FC2ブログ
2019 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2019 11

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(21)

2018.09.17.14:20

クイック・ステップ連勝ですね。ブエルタではよく一人のスプリンターがまとめ勝ちする傾向がありますが、スプリントステージは、逃げ切りを別にして、ブーアンニが勝ったのを除けばヴィヴィアーニが3勝。一方サガンはまたまた2位で四回目。ヴィヴィアーニより先着したと思えばワライスとビーストレムに逃げ切られてしまったし。。。

結局ボーラもサンウェブもステージ勝利なしでした。

…21ステージ、100キロ、55位、+00:00…
C: 今日はどんな日だった?

フ: マドリッドまでの移動で長い日だった。でもあそこの雰囲気とゴールを最後に超えた瞬間は全てが報われた気分だね。

C: 乾杯が待ってる前に簡単に答えてよ。
  1 このブエルタはどのぐらいハードだった?
  2 記憶に残ることは何?
  3 今一番嬉しいのは?

フ: 1 は10段階で8.5だね。(明示されていない)登りの多さと移動時間が、思ったよりハードになったよ。
   2 個人TTでスタートしようと思ったら50秒前に僕の自転車が行ってしまった瞬間だ。
   3 三週間ぶりのビールの最初の一杯。実はすでに飲んでしまったけど。マオウビールだ。

   Unknown_20180917141932dbd.jpeg
C: ありがとう、ヨハネス!今回のブエルタ期間中のツィート日記と素晴らしい見解に感謝するよ。

フ: いつものように楽しかったよ。バモス!
……

というわけでブエルタも終わってしまいました。あっという間のような気がしながら、ちょっと結果を見返したらブーアンニが優勝したのなんか、今回のブエルタではなく、もっと前の別のレースのような気がします。大昔読んだ柴田翔の小説に、主人公が「俺はもう18歳だ、なのにまだ2時だ」というセリフがありましたが、いくつになってもそういう気持ちは変わりませんなぁ。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(20)

2018.09.16.15:21

クイック・ステップは新しい選手が次々に出てきますなぁ。しかし、ブーフマン最終週がダメでした。TTも総合狙いのクライマーとしては着実に力をつけてきたと思ったんですが、肝心の山岳で早い段階で落ちていってしまいましたからねぇ。結果的にマイカをエースにした方がトップテンの可能性が高かったかも。まあ、アシストの方をエースに立てておいた方が良かったという例はたくさんあるんでしょうけどね。

ただ、一応、ブエルタではドミニク・ネルツの2013年の14位よりは良い成績になりましたが、ネルツの場合はアシストしながらだったからなぁ。それにレース展開が逃げに乗ったりしてもっと積極的だったし、それにもっと若かったし。

と、思わず当時の拙ブログに書いたことを見直してしまいました 涙) パソコンでご覧でしたら、右側のカテゴリーの「自転車」のサブカテゴリー「ネルツ」で2013年9月ごろまで遡れば見られます。

さて、フレーリンガーです。肋骨はなんとか大丈夫のようですね。

…20ステージ、97キロ、96位、+21:50…
C: 今日はどんな日だった?

フ: かなり予想通りだったね。ヴィルコは総合で二つ順位を上げてトップ10に入れた。僕自身は残念だけど大したアシストができなかったけど。ずっと自分のペースで走らざるをえなかったんだ。

C: レース中に、前方で何が起きているか情報は得ていたの? それともゴールについてから聞いたの?

フ: 登りのところまでは無線が繋がっていたから、何が起きているかは何度も聞いてたよ。この日のハイライトは友人で、元チームメイトのクーン・デ・コルトのファンクラブだ。デ・コルトはアンドラに住んでて、沿道に二度姿を見せてくれた。

C: 見てるぶんには短いけどとてもきついステージはとっても面白かった。君は選手として、こういうステージをグランツールの最後に置くのって良いと思う?

フ: 絶対いいよ。延々と7時間も山の中を走らされるより短くコンパクトなのの方がいい。結果もそれなりにきちんと出たし。それに、優勝タイムの25%で足切りというのは、病気ででもない限り、どの選手にもレースで公正なチャンスが保証されるよ。

C: ありがとう、ヨハネス!明日もうまくやってね、落車なんかしないように。あと101キロで乾杯だね。

フ: グラシアス。マドリッドへの旅は最後の二つのステージ合わせたより長いよ。でも僕らの気分は最高さ。バモス!マドリッドのプラド通りで明日は乾杯だ。
……

最後のマドリッドへの旅は最後の二つのステージ合わせたより長いという言葉の意味がよくわかりません。最後の二つのステージ合わせると240キロぐらいになるんだけど、明日は100キロぐらい。現在地アンドラからスタート地点までの移動も含めているのかなぁ? でもそれだと、最後の二つどころかもっともっと長いよねぇ。よくわかりませんがご容赦。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(18)

2018.09.14.17:35

イェレ・ヴァライス、パリ〜ツールで優勝したりしてましたからさすがに肝っ玉が据わっているというか。。。一方のスヴェン・ビーストレムは少し前のU23の世界戦でカレブ・ユアンが2位になった時の優勝者。プロ初勝利の可能性もあったけど、経験の差が出たかなぁ。

…18ステージ、157キロ、90位、+2:48…
C: 今日はどんな日だった?

