2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

デーゲンコルプ、世界戦欠場

2017.09.17.22:53

あ〜あ、今日の午前中に発表されたようです。ブエルタでリタイアの原因になった気管支炎が治りきっていないようですね。世界戦のためのトレーニングレースとして出場したデンマーク一周の最終日、スタートして20キロでリタイアでした。

「健康上の問題からブエルタをリタイアしたけどすぐにまた自転車に乗れるようになって安心していたのに、どうも調子が上がってこなかったんだ。キャプテンとしてレースに臨み、タイトル争いをすることができなくてはいけないのに、ダメだった。

本当に残念だし悲しいよ。調子をあげようと思っていたのにこんなことになるなんて。ドイツ車連も僕をエースにしてくれて、大きな信頼を寄せてくれたのに。僕にとってとても名誉なことだったのに。しかし、自分に対してだけではなく、ドイツチームのみんなや車連に対しても誠実でなくてはならない。ドイツチームの成功を祈っているよ。幸運を!」

これにより、ヨハネス・フレーリンガーが出場ですが、他はニキアス・アルント、マルクス・ブルクハルト、トニー・マルティン、ニルス・ポリット、ヤッシャ・ジュッタリン、ジモン・ケシュケ、パウル・マルテンス、リック・ツァーベルとなります。うーん、誰がエース?? マジでゲシュケとかマルテンスになるのかなぁ。

スプリントならアルントだろうけど、最後まで残れそうな気がしないし、アルントが残るようなスプリントじゃあ他にも大物スプリンターがたくさん残りそう。 

そもそもが、スプリント列車のメンバーや強いアシストばかり揃ったって感じです 笑) 運よく先頭集団にゲシュケとかマルテンスが紛れて最後まで行き、なだれ込みでベスト10に入る、これが最良のシナリオのような気がしてきました 笑)

あるいは、まさかのトニー・マルティンの大逃げ。まあ、目立つことはできるだろうけど、仮にも世界戦だからねぇ。小さなステージレースのワンステージなら逃げ切ることもあるかもしれないけどねぇ。

結論 : 序盤でポリットあたりが逃げて捨て駒になり、中盤でフレーリンガーやブルクハルトが集団コントロールに精出し、ジュッタリンやツァーベルが先頭集団にゲシュケとマルテンスを送り込んで、なだれ込みであわよくば。。。 苦笑)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

デーゲンコルプは世界戦に間に合うのか?

2017.09.15.17:45

いよいよ土曜日からノルウェーのベルゲンで世界選手権が始まります。ドイツチームの期待はTTのマルティンとロードレースのデーゲンコルプということになりますが、デーゲンコルプの調子がどうなのかよくわからないですねぇ。

出場中のデンマーク一周ではトレックチームは調子よく、若手のマッツ・ペデルセンが第3ステージで優勝してリーダージャージ獲得しましたが、そのお膳立てのアシストをしたのはスタウフェンでした。まあ、山岳コースだったようですが、デーゲはグルペットゴール。間に合うのかなぁ。一応チームコーチのアンドレアス・クリーアは「デーゲはここまでとても良いトレーニングができた。モチベーションも高まっている。メダル争いで大きな役割を演じることになると信じている」と言ってますが、何しろ、今シーズンはまだ1勝しかしてませんからねぇ。怪我する前のスプリント力には戻れてないような気がしてならないです。

U23はサンウェブでブエルタに出場したレンナルト・ケムナがエースです。ケムナはジュニアで個人TTの世界チャンピオンになり、翌年19歳で出たU23のTTでも銅メダル。ブエルタのTTでも一時トップで、最終的には8位でしたが、今回はロードレースに出場です。ただ、ブエルタは最後に来て膝が痛くてリタイアしたんですよね。よくなったんでしょうか。ならなければ出てこないか。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプ、今日復帰

2017.09.02.11:22

ブエルタの方はフルームがこけて、え?と思ったら、翌日はゴールスプリントに参加してダメージゼロを派手にアピールしてましたね。

しかし、デーゲンコルプが離脱した現在、スプリントでトレンティンに対抗できる選手が一人もいないですねぇ。で、気管支炎でブエルタをリタイアしたデーゲンコルプはすっかり回復して、今日のブリュッセル・クラシックでレース復帰です。その後もフランスのワンデーGPフルミエに出場予定とありますが、世界戦の準備としては、ブエルタよりも量的に低いだろうから、どうなんでしょうね?

