジャンだ。だけどお尻と肩の傷が、レースを続けられないほど痛いんだ。ここ数日は胃の調子も悪く、風邪気味で、シャンゼリゼへたどり着くことだけ考えていたところにこれだからな。だけど、5勝したのは残るぜ。

俺の素晴らしいチームに感謝だ。俺たちはツールでロックンロールしたんだぜ。今俺が実感しているのは、まさにこのことだぜ。勝利と沿道のすげえ雰囲気、もう言葉にできねえ瞬間だった。チームとして達成したことにも、俺自身が個人的に実現できたことにも、誇らしい気持ちでいっぱいだ。俺のチーム、残っているみんなに、あと少しの距離でいいことが起きることを祈っているぜ。

ファンのみんなにも大感謝だ。絶対忘れられないお祭りだった。じゃあな。
……



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログ、緑で走る

2017.07.17.13:25

というわけで、山岳コースに入ったら、もうほとんど話題にも登りません 笑) しかし、毎回グルペットでゴールできているのは素晴らしいですね。

……
やっと休息日だぜ! 今回のツールで5勝した後、俺たちスプリンターにとっては、今日の休息日まで、ハードな毎日をこなさなけりゃならなかったんだ。俺としては中間スプリントでできるだけポイントを稼ぐことに集中してやってきた。そこそこうまくいったぜ。その上、俺のプロになってからのキャリアで初めて逃げグループにも入ってみたぜ。ポイントを少しでも稼ぎたかったからだけどな。だけど、それも山岳ステージでだぜ。

俺の背後からマシューズが迫ってきやがる。しかもあいつ山もそこそこ登れちまうし、ステージ優勝もするし、幾つかの中間スプリントでは取ったり取られたりだ。だけど、俺だって調子はいいからな。このリードを守り、上乗せするために頑張るぜ。ともかく、今は俺たちみんなホッとできるぜ。火曜になったらまた始まりだ。多分またスプリントになるんじゃねえかな。
……

中間スプリントでは明らかに力をセーブしてますね。ひょっとしてキッテルって1日1回しか全力が出せないんじゃないんでしょうか 笑)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログ、半分終わって4勝だ

2017.07.12.21:51

今日もすでに始まってます。さてさて、スプリントステージになるのでしょうかね?

……
もう4つも勝ったなんて、本当に信じられないぜ。1775キロ走ってきたわけで、俺たちは2017年のツールの半分を過ぎたわけだ。うまくいってるぜ。最後は本当にまたうまい具合にパンチ力があったぜ。俺はかなり後ろから行ったんだけど、早めにスプリントを開始したマクレイをうまく利用できたぜ。俺のためのリードアウトみたいだった。俺をアシストしてくれたチームに感謝だ。チームの雰囲気はご察しの通りすごいぜ。また少しだけ乾杯だぜ。おっと、俺たちはスポーツもやらなくちゃな。

それと同時に、今日俺はツールでのステージ勝利数のドイツレコードを打ち立てたぜ。これはちょっとすごいぜ。これまでの記録を持ってたエリック・ツァーベルが、今日俺に連絡してきて祝福してくれたぜ。俺としちゃあ結果にびっくりだ。プロになった時にはこんなの想像してなかったぜ。当時の俺が望んでいたのは、自転車競技をやってる普通の若者と同様に、ツールに出たい、一つでいいからステージ優勝したい、ってことだった。本当に信じられないぜ。

明日もまたスプリントになるかもしれねえ。ポーへ向かうステージだ。だけどコースは風が影響しそうだ。どうなるか、見ててくれ。

じゃあまたな。ファンのみんなには感謝しているぜ。みんなのおかげで俺のモチベーションも高まるってもんだぜ。
……

エリック・ツァーベルはキッテルを称して新たなチポッリーニだと言ってます。ただ強いだけでなくチャーミングだということのようですが、イタリア人のチポッリーニのような派手さはないですね。良くも悪くもやっぱりドイツ人、真面目なんでしょうかね。ゴールラインで後ろ振り向いたりしないしね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ツール第10ステージ、やっぱりキッテル

2017.07.12.00:44

いやあ、自然やお城がいっぱいのいい環境ビデオでした。ラスコーのあるところですね。去年の冬に展覧会で見てきたばかりでした。

ちょっと図抜けてますね。4勝目かぁ、デーゲンコルプに一つぐらいやれよ! ってわけにはいきませんね。カヴがいたらとか、サガンがいればとか、言うのは簡単ですが、カヴも病み上がりだったし、サガンが逃げてレース展開が変わる可能性はあったかもしれないけど、まともにスプリントになったら、どちらもとてもかないそうにありません。

グライペルも途中スプリントは取ったけど、一時の力はもう無さそうです。しかし、ロットは残り5キロぐらいからあれだけ先頭で形を作っていたのに、どこ行っちゃったんだ? グライペル? あと少し期待していたフルーネヴェーヘンも、思ったよりパッとしません。

このところトップテンによく入るボーラのスプリンターのゼーリヒ(5位)なんかも、上からの画面で見ると、キッテルとはまるでスピードが違います。デーゲンコルプが一瞬キッテルのスピードと同じぐらいかと思ったけど、キッテルが先頭に出てからの加速はさらに一段上という感じでしたね。