フ: 趣向が変わって、古き良き時代を思い出したよ。古典的な旧来のブエルタのステージだった。暑く、基本平地でアップダウンがあってずっとまっすぐで、無論最後はびっくりさせられたけど。

C: プロトン内では古典的な牽制の仕合だったのかい? それともどうやって逃げが成功したんだろう?

フ: 古典的な牽制だよ。特に総合順位上位チームの牽制と、最後の10キロはロータリーのおかげもあったね。見ている方にとっては夢のようなシナリオだったよね。

C: そうだね。ものすごくハラハラしたよ。君はどうだったの? 肋骨はどう? 痛かったかい? 今は?

フ: 幸運にも呼吸に影響はないけど、快適とはとても言えない。マドリッドまであと何キロって数えているよ。

C: うまく回復してね、ヨハネス。ありがとう、また明日。冬の始まりはまだだろうけど、高いところへ行けばとんでもない暑さはなくなるだろうね 笑)

フ: アンドラだから、一番いいのはもちろん霰や雪が降ってくることだよ。でも晴れた秋空も嬉しいよ。バモス!
……

最後の冗談はスキーが好きなフレーリンガーらしい言葉ですね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(17)

2018.09.13.09:54

激坂といってもやっぱり昔と違って足がくるくる回ってるから、以前のような野蛮さや辛さがあまり感じられません。それに20%以上の激坂って珍しくなくなっちゃったからねぇ。。。

しかし、残り1キロを切ってから、あ、決まったと思ったら遅れた選手たちが追いつくパターンを繰り返し、マイカもかなり粘ったんだけど惜しかったなぁ。

さてブーフマン、うーん、上位陣から引き離されてしまいましたねぇ。これまでもそうだったけど、早い段階で遅れ始め、結局最後までマイペースで登ることが多いので、山場でTVに映ることがあまりないから、どうも地味です。総合11位は変わらず。ギャロパンにさえ先んじれば、と思ってたんですが逆に20秒遅れてしまいました。むしろ9位のピノーに対しては1分近く先んじたから、こちらをターゲットにしたほうがトップテンの確率が高いかも 笑)

ギャロパンとは30秒弱、ピノーとは1分弱。うーん、後ろのケルデルマンとは3分近い差があるから落ちることはないと思いたいけど。。。

…17ステージ、157キロ、93位、+18:30…
C: 今日はどんな日だった?

フ: ぼちぼちですわ。バスク地方とバスクのファンはこん回のブエルタのベストステージを用意してくれたと思う。なんとも言えない雰囲気だった。だけど僕は落車しそうになった時肋骨を痛めてしてしまった。

C: あれれ、かなり痛いのかい?

フ: 僕の隣の選手のハンドルにモロにぶっつけたんだ。だけどなんとかうまくやって転ばずに済んだんだけどね。肋骨の打撲と骨折のことはよくわかってるし、経験上この後の日々は素敵とはとても言えなくなることもわかってる。

C: お大事に、と言ってもそんなにすぐに良くならないだろうけど。今日の最後の登りは新しいコースだったけど、どうだった? 新しいブエルタ定番コースになれるかな? それとも25%なんていうけもの道なんか必要ない?

フ: バスク地方は毎年ブエルタに組み込まれた方がいいね。バルコン・デ・ビスカイアは定番コースになる可能性はあるよ。

C: ついでながらバスク地方だけど、エウスカディ・ムリアスチームはなぜ集団コントロールしたんだろう? 前に誰かチームメイトがいたならわかるんだけど。

フ: 確かに彼らのうちで強い選手は前にはいなかった。ムリアス・エウスカディは故郷で自分たちのマイヨを見てもらいたかったか、あるいはチーム同士で話ができてたのかもしれないね。アスタナとモビスターはそもそも彼らのコントロールなんか必要としないぐらい強いからね。

C: ありがとう、ヨハネス。よく寝て回復できることを願っているよ。傷が治ればいいけど。また明日。

フ: 僕のルームメイトのジェイ・ヒンドリイが最初のグランツールなのに素晴らしい走りを見せていることも言っておきたい。今日の彼の順位はチームを盛り上げるよ。バモス!
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(16)

2018.09.12.10:29

いやぁ、ブーフマン、ギャロパンと1分近く差があるしなんとかなるかと思っていたんですが、ひっくり返されちゃいましたねぇ。トップテン陥落です。でもまだ5秒差。まだ山頂ゴールが3ステージあるからチャンスはありますが。。。

一方のフレーリンガー、もともとTTは苦手な種目ですが、それに輪をかけてとんでもないことが起きていたようです。

…16ステージ、32キロ、156位、+7:01…
C: 今日はどんな日だった?

フ: チームメイトのマイケル・ストーラーは僕の2分前にスタートしたんだけど、ついうっかり僕の自転車に乗ってっちゃったんだ。信じられないよね。僕の後ろには自転車を一台積んだニュートラルのマテリアルカーしかいなかったから、僕はマイケルの自転車でスタートするしかなかった。こんなの聞いたことがないよね。

C: そんな話って、彼のキャリアの中でもなかったことだろうね、かわいそうに。でもさ、君にとってもっと悪いことだって起こりえたんだから良かったとしようじゃないかい、だって、間違えたのがマックス・ヴァルシャイトだったりしたら。。。【フレーリンガーの身長は170ぐらい、ヴァルシャイトは2m】ところでコースはどんなだった? 君は力を何パーセントぐらい出して走ったんだい?