昔、87年のトリプルクラウンになったロッシュはツールの後ほとんどトレーニングをせず、世界戦ではケリーのアシストをするつもりだったら、休んだせいで体力回復して優勝しちゃったということがありましたが。

ところで、今日のブリュッセル、キッテルもグライペルも出てきます。他にもドイツの若手スプリンターのフィル・バウハウスやマックス・ヴァルシャイトも参加。ドイツのトップスプリンター勢ぞろいですね。うーん、デーゲ以外にももう一人ぐらいブエルタに回ればよかったのに。

ドイツのスプリンター以外でも、ボーラのサム・ベネットや、フランスからはデマール、コカール、ブーアンニが出てきますね。ある意味ブエルタより質量ともにレベルが高いスプリンターたちが勢ぞろいです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプ、リタイア

2017.08.24.10:43

山梨の方では市長が職員採用で不正関与の疑いで逮捕され、芋づる式に校長やら住職やら、本来人格者であるべき人たちが捕まっている。でも、これってちょっと考えてみれば、当たり前だよね。今の世の中の風潮をよく表す事件だって言えるよ。今のこの国の空気が、自分の周りの人間だけでうまいシルを吸いたいっていう空気だもの。

そもそもが、国のトップが同じようなことをやってて、それでもお咎めなしなんだから、それじゃあ、俺たちだって、って思う小権力者たちが出てくるのって、当たり前のことだ。タイは頭から腐るんだよね。

というわけで、ブエルタの話題。デーゲンコルプは気管支炎でリタイアです。

デーゲンコルプの話。「僕はまだグランツールの途中リタイアはしたことがなかったから、ブエルタをリタイアしなければならないのは、本当にがっかりだ。僕は調子も良く、ここには二つの目標を持って乗り込んできたんだ。ステージで勝つこととアルベルト【コンタドール】をアシストすることだ。彼の最後のレースで素晴らしい結果を出せることを願っていたのに。

僕は二日前から体調が悪かった。そして、今、もうやめなければならなくなった。なんとか頑張って耐えて、体調が戻ることを願っていたんだよ。だって足の方は調子がいいんだもの。だけど普通に呼吸できないんだ、もうこれ以上は不可能だよ。

フラストレーションは溜まってるよ。今シーズンはドバイで1勝した後、クラシックでは何度かトップ10に入ったけど、その後は思うように走れていない。だけど健康が一番だし、シーズンはまだ終わったわけじゃないから、リスクは冒せない。今は家に戻って、この後のシーズンのことに集中するよ。」

デーゲは9/24の世界選でドイツチームのエースとなることが決まっています。まあ現時点での気管支炎だから出場は問題ないでしょうけど、その準備として乗り込んできたブエルタをこんなに早々とやめてしまうのはちょっと痛いですね。レースカレンダー的にも、世界戦準備として追い込めるようなレースがあまり残ってませんからねぇ。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲ、ゴール前で失速

2017.07.24.20:14

やれやれ、あんな夜中に見てられんわ、ということで先ほど仕事から帰ってから(自転車のニュースは見ずに)、残り15キロぐらいから見ました。グライペルの連覇か!と一瞬思ったんですが、デュラン・フルーネヴェーヘンが長い距離を良くもちましたね。栗村さん?がこのところクリストフがキーパーソンで、彼を追い抜いた選手が優勝しているというのは面白いポイントでした。

ラスト、トンネルを抜けたあたりではトレックの白いマイヨと赤いヘルメットがチラチラ見えていたので、これはデーゲンコルプもあるかもしれない、とワクワクしたんですが、最終の右カーブ直前でちぎれて行ったので、やっぱり疲れがたまってるのかなぁと思ったら、メカトラだったようです。だけど、デーゲンコルプだけではなく、発射台のクーン・デ・コルトもゴール前3キロで同じくメカトラで脱落していたようです。

うーん、今回は運がなかったですね。トレックとしてもコンタドールで山を、デーゲで平地を狙わせようと思ったんだろうけど、どちらもちょっと上手くいきませんでした。

「何を言ったらいいのかわからないよ。ただフラストレーションが溜まってるし、がっかりだよ。さっさと忘れてしまわなくちゃ。今シーズンはまだ幾つかのレースで勝ってみせる、と予告しておくよ。」

どうもツールとは相性が悪いですねぇ。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

14ステージ後のデーゲ

2017.07.16.11:39

ちょっと話が古くなりましたが、第11ステージでキッテルが勝ちました。このゴール地点はポーという町。この町ゴールのツールの因縁話で、rsn は盛り上がっていました。

20年前の1997年、この町ゴールのステージで優勝したのがエリック・ツァーベル。今回キッテルが追い抜くまで、ツールのステージ12勝はドイツ人選手でナンバーワンでした。

さらにその20年前の1977年、この町ゴールのステージで優勝したのはディートリヒ・トゥーラォ。この年ツールでステージ5勝で、この数字はドイツ人ナンバーワンだったんですが、キッテルに並ばれてしまいました。