この前書いたけど、こうなりゃ、いっそマルテンスとメルクス、それにペリシエの弟が持っている記録のステージ8勝に並んで欲しいところです。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログ、喪章をつけてスタート

2017.07.09.19:18

昨日の前哨戦はマイカもブーフマンもまあまあでしたかね。先頭集団でゴールインです。目下総合でマイカが10位、ブーフマンが14位。マイカのトップ5とブーフマンのトップ10が目標ですかね。しかし、ブーフマンの次に総合上位のドイツ人は誰だろう、と探したら、83位、すでに30分以上遅れているニキアス・アルントが次点です。ドイツ人16人出てるんですけどね 苦笑)

というわけで、キッテルはもちろんグルペットでゴールインでしたね。

……
今日偉大な自転車競技のトレーナーで指導者にして友人だった人が亡くなったんだ。だから今日は喪章をつけてスタートした。ヨッヘン・ヴィルヘルムはエアフルトでスプリントトレーナーとしてをオリンピックや国内選、世界選、ヨーロッパ選手権のトラック競技で多くの選手を勝利へ導いた。加えて俺のマネージャーの父でもあった。亡くなったというニュースはスタート前に届いて、俺は非常に動揺した。冥福を祈るよ。ヨッヘン。

今日のステージについて今何かいうのは難しいぜ。だから簡単に書いておくことにしよう。今日はハードだったぜ。みんなそうだっただろう。しかし何とかうまくクリアしたぜ。中間スプリントではマイヨ・ベールのための大切なポイントも稼げた。明日も非常にハードな山岳ステージが俺たちを待っている。でもそのあとはやっと休息日だぜ。
……



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログ、6ミリ差

2017.07.08.12:36

すごい時代になったものです 笑) 昔だったら同着でしょうね。少し前にも世界選手権のU23で3位が同着で2人だったことがあるけど、昨日のなんかも同着でも良いんじゃないのかなぁ 苦笑)

ドイツ語ではゴールでの自転車の投げ合いのことを「虎の跳躍」(Tigersprung ティーガーシュプルング)と言います。横から見た形が頭を丸めて背中が湾曲するから虎のジャンプみたいに見えるということなんでしょうね。ちょっと格好良くありません??

……
ゴールにはちょっとびっくりさせられたぜ。思っていたよりもすぐにゴールだったんだ。全力を振り絞らなきゃならなかった。そして思ったぜ、俺は昔より腕が長くなってるんだ、ってな。投げ合いでいつも以上に腕が伸びたぜ。まあ、そんな気がしたってことだけどな。

7日間で3勝。信じられないぜ。まだ実感がねえ。チームに感謝だ。今日は高速の激しいフィナーレの中でも当初の計画通りにできたぜ。まあ、ゴールラインが早すぎたのは計画外だったが 笑)

勝利とともに、もちろん緑のマイヨを再び切れるのが嬉しいぜ。ツールでこうしたマイヨを切るのは特別なことだからな。

しかし、本当のことを言えば、ゴールした後、結果を待つ間はかなりドキドキしてたぜ。俺も経験がないほど際どかったからな。確かに気持ちでは勝ったかな、と思ったけど、勝ったのが自分かどうかは願うしかねえ。俺は自転車から降りずにハンドルに突っ伏して、腕で頭を抱えて、ポジティブに考えることで結果も良くなると信じた。最後に俺の名前が呼ばれ、6ミリ差だったと言われた。本当に幸せだぜ。
……

しかし昨日のゴール直後にも書いたけど、ゴール後のカメラはボアソン=ハーゲンのことを見向きもしませんでしたね。カメラマンに6ミリ差がわかったはずはないと思うんだけどね。ボアソン=ハーゲンの表情も見たかったけどなぁ 苦笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キッテルのブログ、2勝目だぜ!

2017.07.07.19:22

というわけで、デビューした頃は早めにスプリントを仕掛けて、そのままタレずにゴールまでもってしまうのが持ち味だったキッテル、今回のツールでは、たまたまそういう巡り合わせかもしれませんが、後ろから行きますねぇ。

……
イエーイ! 2017年ツールで二つ目の勝利だ。俺好みのスプリントだったぜ。チームに感謝だ。みんなが俺のために全力を尽くして、激しいフィナーレで俺を前へ連れて行ってくれたぜ。激しいゴールで、他のどのチームにもできないぐらい上手くリードアウトを成功させてくれていると言わざるをえないぜ。俺は自分のやることに専念すればいいだけだぜ。確かに俺は比較的後方からスタートした。ポジションは9番手だった。だけど、残り250メートルで踏み込み全開になり、ごぼう抜きだったぜ。

気分は最高だ。順調に上手くいってるぜ。今日は本当に暑さとの戦いだったけど、楽しかったぜ。ただ、こんな時はエンジンをたっぷりの水と氷で冷やしてやらなくちゃ、動かなくなっちゃうぜ。もう一度、この何日か、沿道で巨大な横断幕を掲げてくれている俺の出身地のチューリンゲンのファンクラブに感謝したいぜ。俺のモチベーションを本当に高めてくれるぜ。明日もまたスプリントになるといいけどな。
……

うーん、昨日のスプリントを見る限り、まともに集団スプリントになったら、キッテルに誰も太刀打ちできそうにありませんね。前が詰まってブロックでもされない限り、かなり後ろからでも強そうです。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

マガジン9条

FC2カウンター

Amazon

ブロとも一覧

検索フォーム