フ: リシャール・ヴィランクが言った言葉だけど、同僚の奥さんと一緒にいるみたいな落ち着かない気分だった。とりあえずスタートして、ようやく5キロ走ってメカニックが道端で「僕の」自転車に交換してくれたけどね。そのあとは登りで97%出して走ったよ。圧倒的なパワーが必要なコースだった。

C: さすがヴィランクはそういうことをよくわきまえてるんだね 笑)しかしクレージーだね。でも少なくともどこかでマイケルはどこかで自分のじゃないと気がついたんだよね? 彼がそれを笑って話せるようになることを願うよ。ところでヴィルコにとっては理想的とはいかなかったようだね。でも総合争い上位はタイム差がないね。スペクタクルが見られそう?

フ: 個人TTでもヴィルコはもう少し上位を期待していたけど、彼としては2回も怪我で休みが入る大変なシーズンだったからね。ブエルタは上位はまだ全くわからないね。6位までは誰が勝ってもおかしくないんじゃないかな。明日はバスクで、土曜はアンドラでスペクタクルが見られるだろうね。

C: ありがとう、ヨハネス。うまく休息してマイケル・ストーラーからレモネードを一杯奢ってもらうんだね。体調に気をつけて。また明日。

フ: ああ、彼は問題ないよ。明日はバスク一周の典型的なステージだ。バモス!
……

話の中に出てくるマイケル・ストーラーはまだ21歳。写真で見ると、15歳といっても通用しそうなガキ顔であります 笑) 
Unknown_20180912102045fbf.jpeg

このショックのためか、マイケル君、トップから9分以上遅れて最下位でゴールでした。でも、このタイム差だと最後は2分遅れでスタートしたフレーリンガーとほぼ一緒にゴールですね。しかし、このピースサインしてる顔が、叱られてしょげてる中学生のようになったんでしょうか?それを想像すると、ちと、可哀想 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(休息日)

2018.09.11.12:45

…休息日…
C: 今日はどんな休息日だった?

フ: ドーピングチェックの職員に9時30分に起こされたよ。僕らは素晴らしく美しいカンタブリア地方の、サーフィンができる砂浜のスーパーホテルにいるんだ。

C: 君がサーフィンに行っちゃわないように、チームメートたちは朝からハードに自転車に乗ろうと誘ってきたんじゃない? それとも最終週に向けてやる気満々なのかな?

フ: サーフボードを借りられたらよかったんだけどね。でもそれだと【借りられるのは】90分だけど、ブエルタは3週間だから。ちょっとした休暇気分とエンジンオフはウェルカムだよ。だけどサーフィンはシーズン終了まで待たなくちゃね。明日(明後日 笑)は再びモチベーションをトップに入れてスタートだ。

C: ここまで君たちは完全にヴィルコのために走ってきたね。しかし今では彼はさらに大きく遅れてしまった。君たちは最終週に向けて戦略を変更するのかい?ひょっとして君は逃げ集団に乗るというサーフィンはしないの?

フ: 逃げグループのためにはもう二つぐらいしかステージがないけど面白いね。何よりバスクを走る明後日が狙い目かな。その前にもう一度みんなで落ち着いて話し合って、どうするのが最も意味があるか考えるよ。でもまだ最大目標はヴィルコがトップ10に入れるようにすることだね。

C: 君たちのチームのスプリンターのマックス・ヴァルシャイトは追加でブエルタ出場メンバーに滑り込んだね。だけど今回のコースはむしろ彼向きではなかった。なのにこれまでのところ彼はよくやってるよね。彼が「最大のブエルタファン」としての君の座【フレーリンガーはブエルタ出場10回目】を引き継ぐのかい?

フ: オーストラリア人の二人もブエルタ初出場だけど、彼らの方がブエルタがもっと好きみたいだよ。マックス・ヴァルシャイトはこれまでのところ感動的なくらい上り坂に苦しんできたからね。チームで、そしてドイツ人選手の中では「最大のブエルタファン」の座はまだ渡せないね。

C: ありがとうヨハネス、明日のTTは「半分休息日」かな、体調に気をつけてね。また。
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(15)

2018.09.10.12:17

いやぁ、濃霧のコバドンガ、すごかったです。総合11のピノーが絶妙のタイミングで行って、ああ、ブーフマン、今度こそトップテンから落ちたな、と思ったんですけどね。11位のピノーが上がって、9位だったギャロパンが落ち、結果ブーフマンの順位は変わりませんでした 苦笑)

しかしブーフマンが遅れた時、すぐにマイカが後ろを見ながら下がってきたから、そしてゴールした時にはブーフマンが単独だったから、マイカがどこまで働いたかはわかりませんが、ナイスアシストだったんでしょうね。結局強豪集団の牽制があったので、それほど大きく遅れずに済みましたが、11位に落ちたギャロパンとは1分弱の差。この差をキープできれば TT で1分はひっくり返らないんじゃないかと思いたいけど。。。

一方のフレーリンガーはどんな1日だったでしょう?

…15ステージ、178キロ、100位、+29:50…
C: 今日はどうだった?