というわけで、14ステージはマシューズ。サン・ウェブはゴール10キロぐらい前でしょうか?カチューシャのトニー・マルティンが逃げようとした時にはゲシュケが必死に追ったし、ニキアス・アルントは逃げ潰しに入ったし、終わってみればマシューズの勝利はチームとしては勝つべくして勝ったと言えるかもしれません。

しかし、あんなグチャグチャなゴールでタイム差がついて、再びフルームがトップに立つとは思いませんでしたね。バルデもフルームから4秒遅れちゃいました。バルデとしてはTT前にフルームからマイヨ・ジョーヌを奪っておきたいところです。

一方マシューズのライバルと言えるデーゲンコルプの方は大怪我以来、どうもあまりパッとしません。ミラノとルーベを勝ってクラシックレーサーとしてトップに君臨する選手になったと思ったらあの大怪我ですから、やっぱり痛かったなぁ。昨日のコースなんか、デーゲ向きだと密かに期待していたんですがねぇ。実際、ゴール前500メートルぐらいでは前から10番以内でいいところにいたんですけどね。ファン・アフェルマートについていけませんでした。 まだ本調子とは言えない感じです。

「今日はあの狂ったみたいなスピードについて行く足がなかった。決定的なところで、僕は何度も死んだよ。調子も今ひとつだった。これまでのところは僕にとっては辛いツールだね。あの落車【カヴに乗り上げた落車】の影響はあるし、もちろん、コンタドールのためにボトル運びをしなくちゃならないし、少しずつ力が削がれている感じだね。

明日はスーパーハードだ。どんな計画にするかはこれからだ。でもアルベルトにとってはいいステージだよ。だけど、逃げれば、それもチャンスがありそうだ。でも、今は次の休息日がぼくにとって良いものになることを願っている【前回の休息日の翌日はキッテルに次いで2位になっている】。」



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スイスのデーゲンコルプ

2017.06.16.23:25

気をとりなおしてデーゲンコルプのインタビューが rsn に載っていました。2年前にはミラノ〜サンレモとパリ〜ルーベのダブルを成し遂げたのに、去年は事故のせいでパッとせず、今年もここまでドバイでの1勝のみ。一昨日の第5ステージはチャンスだったはずなのに、12位に沈んでしまいました。

デーゲンコルプの話です。

「もう本当にフラストレーションが溜まっているよ。素晴らしい働きをしてくれたチームに勝利をもたらせなかったことで、とっても失望している。僕らは集団スプリントになるようにお膳立てをして、やるべきことをしっかりやったんだ。全てをコントロールして、ゴー500メートル前までは全てパーフェクトだったんだ。なのに、運が悪かったのか、決断が悪かったのか。何れにしても最後、後ろにつくべき相手を間違えてたんだ。クイックのトレンティンがアシストを伴って僕の前にいて、突然ブレーキをかけたんだ。僕もブレーキをかけざるをえなかった。危うく落車するところだった。」

ビデオで見る限り、2位になったアルバジーニがトレンティンの発射台と接触して、一瞬トレンティンがブレーキかけ、デーゲもブレーキをかけたら、その間に別の選手に入られて、そのまま後ろに下がっていってしまいましたね。

それに対してサガンの反応はすごかったですね。引くのをやめた選手が下がっていくのを、接触スレスレのところでかわして、その向こう側にいたサン・ウェブのニキアス・アルントのアタックを利用して加速。一気に後ろを引き離しました。サガンらしいアクロバチックなスプリントでしたね。

ボーラとしては現在総合11位にパトリック・コンラートがつけていますね。ドゥフィネのブフマンに引き続きトップテン入りしたいところです。可能なんじゃないかな?



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプのフランクフルト~エシュボルン

2017.05.03.17:32

なんだかバタバタしてしまってアップの時期がずれました 笑) rsn にデーゲのレース後の談話が載っていました。ゴール直後は3位の結果に不満な様子ありありだったんですが、1時間後のプレス会議では満足していると言っています。

「僕は失望なんかしてないよ。(1年前はシーズンオフに大怪我してこのレースが復帰第一線だったのだから)再び表彰台に立てて嬉しい。でもあの大怪我の話はもういいよ。もう復帰して随分経ったんだ。今は再びこうして故郷のレースの表彰台に立ったんだ。一番大切なのはそのことだ。今はもうあの事件について話すつもりはないよ。」

で、このレースについて聞かれると、

「リック【ツァーベル】が先頭でアレックス【クリストフ】が二番目にいて、ヤスペル【スタウフェン(デーゲの発射台)】が三番目だった。僕は6番手につけていて、ヤスペルのすぐ後ろにつけることができれば圧倒的に有利なポジションだった。ところがそうならなかった。ヤスペルのチェーンがブロックしてしまって、もうスピードを上げることができなかったんだ。

僕らの間にいた他の選手たちもそれを見てたけど、そういう一瞬の状況ではすぐに反応なんかできないだろう? だからあっという間に差が開いてしまって、それがゴール400メートル前だからね。もうその差を詰めることなんかできないよね。何れにしてもカチューシャはいいレースをしたし、リックも本当にいいリードアウトをしたね。彼が強かったからこそ2位に入ったんだよ。」



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプのパリ〜ルーベ

2017.04.11.22:45

トレックはベストテンに3人はいったんですね。ヤスペル・スタウフェンが4位、エドヴァルト・テーンスが8位、そしてデーゲが10位。

デーゲもミラノとフランデレンで7位、ルーベで10位と安定しています。ただなぁ。この三つともに決定的な瞬間に遅れを取ってしまったからねぇ。でも本人は満足しているとのこと。

「まずは時間をおいて考えなくちゃね。だけど、、僕はこの結果を満足できるものだと思っている。優勝はできなかったけど、全てのモニュメントでトップテンに入ったんだからね。これは安定性があるってことだし、僕が何年にもわたって築き上げてきた結果だよ。顔を上げて帰れると思うね。僕らのチームは本当にすごいチームだ。この後のシーズンにもこの気持ちを携えて向かっていかなければならない。いや来年以降にもそうだよ。アランベールの後の二つのセクターで僕らはスピードを上げたんだ。これは計画通りだった。そこで僕らはレースを本格的に開始して、集団を小さくしたわけだよ。僕らは満足しなければいけないよ。とても強かった。カルフール・ラルブルまでずっと前にいたからね。クレバーな作戦を立てて、うまくやったよ。僕自身は調子が良いと思ったけど、絶好調とは言えなかったね。こういうレースでは絶好調じゃないとダメだってことだよ。でもチームを誇りに思う。若いエドヴァルト・テーンスが最後まで先頭集団に入られたからね。彼も去年ひどい落車に見舞われたんだ。僕もそうだった。そして彼も僕も再びここに戻ってきたんだ。これだけでもとても大きな自信になるし、モチベーションだって高まるよ。」

と言っていますが、何れにしても、デーゲのクラシックシーズンはこれで終わり。この後、拙ブログとしてはアルデンヌでのゲシュケに注目していくことにしましょう。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプのフランドル

2017.04.03.17:41

拙ブログとしては期待していたんですけどねぇ。ミラノ〜サンレモ7位、ヘント〜ヴェフェルエム5位、フランドル7位。常にトップ10だけど、ちょっと不満でしょうね。どれも逃げに乗って勝てなかったのではなく、逃げに乗れず、最後に帳尻合わせしたみたいな感じがありますからねぇ。。。

デーゲンコルプ自身はクイック・ステップの戦術の素晴らしさに感服ということのようです。ゴール前90キロ以上あるヘラールツベルヘンですでにボーネンがアタックし、14人のグループからジルベールが50キロ以上残っているアウデ・クワレモントで単独アタックと波状攻撃。

「レースがあんなに速く動くとは予想外だった。そう言われてはいたけど、あんなに早く誰かがくなって信じられなかった。」

結局、ジルベールのリードが1分になっても、デーゲンコルプとアシストたちはまだ不安はなかったというのですが、二回目のクワレモントでサガンがペースアップした時にはそれに乗れませんでした。

「サガンとファン・アフェルマートのそばにいたんだよ。だけど、あの瞬間には僕についていくだけの脚がなかったんだ。そこからは苦しかったね。なんとか追いつこうとしたんだけど。僕がこれまで走ってきたフランドルの中で一番きつかった。」

rsn はデーゲンコルプがパリ〜ルーベで優勝した2015年のフランドルも7位だったと言ってますが、来週はどうなる事か。

ところで、もう終わったので書いてもいいと思うのですが、昨日いろいろなところから教えていただいたり、コメントも頂いたりしたライブストリーム、tiz-cycling. 非常にスムーズに動いて、全く問題なく見られました。正直に言って、これなら、どうせ日本語解説のないDAZN、わざわざ契約する必要性は全くないじゃないか、と思いました。ただし、これが法律的に問題がないのかどうか、そこが心配なところではあるのですが。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプ、今年の総括

2016.12.28.12:08

というわけで拙ブログが紹介したい rsn の総括シリーズ、今回はデーゲンコルプです。

何しろ一月のトレーニングで骨折だけでなく、ブレーキや変則に大切な人差し指がちぎれかけるという大怪我を負ったから、春先のミラノ〜サンレモとパリ〜ルーベは連覇どころかスタートすることすらできませんでした。五月あたまの絵シュボルン〜フランクフルトでカムバックしたものの、まずはリタイア。

「でも、あそこでたくさんのファンや友人が沿道で僕を応援してくれて、リタイアしたのを残念がっているのを見ることができた。あれは僕を、再びレースに戻り、もっとハードに走らなくては、という気持ちにさせてくれた。」