フ: 疑いもなくみんなが今日こそクイーンステージだと言うだろうね。4600メーター登って本当に主催者が配るプロフィール図よりもはるかにきつかったよ(もっとも、ほとんど毎日そうだけど)。

C: 逃げは強く、明日たなが早い段階でテンポアップしたよね。途中があんなで最後の登りでまだ足に余力がある選手なんていたの?

フ: それは僕には語れないなぁ。しかしほとんどいなかったと思うよ。登りが激しく道は狭いし、テクニカルな下りときて、このコースはこれ以上激しいものにはできなかったね。

C: ヴィルコにとって今日は良くない日だった。すでにそのことは話しあってるのかい?それとも分析には時間がかかるから明日にするのかい?

フ: 彼も僕らも今日のゴールは確かにもっと上位を期待していた。目下のところ、分析するべきことはあまりないね。今はいいよ。2時間のドライブでホテルに着いたら気持ち良く休息日をスタートさせたいからね。

C: 今休息日の必要性って10段階で表したらいくつかな?

フ: 僕の体調はいいよ。辛いところはない。グランツールでの休息日がもっと待ち遠しかったことはある。それでも今日が終ったんだ、数字にしたら必要性は9レベルだね。バモス!
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(14)

2018.09.09.11:08

一昨日のステージでホルカ・イサギレが激坂を蛇行してましたが、あれは登りがきつくて蛇行していたわけではなく、遅れたイォンをアシストするために下がっていったようでした。最近のレースではギア比がギア比なので、激坂も蛇行して登るということがなくなってしまいましたね。昔はプロ選手でもよく蛇行していたし、80年代終わり頃の境川であったレースでは、優勝した三浦恭資選手が最後の15%の激坂を文字通り道路幅をいっぱいに蛇行しながら登ってきてゴールしたこともありましたが。。。

さて、ビミョーに毎回遅れていきますブーフマン。トップテンはまだキープしてるようですが。。。

一方のフレーリンガーはどんな1日だったでしょう?

…14ステージ、171キロ、102位、+22:37…
C: 今日はどうだった?

フ: ちょうど今ドーピングコントロールから戻ったとこ。後から登って行ったらまず観客のカオス状態と戦わなければならなかったよ。またしても凶悪な激坂ゴールだった。でも僕が期待したアグレッシブなレースはまだだったね。

C: うーむ、長い日だったね。バーレン・メリダがタイミングよくテンポを上げて下りで分断させたけど、君たちは下りでのアタックを織り込み済みだったの?

フ: うん。山の登りでテンポが上がれば、その後の下りのアタックも予想できるよ。ニバリとイサギレは下りアタックが好きだからね。それにバーレンはこのあたりに詳しいイバン・ガルシアが逃げグループに入ったし。彼はアストリア地方の出身なんだ。

C: 君はもっと攻撃的なレースを予想していたというけど、もしかして、明日のことがあるから今日はこれでも抑制ぎみだったのかな?

フ: 多分。明日はさらに高い所へ登らなくちゃならない。ラゴス・デ・コバドンガはここまでの二つの登りゴールとは全く違う山なんだ。今日は調子が今ひとつだったヴィルコももっとうまく走れるといいけど。

C: 調子が良くなかったからちょっと遅れたんだね。

体に気をつけて、ヨハネス。明日はやってくれよ。ありがとう。

フ: ありがとう。マドリードはまだ随分遠い。それから、誰でもどこかでバッドデーってのがあるもんなんだよ。バモス!
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(13)

2018.09.08.22:51

いやぁ、12ステージではフォルモロ、13ステージでマイカと、逃げに乗ってマイカなんか優勝できるかと思うぐらいだったのに、肝心のブーフマンがあきまへん。タイム的にはまだ可能性があるとは言っても、雰囲気が「ズルズル」っていう感じですねぇ。現在総合10位。監督はまだまだ楽観的で、確かに最後の険しい登りで遅れたが、まだまだこれからだと言ってますが。。。

さて、すでに14ステージが始まってますが 笑)

…13ステージ、181キロ、120位、+27:21…
C: 今日はどうだった?

フ: ラ・カンペローナの最後の登りは、相変わらず前回と変わらずにきつかった。メカニックがいい仕事をしてくれてマウンテンバイクのギアをつけてくれたのが嬉しかったね。

C: 逃げが決まる前が速かったね。モビスターがすでに最初の長い登りでかなりのテンポで弾いてたね。この後の二日間のことを考えると、このステージはどのぐらいきつかったんだろう?

フ: 今日は2度目の休息日前の山頂ゴール三部作のうちでは一番容易なステージだったよ。しかしレースの方は非常に速かった。モビスターは強さをアピールしていたね。アスタナはこのブエルタではここまで目立ってなかった。次の二日間はとんでもないことになると思うよ。

C: 君は経験豊富だし集団の中の雰囲気もわかっていると思う。幾つかのチーム(モビスターやアスタナ)は最終週のためにまだいくらか力を温存しようとしているのだと思う? それとも週末は思い切り「エスカレート」させるつもりだろうか?

フ: このあとの二日間は、いわば非常にアグレッシブなレース展開を期待している。何よりモビスターとアスタナだね。キンタナと(スーパーマン)ロペスはTTの前に決定的なタイム差が欲しいだろうから。

C: ありがとう、ヨハネス、うまく休養して、体に気をつけて。また明日。

フ: ありがとう。僕らは今日はバスクの友人たちと一緒のホテルだ。多分優勝したような雰囲気になるだろうね。バモス!
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(12)

2018.09.07.14:34

いやぁ、びっくりしましたけどね。ヘスス・エラダをあんな風に逃がしちゃうなんてね。だけど、プロトンの中ではそれほどの驚きはなかったようです。

だけど、ヘスス・エラダ、今日の山岳コースで頑張って優勝候補たちについて行き、みんなを慌てさせるなんて展開にならないかなぁ。。。

…12ステージ、181キロ、128位、+37:17…
C: 今日はどうだった?

フ: 典型的なブエルタの平坦ステージ。見せ場の多い素晴らしいゴールだったけど完全に限界値を超える危険さだった。

C: 後から考えると50人〜100人の大集団スプリントにならなくてよかったね。ミッチェルトン・スコットがエラダのいる逃げをあんなに容認しちゃったのは驚きじゃないかい? それともあの時モビスターが特別な役割を果たしたのかな? 彼らは昨日のミッチェルトンに不満があったのかな?

フ: ミッチェルトンはチームをあげてまでリーダーマイヨを守る気はなかったんだよ。少なくとも彼らはそう公言していたし、誰も特別驚きはしなかったよ。そういうことって戻ってくるものさ。モビスターはこれを今年だけじゃなく、来年になっても覚えてるだろうね。【この辺りのミッチェルトンとモビスターの確執についてはよくわかりませんが、11ステージの集団コントロールをミッチェルトンがやらなかったことでしょうかね】

C: 君たちには今日は逃げに乗るという選択肢はなかったの?

フ: 確かにヴィルコは総合では相変わらず絶好の位置にいるとは言えないけど、調子はいいし、僕らとしても僕らのチームの戦略を守らなくては。彼のためにみんなが働くんだ。逃げグループに入って力を消耗する暇はないよ。もしヴィルコがトラブったりしたら、アシストする目標があるからね。

C: ありがとう、ヨハネス、うまく休養してね。また明日。そしてとうとうまた山だね。

フ: とうとう山だ。しかも険しい登り。これまで12ステージ、チェーンリングは36、後ろは予備的に32までをつけて走ってきたけど、みんな前を34にするよ。バモス!
……

うーん、私の自転車は三十年以上前のなのでインナーは42(41もつくけどモノがない 笑)しか付きません。後ろも24まで。三十年前はみんなそんなので登っていたんですけどね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(11)

2018.09.06.19:39

フレーリンガー、昨日は早々にグルペットだったようですが、このグルペットが40人以上の大所帯。しかもサンウェブは4人も入ってました 笑)

…11ステージ、208キロ、133位、+31:40…
C: 今日はどうだった?

フ: ヴィルコ【ケルデルマン】にとっては良い1日だった。僕のとっては何にも面白いことはないよ。最初にメカトラで遅れて、ず〜とグルペットで過ごした。僕にとってこのブエルタでは初めてのことが起きたね。

C: チームとしてこのステージの予想(対策)を立てていたと思うけど、ステージ前に話し合ったように推移したのかい? それともそれほどしっかりと予想を立ててなかった?

フ: とてもハードなステージを予想していた。逃げの争いはずいぶん長く続いたね。結局その逃げから、予想通り優勝者が出た。それ以外は、僕としてはもう少し総合争いの連中が違うことをするんじゃないかと思っていたんだけど。

C: グルペットは本当に大人数だったね。君がよく知っている選手も何人かいたんじゃない? ちょっとぐらいおしゃべりするチャンスはあったの? それとも君たちはただただペダルを踏むことに専念したの?

フ: 僕らはずっと、比較的早いペースで、一列棒状になったりぐるぐる先頭交代したりしながら走った。だからおしゃべりする時間はあまりなかったね。それにチームメイトがどんな具合か気にしなくちゃならなかったし。最後の二つの登りで、やっとスピードが安定したんだよ。

C: ありがとう、ヨハネス、うまく休養してね。明日は「まだまだ」平地だけど、そのあとはまたしても山だね。

フ: その通りだね。それととてもテクニカルなラストだね。バモス! アスタマニャーナ
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(10)

2018.09.05.09:59

ヴィヴィアーニ17勝目! 昨日の最後なんか見てるとクイックステップが完全にスプリントを支配しているし、あそこまでお膳立てしてもらえたらフレーリンガーがスプリントしても勝てちゃうんじゃないか 笑)と思いましたよ。

しかし、チームとして60勝目。でも、とふと考えました。1970年代のメルクスなんか一人で毎年50勝以上してたんだよね。

…10ステージ、177キロ、111位、+00:00…
C: 今日はどうだった?

フ: 概ね楽しめたね。今日はスペインでは、ここ2週間弱の間で初めて30度まで上がらずにすんだからね。レースは部分的にはちょっとストレスがあったけど全体としては非常に単純なステージで、休息日の後に再びレースを開始するには良いコースだったよ。

C: ボーラが登りでペースを押し上げていたけど、面倒なスプリンターに探りを入れようとしていたのかな? それともひょっとしてその後に横風区間の可能性があったのかな? 何があったんだろう?