その後少しづつ調子を上げていきます。カリフォルニア一周ではステージ5位、クリテリウム・ドゥ・ドゥフィネではステージ8位と着に絡んできて、なんとかツールには間に合いました。でも内容的にはステージ4位が2回だけ。

そして、やっとノルウェーの北極圏レースで今シーズン初勝利を挙げます。このレースではその前に2位が2回あったので、調子は良かったんでしょう。競り勝った相手もクリストフやデマールですから、ほぼ本調子に戻ったと言えるのでしょう。その後のハンブルクのサイクラシックスで2位になり、今シーズン初のワールドツアーレースでの表彰台。

これで世界選にも選ばれ、直前のミュンスターラントジロでは優勝もして、キッテル、グライペルとともにドイツ人スプリンターのうちの誰かがアルカンシェルじゃないかと期待したんですがね。TVでは写ってなかったけど、横風で分断した後、デーゲンコルプは先頭集団に追いついたらしいんですけど、その直後にマシントラブル(パンク?)で遅れたそうです。

「残念だったけど、これが自転車レースってもんだよ。何れにしても僕の復帰に関わってくれたみんな、友人や、特に僕の家族にはいくら感謝してもし足りない。」

来年は5年在籍したジャイアントからトレック・セガフレドへ移籍し、引退したカンチェラーラの後釜に座るようです。

「ファビアンの業績には大きな敬意を感じている。僕自身もパリ〜ルーベとミラノ〜サンレモの二つのモニュメントに勝った者として、来年以降も精進を重ね、もっと他のレースに勝利を重ねていきたい。それだけにファビアンの姿は僕にとって励みになる。プレッシャーはいつでも感じている。それは常にあるよ。そういうもんだよ。そういうプレッシャーとうまく付き合っていかなくちゃね。

まずは春先のレースに焦点を当てたいね。ミラノ〜サンレモとパリ〜ルーベは楽しみにしてるけど、ベルギーのクラシックはどれも楽しみだ。特にツール・ド・フランドル(ロンデ・ファン・フラーンデレン)は勝ててないからね。

それからもちろんツールだ。今年のグラン・デパールはドイツだからね。ステージ優勝したことないし。それとノルウェーの世界選。コースはそれほど悪くなさそうだからね。」

ということですが、個人的にはやっぱりフランドルとルーベの連勝を狙って欲しいですねぇ。ミラノ〜サンレモもツールのステージ優勝もいらないから、この春のクラシック二つと世界選の優勝。これがプロデビュー前からデーゲを応援する拙ブログの願いであります 笑)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプのインタビュー

2016.12.16.22:58

rsn (radsport-news.com)にデーゲンコルプのインタビューが載っていたので、かいつまんでご紹介。

トレック・セガフレドのトレーニングキャンプでスペインにいるわけですが、去年の大事故の現場近くにいることを聞かれてこんなことを答えてます。

「年度が変われは過去のことになるし、もう気にかける必要もないね。終わったことだし、もういいよ。ただ、そうは言っても、事故現場を通って、その場所をよく見てみたいね。それで締めくくりになるし、そうしたら事故についてのインタビューも最後にしたい。それよりも、僕は本当にワクワクしている。【新チームという】新しい刺激で、とてもポジティブな気持ちなんだ。シーズンが始まるのが本当に楽しみだよ。」

トレーニングキャンプではメニューに鬼ごっこやカートレースが組み込まれていたそうです。

「面白かった。カートレースではみんなでレース気分を少しだけ味わったよ。ジャコモ【ニッツォーロ】が優勝したんだ。あいつは体重で僕よりちょっと有利だったからね。2位はアルベルト【コンタドール】だった。」

ニッツォーロは5キロ、コンタは15キロもデーゲより軽いそうです。それ以外にも不思議なプログラムメニューがあったようです。

「僕らはフリーダイビングもやった。呼吸の技術に役立つんだ。呼吸をコントロールして改善させるために家でもできるエクササイズだよ。刺激になったね。」

2015年にミラノ〜サンレモとパリ〜ルーベに優勝したわけですが、ツール・ド・フランドルが抜けているが、と水を向けられると、こんなことを言ってます。

「もちろんこの三つ全てに勝てたは素晴らしいことだよ。ちょうど三大ツールでステージ優勝をしたみたいな感じだよね。これと世界戦のタイトルは、引退するまでになんとか手にしたい目標だね。でも僕の目標はサンレモからルーベまでのレースで絶好調の状態にしておいて、そこで与えられたチャンスをものにしたいっていうことだね。E3【ハレルベケ】とかヘント=ヴェフェルヘムも、なんとかいい成績を上げたいレースだよ。これらはどれもユニークだし、独自の特徴がある。サンレモでローマ街道の雰囲気は強く心に残っている思い出だし、ルーベのヴェロドロームでのあの瞬間も、言葉にできなかったよ。何が一番かって言えないよ。フランドルでの勝利もきっと同じようにものすごいだろうね。勝ちたいよ。」

フランドルは今年5年ぶりにヘラールツベルヘンの壁が復活です。これについても答えてます。

「この壁は自転車レースの歴史的なコースだよね。でも、このレースを左右するものではないと思う。最後に一番強くなくちゃならないんだ。昔なら早めのアタックで勝つこともできたかもしれないけどね。」

まあ、ヘラールツベルヘンの壁でアタックしてワープ走行で優勝したカンチェラーラの時とは違って、今度のコースはアウデ・クワレモンとパテルベルフの周回コースになっているらしいので、早めのアタックは無謀だということのようです。でも、現在のトレーニングキャンプが終わったら、デーゲはベルギーへ飛んでクリスマス前にルーベとフランドルの石畳で、トレックの機材テストを兼ねてトレーニングをするようです。

「今の時点でパヴェヘ行くなんて、頭大丈夫か、って言われちゃうかもしれないけど、チームも変わったし、いいことだと思っている。でもクラシックでは、このチームでは何年もファビアン【カンチェラーラ】が優勝候補で頑張ってきて、プレッシャにも耐えなければならないんだ。それは選手だけでなく関係者みんなそうだったんだ。みんな100%の力を出さなければならない。」

クラシックでは、これまでトレックのみんながカンチェラーラのためにやっていたことを、今度はデーゲのためにやるわけです。他にも、デーゲが「カードが2枚あれば有利だ」というように、ヤスペル・スタウフェンも準エース扱いになるでしょうか。それ以外にもエドヴァルト・トェーンスやグレゴリイ・ラスト、マルケル・イリサール、それにクーン・デ・コルトがクラシックのメンバーになるのではないかとrsnは予想しています。

本当にフランドルに優勝できるといいんですけどね。ドイツ人ではルディ・アルティヒとシュテフェン・ヴェーゼマンしか優勝してないんですよね。ただ、パリ〜ルーベだって第一回のヨーゼフ・フィッシャー以来二人目のドイツ人になったデーゲですから、可能性は大きいような気がしてますが。。。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプのブログ、バタバタの一年終了

2016.11.19.00:27

というわけで、デーゲのブログが更新されてました。11月9日の日付なので、だいぶ経ってしまいましたが 苦笑)

……
精神的に、プロになってこれまで最高に緊張した一年が終わった。落車の後、耐えに耐えて、無論汗もかかなければならなかったが、最後にやっとまた、レースに勝つことができるのを証明できた。無論前年のような勝利の数を上げることはできなかった。しかし、今シーズンはものすごく成長したと思う。自分のキャラクターが試されるハードな試練だったし、この数ヶ月はひどく力を尽くさねばならなかった。何よりも、復帰後にまたレースで戦えることがわかった瞬間の気分は言葉にできない。もう一度この場を借りて、僕のことを信じ、支えてくれた人たちみんなに感謝する。

肉体的に、今年はレースに出られない時期があったから、それほどきつくなかった。まあ、最後に世界戦とアブ・ダビのレースで、砂漠のグランツールみたいな思いをしなければならなかったんだけどね。その後、家族と一緒にドバイで一週間休養を取って、天気の良さを楽しんだ。今週は、まだ自転車は立てかけたままで、ぼちぼち準備をまた始めなくちゃならない。

今年で、これまでのチームとの時代が終わる。この時代に感謝しているし、クラシックで勝てたことや、選手たちやマッサーたちとの素晴らしい時間のことを思い出している。彼らのうちの何人かは親しい友人になれたんだ。おかげで今チームを後にするのが、そう簡単にはいかない。友達たちと別れなければならないんだ。だけど、他方で、僕はチームを変える選択をしたことを喜んでもいる。僕はもう一段上へ進むために決断したんだ。そしてトレック・セガフレドでの時代を楽しみに待っているところだ。

シーズンの準備についてはまた報告する。じゃあまたね。デーゲ。
……

カンチェラーラの後釜という立場ですからね。僕としてはパリ〜ルーベかツール・ド・フランドルに優勝してくれないかと期待しているんですけど、相変わらずギブスが取れない指の状態はどうなんでしょうね?



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプのブログ、ミュンスターラント・ジロ

2016.10.04.22:24

自転車に乗れない日に限って天気がいいっていうのはどういうことじゃ!! このところ、自転車に乗れずにフラストレーション溜まってます。東京は今日とは打って変わって、明日はどうやら天気は悪そう。去年の同時期に比べて600キロほど距離が少ないです。うーん、この分で行くと今年の総距離は2500キロどまりかなぁ。

……
2度の二位の後、今日はとうとう勝てた。今日のミュンスターラント・ジロでの勝利は本当に幸せだよ。チームの働きがすごかったしチームメイトにこの勝利をささげられて嬉しい。彼らのほとんどとは、このマイヨで一緒に走るのは最後なんだ。それだけにこの「さよなら公演」が嬉しいよ。ドイツで勝てるのはいつだって特別な想いだからね。この勝利は誇りに思うよ。

最初はあまり調子が良くない気分だったんだ。そして最終周回もかなり激しかった。雨も降り始めてひどくハードなレースになった。石畳ではたくさん落車があったし、常に前でポジション取りしなければならなかったから、力も随分削がれた。しかし、最終的にはその甲斐があった。スプリントでは、勝つために十分なだけのパワーを発揮できた。すごい気分だよ。

あと1日家で過ごしてから、アムステルダムへ向かい、そこからさらにカタールへ行くことになる。世界戦は楽しみだよ。
……

というわけで、このミュンスターラント・ジロというレース、今年はカヴとキッテルとグライペル、それにこのデーゲが出るというので、盛り上がっていたんですが、カヴが体調不良でドタキャン、キッテルとグライペルが落車でダメだったようです。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプのブログ、世界戦出場決定

2016.09.28.22:36

先日、安倍をヒトラーと重ねることについて、ちょっと思ったことを書いたけど、ますます、本当にそうなんじゃないか、彼は自分をヒトラーであれ、金正恩であれ、独裁者と重ねたがっているのではないか、本当にそんな気がしてきた。ちょっとでもまともな頭を持っていれば、こんなことしないだろう。



さて、ドイツの世界戦メンバーが発表されました。なんだか不思議なメンバーです。グライペルをエースに、キッテルはジョーカー、デーゲンコルプとマルティンと、グライペルのアシストのマルセル・ジーベルク、それに若いニールス・ポリットとヤッシャ・ジュッターリン。ドイツの出場者は六人なんですが、ジーベルクが鎖骨骨折で出場できるか、微妙なので、予備として七人ノミネートしているようです。

……
エネコツアーでいくらかうまくいかなかった後で、でも少しづつだけどうまく走れるようになっている。もちろんもっと良くなりたいけど、今の所自分の調子には満足している。

週末まで、もっと集中してトレーニングして、トレックとの最初のチームミーティングに出かけ、それからドイツで最後のレースのミュンスターへ行く。このレースに参加できるのは楽しみだ。故郷でレースができるのはいつだって素晴らしいことだからね。

でもそれ以上に楽しみなのは、世界戦に参加できるっていうことだ。今日、参加選手がようやく公表された。ミュンスターのレースの後、すぐに旅立つ。僕はチームTTにも出るから早めにカタールへ行くんだ。

ロードレースもかなりワクワクしている。ここではアンドレ・グライペルとマルセル・キッテルと僕で本格的なスプリンターチームを結成だ。またここに書くよ。じゃあまた。デーゲ。
……

個人TTはマルティンとポリットとジュッターリンの三人が出場のようです。ポリットは結構上位へ行けるんじゃないかと期待してます。ジュッターリンはエネコの最終ステージで逃げに乗って、最後の最後に登りでちぎれちゃいましたけど、目立っていました。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプのブログ、一勝目

2016.08.16.16:07

というわけで、デーゲンコルプのブログも更新されてました。

……
昨日はついに、春先の事故後再び熱くなれた日だった。今年最初の勝利だ。ノルウェーの北極圏レースの最終ステージで、アレクサンダー・クリストフとアルノー・デマールとのスプリントで勝てたんだ。このノルウェーではすでに二回、惜しいところで2位になっていたからね。

本当に嬉しいよ。レースに勝てるってこと、単に一緒に走っているだけではないってこと、これはすごい気分だ。事故の後も僕を支え、信じてくれた人たちみんなに感謝するよ。毎日努力を重ね、より良くなることを願い、決して諦めなかったんだ。この勝利で報われたね。過去3年間のミラノ〜サンレモの勝者が表彰台に乗ったんだ、デーゲンコルプ、クリストフ、デマールの三人だよ。言葉にできないよ。僕にはパンチ力があったね。

今は再び故国へ戻って、週末は、次の大目標のハンブルクでのレースが待っている。

じゃあね。デーゲ
……

ヴァッテンフォール・サイクラシクスが週末ですね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプのブログ、トレックへ

2016.08.15.01:02

さて、毎年我が家恒例の千葉最南端への旅行。今年は去年までと違って、初のお盆絡みの日程で、先ほど帰り着きましたが、途中ずいぶん渋滞しました。その間に、いろいろあったようで、ノルウェーの北極圏レースでは、ネルツはまあ、普通に走れているような気がしますが、マルティンのオリンピックでのTTは散々だったようですねぇ。変わって、あまり前評判の高くなかった、今年で終わりと言っているカンチェラーラが優勝とは驚いたところでした。

そしてついに公式発表です。13日の日付で更新されていました。

……
次の3年間、僕はチーム・トレック・セガフレドのために走ることになった。このチャンスをとても幸せに思っている。何よりクラシックを重視する偉大な、そしてとても経験豊かなチームだ。そこへキャプテンとして加われることを大変誇らしく思う。ジャイアント・アルペツィンでも良い思いをさせてもらったし、大勝利もあげられたし、チームメイト達と楽しい時を過ごした。しかし、今は変かすべき時なんだ。

僕はトレック・セガフレドでさらに成長し、もっと潜在的なものを出し、より良い選手になれると思っている。僕自身は2015年の成功で自分の全能力を出し切ったとは思っていない。だからこれは僕にとって重要で大きな一歩なのだ。新しいチームメイト達、新しい機材、そして素晴らしい環境を楽しみにしている。それから、クーン・デ・コルトも一緒に移籍することになって、僕はとてもハッピーだ。彼はクラシックでもスプリントの時も、いつでも僕にとって重要な選手だったし、良い友達でもあるんだ。
……

ノルウェーの北極圏レースの第一ステージでは惜しいところでクリストフにスプリント負けしながら、笑顔でクリストフを祝福していた好漢デーゲンコルプ、まあ、今年はしょうがないよね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプのブログ、16ステージ

2016.07.19.23:01

ran によれば、クリストフはゴールで自転車を投げるのがワンタイミング遅れて、それでサガンに刺されたと嘆いています。というわけで、デーゲンコルプ、同じ4位とはいえ、その前の4位とはだいぶ違いますね。

……
二日前には4位で大喜びだったけど、今日はがっかりだ。最後は僕にとってはパーフェックトだった。チームの働きはすごかったし、最後の山を登る時のワレンの強さもすごかった。ただ、以前のような長いスプリントを走るには、僕には決意と自信が欠けていた。チームに報いることができず、残念だ。足の調子で考えれば、4位より上を狙えたと思う。しかし、ああいう状態で長くいるわけにいかなかったし、自分で道を切り開かなければならなかったんだ。

何れにしてもチャンスを逸して本当にがっかりして、ゴールした後も自分に腹を立てながらチームバスへ向かっていった。明日が休みだということや、妻のラウラと息子のレオが僕を待っていることも考えられなかった。でも彼らの姿を見たとたん、イライラなんか忘れて、とても嬉しくなった。二人がそばにいてくれるのがとても嬉しい。

レースが終わってしばらくした今、今日の最後は僕にとって希望の光なんだということができる。最後の登りの石畳で、僕は指の痛みを感じることなく、ハンドルをしっかり押さえつけて引くことができた。これは僕にこの先のための活力を与えてくれる。つまり、新たに加えられた4位の順位は、今後再び僕が上位で争えるということなんだ。
……

ツールで今季初勝利になれば、劇的だしファンが期待しているところなんでしょうけどねぇ。ただ、石畳で指が大丈夫だったというのは、来年のパリ〜ルーベ(私はツールのステージなんかより、こちらの勝利の方が10倍も重要だと思ってますけどね 笑)に期待してもいいのかな?



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプ、もう少しだね

2016.07.19.00:39

先日4位になって今日はものすごくいいポジションにいたけど、やっぱり最後のスプリントがなかったですねぇ。コースとしても、石畳のラストも、デーゲに向いていると思ったんだけどなぁ。

それから、以前に比べて頭の上下動が少なくなったような気がするけど 笑) そういえばクリストフもダメですねぇ。去年ぐらいまでだと、スプリントはサガンより上だと思っていたんだけど、今日はサガンの風よけに利用されちゃいました。サガン、来年本当にボーラに来るのかなぁ。。。

今年は拙ブログのおなじみ選手たちはみんなあきまへん。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デーゲンコルプのブログ、14ステージ

2016.07.17.20:49

トップテン入りしたし、4位とはいえ、惜しいところでしたからね。

……
今日は素晴らしい気分だ、また最高の練習と一緒にスプリントすることができたんだ。4位という順位はものすごい自信になるし、自分がやってきたことが正しかったことがわかった。チームは素晴らしかった。みんなに感謝だ。僕らの意思は不屈だ。僕らはチャンスを待った。そして今日はこの忍耐が正しかったことがわかった。

春の事故の後、僕を支えてくれて、バックアップし、そばにいてくれた人たちみんなに感謝だ。今日は本当に嬉しい。
……



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと努力しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

マガジン9条

FC2カウンター

Amazon

ブロとも一覧

検索フォーム