フ: ボーラは確かに、ヴィヴィアーニをちぎることができるかやってみたんだろうね。しかしあの前もあの後も、レースはあの登りを除けば、スプリンターたちに深刻なダメージを与えるにはあまりに単純すぎるコースだったからね。

C: ヴィルコ【ケルデルマン】はまたまたトラブルがあったね。ありがたいことにラスト3キロ以内だったけど。彼がこんなに運がないんだから、明日からフレームに四つ葉のクローバーを取り付け、マイヨには魔除けの石でも入れておいたらどうなんだい? それともヴィルコはそんな迷信は信じないでのんびりやってるのかな?

フ: ヴィルコはゴール前15キロと1.5キロでトラブルに見舞われた。今日はでもなんでもなかったね。彼はリラックスしているよ。彼はもう統計的に見て、不運の持分をだいぶ使ったからもう大丈夫だと楽観視しているよ。

C: ありがとう、ヨハネス、うまく休養して明日もうまくやってね。

フ: ありがとう。まだ冬は始まらないけど、ガリシア地方は明日は雨の可能性があるね。侮れないステージになるよ。バモス! アスタマニャーナ
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(休息日)

2018.09.04.10:23

なるほど、サンウェブはケルデルマンをエースに総合を狙ってきた割に、4人が初グランツールなんですね。

…休息日…
C: 今日の休息日はどうしてた?

フ: 寝坊して、コーヒーを飲んで、食事して、ちょっとだけサイクリング。サラマンカの町の観光。コーヒー飲んで、ちょっとだけサイクリング。食事して、コーヒー飲んで、ちょっと眠って、マッサージ。コーヒー飲んで食事。

C: 楽しそうだね。明日もそんな風というわけにはいかないんだよね?

フ: もちろん。本当に休んじゃったら、最初からやり直すのは難しいからね。でもレースは続くんだ。ブエルタはまだ長いし、僕は次の2週間を楽しみにしているよ。

C: 君たちはこのブエルタではとても若いチームだよね。グランツールを走るのが初めてという選手が4人もいる。休息日について彼らにとって最も重要なポイントは何? それから彼らはこれまでのところどうだい?

フ: 明日は簡単なステージだと思われるから、本当にリラックスして、肉体的にも精神的にも緊張しないですむ。僕としては長い昼寝はオススメしない。夜改めてきちんと眠れなくなっちゃうからね。グランツールデビューの4人は素晴らしい働きを見せてるよ。

C: ありがとう、ヨハネス、うまく休養して体調に気をつけてね。うまくやってね。また明日。

フ: ありがとう。最善を尽くすよ。食事と睡眠と自転車と食事と睡眠と自転車。バモス! アスタマニャーナ
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(9)

2018.09.03.21:29

ブーフマン、やっぱり落車の影響が少しあったようですね。でも被害は最小限にとどめて16秒差。休息日は助かったことでしょう。

…9ステージ、200キロ、116位、+21:56…
C: 今日はどうだった?

フ: 長い1日で、またしてもとても暑かった。だけど、FDJの夢のようにコントロールされたテンポのおかげで、みんなこのステージをうまく乗り切った。

C: みたところFDJを助けようとするチームはなかったね。彼らは誰か行く気はないかとかみんなに聞いてこなかったの?

フ: 彼らは集団を補給地点まで5分差に保って、リーダーマイヨを礼儀正しく譲ったわけ。そうでなければ、各チームはもっとステージ勝利を目指して走っただろうね。

C: ヴィルコはとても強かったね。しかし前に何人も逃げていたから最後は6位どまりだった。君たちは満足してるのかい? それから最後の何キロかでは風がどんな役割を果たしたんだい? 風がなかったら彼はもっとタイムをとりもどすことができたんだろうか?

フ: うん、ヴィルコは今日は最強選手の一人だった。風のせいで早い段階でのアタックがなかったんだ。アシストがいなくなってやっとアタックが始まったんだよ。

C: ありがとう、ヨハネス、うまく休養して体調に気をつけてね。最後に、休息日をどのぐらい嬉しく思ってる? 10段階で表して。

フ: 9かな。ブエルタ第1週はまだそれほど激しいレースではなかった。随分長いことゆるい走りだった。その代わりに高温に苦しめられたね。そのおかげで今週はやけに疲れた感じなんだ。明日はゆっくりだ。バモス!
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(8)

2018.09.02.17:36

ブーフマン、問題なかったようですね。今日の山頂プラス数キロのゴールである程度の優勝候補が絞られるでしょうかね。それと、逃げがどのぐらいの人数でできるかですね。前半の山で逃げたいだろうけど、最初から1級だし逃げに乗れるメンバーはある程度限られるだろうし、なかなか予想がつかないです。

…8ステージ、195キロ、99位、+1:38…
C: 今日はどうだった?

フ: あまり出来事がなかったしかなり暑かった。おそらくこのブエルタで一番暑い日だったんじゃないかな。コルドバの近くではよくそうなるよ。

C: 今日のプロトンはみんなリラックスしていたのかい? それとも何人かは明日のステージが気になって少しピリピリしていたのかい?

フ: 明日のステージが気になっていたのは今日は、逃げグループに入ろうとした3人だけだと思うな。残りはみんなこの日をどうやって終えるか気にしていたんだろう。

C: 今日はバスに「たった」二時間半だけだったね。君たちは誰が DJ をやるか決めてたのかい? それともそれぞれみんな自分だけで好きな曲を聞いてたのかい? 君たちはバスの中の時間をどうやって過ごしているの? スマホ? ゲーム? ルーレット? 編み物? おしゃべり? 読書?

フ: うん、十分な「クオリティ・タイム」をバスで過ごしているよ。でもしばらくすればそれぞれがヘッドフォンで自分だけの時間を過ごしているね。スタート前になれば、ジモーニ【ジーモン・ゲシュケ】が手馴れた DJ ぶりを発揮してくれる。ロックが多いけど僕の趣味だ!

C: 明日は調子よく登れることを願っているよ。身体に注意して落車しないようにね。ありがとう、また明日。

フ: 明日はとうとう幾つかの山がメニューに入ってる。バモス!アスタマニャーナ。
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(7)

2018.09.01.10:40

ギャロパン、個人的にはよく聞く名前の割にあんまり印象のない感じだったんですが、ロードレースの勝ち方としてはとても格好良い勝ち方でした。デルガドが期待するといっていたヘスス・エラダ、ついに! と思ったらあっさり追いついてちぎって、2キロぐらいですかね、単独で逃げ切り。やっぱり残り1、2キロでアタックして逃げ切るというのが、個人的には格好良いと思っていましたから、印象的な勝利です。しかし、今年のブエルタは逃げ切りが多いですね。こういう方が見てて楽しいです。

…7ステージ、185キロ、87位、+8:07…
C: 今日はどうだった?

フ: のんびりステージではなかったね。軽い追い風とブルクハルトが集団の先頭でバイクみたいに飛ばしてくれたからね。

C: 最後は幾つかのトラブルや落車が見られたようだけど、道路は危険すぎるんだろうか、それともむしろ通常の集団内での激しさの結果なんだろうか? どう思う?

フ: ゴール前25キロのむちゃくちゃ速い下りは本当に危険だった。前の方では時速100キロのトップスピードで走ろうとしてたみたいだからね。その後の道路の舗装は限界ギリギリかな。部分的にはアスファルトというより砂利だったね。あそこではトラブルは織り込み済みだったんだろうな。

C: 危険すぎると思った時、君たち選手はどうやって不満を表現するんだい? 直接主催者に言うの? それともチーム監督が抗議するの? 

フ: 選手としてはCPA、つまりロード選手の一種の労働組合に訴えることができる。大きなレースなら必ず現場へ代理人を送っているからね。昨日もすでにゴール前25キロの落車のあとで訴えている。あるいは監督経由で審判やレース主催者に直接抗議することができる。

C: ありがとう、ヨハネス、落車のないように、元気でね。全てうまくいくことを願ってる。また明日。

フ: 今日は自転車に乗ってるのと同じくらい長くバスに乗るんだ。これもまたブエルタだね。スペインは広い国だよ。バモス!
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(6)

2018.08.31.19:27

ブーアンニ、久しぶりな感じでしたが、前日のステージでペナルティタイムを取られていたようです。理由はサポートカーから不適切な補給を受け取ったから。だけど、スペインの新聞ASでは、ブーアンニがサポートカーの監督と言い合いになり、怒ってサポートカーを叩いたせいだと言ってます。無論チームは完全否定。まあ、これまでのブーアンニを思い浮かべると、新聞の方が信憑性があったりして 苦笑)

…6ステージ、155キロ、168位、+7:57…
C: 今日はどうだった?

フ: うちにリーダーのヴィルコ・ケルデルマンにとっては全く不愉快な総合順位の後退だよ。横風区間に来た時、最初は我々が3人だけで第一集団の前方にいたんだ。そうしたらヴィルコが後輪のトラブルだよ。

C: そういう時のために、誰が待つか明確な決まりはないの?それとも状況に応じて監督か司令塔【つまりフレーリンガー】が決定するの?

フ: レース前には同じサイズの自転車の選手がチェンジすることを決めてあったんだけど、残念ながらあの時ヴィルコのそばには僕しかいなかった。僕の自転車じゃ彼には小さすぎる。だから後輪を取り替えようとしたんだ。そのあとはシンプルだよ。みんなが待つんだ。

C: 君たちのスプリンターのマックス・ヴァルシャイトも待つように命令されていたね(そう見えたんだけど)。彼にはこのステージのスプリントでトップになるチャンスがあったかもしれないけど、そのあたりの話し合いはなかったの? それとも単純に全員がヴィルコのために下がらなければならなかったの?

フ: ヴィルコと僕が止まらなければならなくなった後、マックスだけは前にいたんだけど監督から全員が待つようにという指示が出た。総合順位が僕らの一番優先事項だったし、これからもそうだからね。

C: ありがとう、ヨハネス、僕らは君と君のチームメイト達が、明日こそもっといい走りができることを願っているよ。

フ: この日を引きずっちゃダメなんだ。運が悪かった。バカバカしく聞こえるけど、なんでも何かの役に立つものさ。もしかしたらこれによって戦術的に予期せぬチャンスが訪れるかもしれないさ。3週間は長いからね。バモス!
……

ブーアンニだけじゃなく総合トップになったモラールもクヴィアトコフスキに当初1分以上の差だったんですが、昨日の結果を見ると、20秒のペナルティで、2位との差は40秒程度になってますね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(5)

2018.08.30.23:10

珍しいですね、グランツールでこんなに序盤から逃げが連発で決まるなんて。

…5ステージ、188キロ、49位、+4:55…
C: 今日はどうだった?

フ: 今日ようやくブエルタが本当に始まったって気分だ。最初のハードさは初めてだったね。それに対して最後は優勝候補たちは穏やかなままだったね。コンタドールが隠居生活に入ってしまったからね。

C: ハハハ、君は彼がいないのが残念みたいだね。彼の代わりはいないのかい?それとも最後は優勝候補たちにとってはアタックするには優しすぎるコースだったのかい?

フ: 僕なんかよりもファンが彼がいないのが残念だろうね。最後の登りはすごい向かい風だったよ。険しさはない登りだったけどね。まだまだ7つも山頂ゴールがあるんだから、チャンスはまだあるってことだよ。

C: スカイがリーダージャージを譲り渡したことは驚きだったかい? それとも単純に【ジャージを守るのに】力を使うのを嫌がったのかな? 無論最終的には1分程度の差に抑えたけど。

フ: スカイは今日は少しおかしな走り方だったね。集団をそんなに大きく逃さなかったのにリーダージャージは手放してしまった。だけどモレンマみたいな選手に15分リードさせることなんかできなかったんだろうね。リーダーが変わるのはレースにとってはいつだっていいことさ。

C: ありがとう、うまく回復して、明日もうまく走ってね。多分君はリードアウトのポジションで1番ではないよね。

フ: ありがとう。明日のスプリントについてはいろんなことが言われてる。クイックステップは今日は目立たず後ろの方にいたからね。僕らは対抗できるかなぁ。バモス!
……


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(4)

2018.08.29.16:38

いやあ、TVでは全くと言っていいほど名前が挙げられませんでした 笑)しかし、これで総合2位だよ、ブーフマン。

今日はプロフィールマップで見るとかなりアップダウンの激しいコースのようです。最後は2級山岳を一気に駆け下りて10キロ足らずでゴール。総合トップのクヴィアトコフスキがこの2級でどうなるか、場合によってはブーフマンの総合トップも可能性があるか??

…4ステージ、161キロ、102位、+15:49…
C: 今日はどうだった?

フ: 最後の上りまではとてもゆっくりしたレースだった。こんなに早い段階で逃げが決まっちゃうとはびっくりだね。

C: 多くのチームがステージ優勝より総合順位を睨んでいるせいなのかな? 例えばモビスターなんかはバルベルデで【ステージに】勝つチャンスがあっただろうと思うんだけどね。なんで誰も追走しようとしなかったのか、説明してくれない?

フ: 多分、どのリーダーも完全な自信がなかったんだろうね。そして監督たちはみんな3週間という長さをよく知っているんだろう。

C: ヴィルコ【ケルデルマン】はとてもうまくゴールしたね【3分15秒遅れの集団でゴール】。君たちとしてはすべてOKかい?

フ: うん、今日は最初の本格的なテストだった。総合狙いの選手たちはうまく走れることを証明しなければならなかった。ヴィルコはベストだった。すべて良かった。

C: このままいけるようにね。うまく休養して、落車しないように。ありがとう、また明日。

フ: うまくやりたいね。明日のコースは、このブエルタの最初のハードな序盤ステージになるだろうと覚悟しているよ。特に今日のステージでは逃げが成功したからね。明日の朝食は遅くなりすぎないようにしないといけないね。バモス!
……

ケルデルマンは現在5位。TTで良かったゲシュケがどのぐらい頑張れるかと思ったけど、やっぱり山では完全にアシストですね。このステージは15分遅れ。今日あたりゲシュケが逃げに乗ったりしないかなぁ。それともやっぱりケルデルマンのそばにいることになるんですかね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フレーリンガー、ブエルタツィッター日記(3)

2018.08.28.12:58

16勝目だそうで、ヴィヴィアーニ。なんとなく去年まではひ弱な印象だったんですけどね。まあ、体からそう感じたのかもしれないけど。一方キッテルは今シーズンはもうレースに出ないかもしれません。結局今シーズンは2勝で終わるんでしょうか。

…3ステージ、178キロ、133位、+4:09…
C: 今日はどうだった?

フ: スプリントステージなのにグズグズと3000メートルも登ったよ。

C: ロット・スーダルがアタックするゴール前40キロまでは、スピードも程よいスピードだったように見えたけど。彼らは「ノーマルなスプリントゴール」じゃあ退屈だと思ったのかな、それとも逃げて勝つチャンスがあると思ったのかな?

フ: うん、コースはかなりハードだったけど、スピードはずっとゆっくりだった。「オオカミチーム」のクイックステップが、逃げを成功させないように組織していたね。

C: 君たちは内心、このままゆっくりであってほしいと思った?そうすればマックス・ヴァルシャイトにスプリントのチャンスができるからね。それともステージ前から、彼にはちょっと登りがハードすぎると思っていたの?

フ: 優先順位からすればまずはうちのチームとしてはヴィルコ・ケルデルマンの総合なのは間違いない。でもマックスは今日は自由に走る許可をもらっていた。残念ながら最後のスピードアップでダメだったけど。

C: ありがとうヨハネス。うまく休養して、明日のために登山靴をきれいにしておいてね。落車しないように。また明日。

フ: ありがとう。明日は平坦地方を後にするよ。バモス!
……

最後のバモスは調べると、スペイン語でレッツゴー!だったりカモン!だったりするような意味のようです。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと「努力」しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム