fc2ブログ
2024 02 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2024 04

GP・ル・サマン

2024.02.28.11:02

このレースの由来については10年以上前の記事で書いたことがありますので、興味があればクリックしてみてください。



YouTubeには残り10キロからのが載っていました。登りになると誰かがアタックするのが面白いです。平地になって残り4キロを切ったあたりで集団が完全に牽制状態。しかし狭い路地みたいな石畳道を、よくまあコースにしますねぇ。普段トラクターしか走ってないだろう、この道、って感じです。

ゴールは結果がなかなか出ませんでした。アンテルマルシェのローレンツ・レックスという選手が抜け出てバンザイしようとして、両手を離したところで、横からアントニオ・モルガードが投げて微妙になりました。結果が出るまでだいぶ待たされましたね。結局モルガードの投げがわずかに届かず。レックスは肝を冷やしたことでしょう。この24歳の選手としてはキャリア最高の勝利になりました。

モルガードは一昨年のジュニアの世界選でヘルツォークとスプリントになって2位になった選手ですね。ジュニア時代の成績を見ると1位か2位ばっかりずら〜っと並んでます。まだ20歳。これから強くなっていくんでしょう。ポルトガル人ということで、私が自転車に興味を持った頃にはアカーシオ・ダ・シルバという結構強い選手がいましたが、そんな感じになっていくんでしょうかね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



クールネ・ブリュッセル・クールネは WVA

2024.02.26.00:52

昨日のヘト・ニウスブラットと、人は変われど同じチームがワンツーでした。今回は大本命の優勝でしたね。

YouTubeのライブでラスト20キロぐらいから見てたんですが、その時点でヴィスマのヴァウト・ファン・アールトとUAE のティム・ヴィレンス、モビスターのスペインチャンピオンマイヨのラスカノの3人が第二グループに3分ぐらい差をつけて逃げてましたからね。こりゃあ、ファン・アールトで決まりだなと思いましたわ。

しかも追走の3人のグループにはしっかりヴィスマのジョルゲンソンが紛れ込んでいたしね。どうしようもないですね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ヘト・ニウスブラット、ああ、ポリット〜

2024.02.25.09:49

以前はヘット・フォルクと呼ばれたフランドルの小クラシックレース。昔はこのレースでレースシーズンが始まると言う印象でした。ロンデ・ファン・フラーンデレン(ツール・ド・フランドル)とコースと有名な激坂が重なり、気分はすでにフランドルクラシック、というレースです。



上のYouTubeはラスト6キロ弱からゴールまで。他にもダイジェストがアップされています。やっぱり今年もヴィスマがチーム力が高いですね。スロヴェニアのトラトニクとポリットがゴール前7キロほどのところで先頭集団から逃げて、結果的には逃げ切りでした。

トラトニクは後ろにヴァウト・ファン・アールトとクリストフ・ラポルトがいたから、仮に追いつかれてもスプリントは任せられると思ったのに対して、ポリットとしては何があっても自分が行くしかなかった。ゴール前は前に出させられていたし、もともとスプリントはあまりないしね、どうしようもなかったんだろうなぁ。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今年も行けませんでした、宇都宮

2023.10.16.09:56

昨日のレースなんて豪雨の中で、見る方も大変だけど、それなりに準備していたらきっと面白かったことでしょう。残念。というわけで昨夜Jスポで見てました。

ルイ・コスタがスプリント勝ちで、結果は先に知ってたんですが、強いねぇ、少人数のスプリント。世界チャンプになった時も1対1のスプリント勝ちだったし、ブエルタでケムナに勝った時も少人数のスプリント。昨日もそうでした。そうか、ブエルタのケムナに続いて、今回もドイツ人のエンゲルハルトに勝ったわけですね 笑)

哲学徒ギョーム・マルタンは自転車に乗ったソクラテスだったか、そんな題名の本を出してるんですよね。ヒゲもゲシュケの影響かと思ってたけど、昨日のインタビューで顔をしっかり見ると、ソクラテスを意識しているのでしょうか 笑)

さいたまクリテはなんとか行きたいけど。。。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

パリ〜トゥールは見習い選手が優勝

2023.10.09.10:03

拙ブログもイネオス入り濃厚かと思っていたエフェネプールは、チームが存続決定したんだからここで走り続けるよと明言したようですね。

さて、最後、集団が追いついて、久しぶりにデーゲが目立たないかな、ひょっとしてこのレース2勝目なんてないかな、と思いながらずっと見ていたんですが、やっぱりかつてのような爆発力はなく、そもそも追いつけなかったし 苦笑)

優勝したライリー・シーハンという選手は8月からシーズン終了まで、アメリカのデンバーのコンチネンタルチームから、イスラエル・プレミアテックで見習い(スタジエール)として走っていて、来シーズンの契約はまだない状態。現状ではTVでも言っていたように、デンバーに戻ることになっていたようです。この勝利でイスラエルとの本契約となるのでしょうか?


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ジロ・デッレミーリアはログリッチ

2023.10.01.10:39

ジロ・ディ・イタリアと同じ1909年に始まったクラシックレースです。3年古いジロ・ディ・ロンバルディア(イル・ロンバルディア)や2年古いミラノ〜サンレモがモニュメントに入れられてるのに対し、こちらは前哨戦扱い。まあ、春で言えばアムステル・ゴールドとかフレッシュ・ヴァロンヌみたいな感じですかね。

ただ、秋のモニュメントは一つしかないから、これも入れてやればよかったのにね 笑)

というわけで、最後の40キロはサン・ルカへの登りを5回登るっていうハードなレース、最後の10キロがYouTubeにアップされています。



残り10キロでアダム・イェーツがスピードアップしたら50人ぐらいの集団が一気に10人ぐらいになり、ここから本格的な勝負が始まりますが、しかし、ここまでの200キロはなんだったんだ? ですね 笑)

拙ブログとしては唯一残ったボーラのヴラソフに注目していましたが、ログリッチやポガチャルにスプリントで勝てるはずないし、どこかゴール直前に早めにアタックして、後ろが牽制してくれれば、と思ったんですが。。。

ヴラソフ、残り2キロを切ったところでチョイ駆けしましたが、あれはいらなかったなぁ 笑)1キロを切ったところでポガチャルがアタックしたら、やっぱり一回ちょっとちぎれかかりました。緩くなったところで必死に追いついた瞬間が唯一のチャンスだったですね。

前が牽制しあって、そこに後ろから結構なスピードで追いついた時、左端の隙間から抜けられたら面白かったんですが、マスにコースを塞がれちゃいました。上のYouTubeでは10分30秒ぐらいのところです。あきらかに腰上げてカウンターアタックを狙っていたと思うんだけどね。

というわけで、スタート前に、来年はユンボから移籍を発表したログリッチの絶妙のタイミングのアタックでした。例によってポガチャルは駆け引きなしで引き離しにかかって、力使ってしまったという感じでしたね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ああっ、コンラート〜〜

2023.05.02.00:19

エシュボルン〜フランクフルト。いやぁ、最後クラウ・アナーセンの番手についた時は、これはチャンスかも!!って思ったんですがねぇ。ちょっとドキドキしました。

先に駆けたらどうだったでしょうねぇ。後を気にしている間に、最初に先頭のクラウ・アナーセンがスパートしちゃいましたからねぇ。コンラートとしては先にスパートしたかったなぁ。

しかし、栗村・サシャのコンビの解説、いつもながら、むちゃくちゃ面白いです。

追記。表彰式で右側にいたおばちゃん、フェーザー内相でした。閣僚がわざわざこのために来るのね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

どうだぁ! by ラポルト

2023.03.30.10:19



というわけで、日曜日のヘント〜ヴェフェルヘムではファン・アールトはラポルトを勝たせて、E3、ヘント、ロンデのフランドル3大クラシック3連勝という偉業をあっさり放棄したと、メルクスやボーネンらにボロカス言われてました。

まあ、ロンデにファン・アールトが勝つ保証はないけど、でももし勝っちゃったら、確かに勿体無いことをした、となるかもしれません。ちなみに過去ボーネンだけが3連勝を達成だそうです。

で、一方譲られたと言われ、なんか勝利の価値が下がってるようなラポルト、ドヴァルス・ドール・フラーンデレンで意地を見せましたね。残り4キロちょいのところで、逃げ集団が追走グループに追いつかれる直前、みんながホッとして一息ついた瞬間にアタックという絶妙のタイミングでした。しかし、ラポルトとしても溜飲を下げたという感じでしょう。

しかし、ユンボが強いこと! ボーラはポリットが10位がやっとでした。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

E3サクソ・クラシックはファン・アールト

2023.03.25.11:11



昔はE3ハレルベケって言ってました、このレース。ツール・ド・フランドル(ロンデ・ファン・フラーンデレン)の前哨戦と言われてきた歴史あるレースです。

パリ〜ニースはポガチャル対ヴィンゲゴール、今スペインではログリッチ対エフェネプール、そしてフランドルではファン・アールト対MVDP対ポガチャルと、まあ春先からすごいことになってますねぇ。

なんとなくMVDPに分が悪い印象だったんですがファン・アールト、勝ちましたね。ポガチャルもステージレーサーとしてはスプリントがかなりある方だけど、流石にこの二人相手では、しかも先頭に出されちゃったし、まあしょうがないでしょう。

途中、バイクが転倒してましたが、こんな具合だったようです。見る方も命懸けだね。

最後に、拙ブログとしてはポリットが気になるところですが、80キロ手前でサドルが壊れ、そのまましばらく走った後、完全にはずれてしまって、伴走車を待つのに手間取り遅れてしまったと。「今日は不運もあったけど、最終的には13位。悪くないよ」と言ってます。この後つづくフランドルクラシックに期待しましょう。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ストラーデ・ビアンケ雑感

2023.03.05.11:17

女子と男子、最後の激坂まで似たような展開で、一人逃げてうしろで、女子は二人、男子は5人が追走という展開でした。女子は追走二人が同じチーム、男子も5人の中に、今をときめくユンボ・ヴィスマの二人がいるということでしたが、結果は全く違いました。

女子はハーバードを出たフォークナーが捕まり、去年優勝のコペッキィとフォレリングの同チーム同士のスプリントで、アシストしていると思われたフォレリングが後ろからコペッキィを差して優勝。思わず1963年の世界選手権で、ベルギーの大エース、リック・ファン・ローイを差して優勝してしまったベノニ・ベヘイトのことを連想したりしましたが。

今の男子のレースではまずやりませんね。たぶん、契約時に決まってるんじゃないのかなぁ? このあたり、選手に聞いてみたいところです。ただ、追走中フォレリングがずっと引きっぱなしだったわけじゃなかったですから、アシストとエースという役割分担は男子ほどきちんと決まってなかったのかな? わかりません 笑)

一方の男子。後ろでユンボが二人いて、途中8秒差まで追いついてきたので、これはティーシ・べノートかな?と思ったんですがね。そこから牽制が始まっちゃったようで、狭い降り道のせいもあったのか、あっという間に差が開いてしまいました。

ゴール後のユンボのもう一人、ハンガリー人のアッチラ・ヴァルターは、ベノートと同じレースを走ったことがあまりなかったので、意思の疎通という点で自分に欠けているものがあったと反省してます。また6位になったマテイ・モホリッチもヴァルターが引っ張って追いつくだろうと思っていた、と言ってますね。

さて、ボーラはと見ると、コンラートとヴラソフがMVDPのグループでゴール。コロナ明けの初レースだったケムナはちょっと遅れて28位ゴールでした。

ケムナの話「ボーラはジャリ道区間でかなり不利な状況になったので、ちょっと追いかけなければならなかった。最後にそれがボディーブローみたいになった。僕自身は第6セクター手前でパンクして、そのあとはずっと一人で走って第7セクター手前でやっと追いつけたけど、そのあとは集団の後ろにしかいられなかった。結局それで精一杯だったんだ。調子はいいと思う。だからそのうち運も結果もついてくるさ。」

このあと、ケムナはティレノ〜アドリアティコへでますね。パリ〜ニースのほうはシャハマンが出るようです。ま、こっちはポガチャル対ヴィンゲゴールで盛り上がるんでしょうけど。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ヘト・ニウスブラットのムールの登り

2023.02.28.15:32

先日ファン・バーレの優勝で終わったヘト・ニウスブラット。最後の山場で、ツール・ド・フランドルでも有名なカペルムールの坂だけピックアップしたYouTubeがありました。



いやぁ、やっぱり前が詰まって一回止まっちゃうと、みんな自転車を押してますね。ギア比が昔とは比べ物にならないくらい軽くなったとは言え、やっぱり止まったらもう乗って走り出すのは無理なんでしょう。

この坂については昔ぐちゃぐちゃ書いたことがありました。あの礼拝堂が見える坂をカペル・ムールと言い、このコースは1981年に初めてコースにしたみたいです。その前のところはムール・ファン・ヘラールツベルヘン、フランス語でミュール・ド・グラモンと言って、それ以前もコースだったようです。実際にカメラつけて走っている YouTube もありますね。



これとGoogleマップで Muur van Geraardsbergen で検索して見るとコースがよくわかります。ヘラールツベルヘンの町からアウデンベルフ通りを登っていき、途中で右に曲がってぐるっと遠回りしてレストラン、ヘメルレイクの脇を通って右へ曲がって礼拝堂の前へ。こんな道をよくもまあ自転車レースのコースに入れたものです 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ユンボ・ヴィスマ、圧勝

2023.02.27.15:14



北のクラシックシーズンを告げる二つのレース、ヘト・ニウスブラットとクールネ・ブリュッセル・クールネは両方ともユンボの選手が優勝でした。一昨日はファン・バーレ、昨日はベノートが優勝、だけじゃなくて、ニウスブラットではラポルトが3位、クールネではファン・ホーイドンクが2位と圧倒的な強さです。日替わりでメンツが変わってますからね。

スペインではグラン・カミーニョ(カミーノって書いてましたがこっちの方がよさそうです)で全4ステージ中3ステージをヴィンゲゴールが優勝、残り一つは中止ですからねぇ。。。

かろうじてUAEツアー最終ステージでUAEのアダム・イェーツが優勝、総合はスーダル・クイック・ステップのエフェネプールが取りましたが、しかし今週末はユンボ圧勝という感じです。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ヘト・ニウスブラットはファン・バーレ

2023.02.26.10:46



昔はヘット・フォルクと言って、北のクラシックシーズンの開幕をつげるレースで、1980年代には日本の自転車競技マガジンでも必ず取り上げられていたレースです。モニュメントのフランドルより距離は短いけど、コースは石畳の登りがいくつもかぶっています。

残り38キロでファン・バーレがアタックしてフェルメールスなど3人がついていくんですが、どんどんちぎれて結局単独逃げ切りゴールでした。ユンボ・ヴィスマ、強いです。去年優勝のファン・アールトがいなくてもこれだし、先日雪でキャンセルになったグラン・カミーノではヴィンゲゴールが圧倒的だし、このチーム力はすごいですねぇ。

一方のボーラ、今シーズンは上位はあっても勝ちがありません。ベネットが一つどっか小さなレースで撮っているだけじゃないかな?

このレースでもポリットが追走集団でゴールスプリントして7位には入りましたが、ポリットのスプリントにかけるってのもね 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

グラン・ピエモンテ

2022.10.07.09:29

去年はボーラのマシュー・ウォールズが誰?って感じで勝ったこのレースhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-4149.html、今年はイバン・ガルシアでした。ちなみに去年のウォールズ、ロードでは誰? でしたがトラックでは結構強豪だったようですが、今シーズンのロードではまた「誰?」に戻っちゃいました。

レースとしては途中の山で集団が分断して、そのままスプリンターグループが取り残されて追いつかずという、あまり面白くない展開でしたが、スプリンター不在の40人ぐらいの先頭集団の最後のスプリントは面白かったですね。最後のコーナーを曲がった時点ではイバン・ガルシア、先頭からたぶん50メートル近く後ろだったんじゃないでしょうかね? 向かい風だったのかな? 前の選手をうまく利用して風よけにしながら上がっていき、最後のトップスピードは群を抜いてました。

あれって、周りの選手が止まってるみたいに見えるんでしょうかね? そういう感覚、味わってみたいものです 笑

ボーラは先頭集団に4人いたんですけどね。ラストコーナーでみんな後ろに取り残された感じでした。秋になってチームの勢いが無くなってるので、もうちょっと目立ちたいところですがね。ロンバルディアはどうなりますか。。。ボーラとしてはトレ・ヴァッリ・ヴァレジーネでポガチャルについで2位になったイギータとヴラソフに期待でしょうか。今シーズンは名前を聞かないコンラートとかに頑張って欲しいけど。。。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

GP モントリオールはポガチャル!

2022.09.12.19:38



ファン・アールトにポガチャルがスプリント勝ちしたとあったので、??? だったんですが、YouTube を見たら納得。

のこり2.5キロからファン・アールトがず〜っと先頭を引いて、ポガチャルは2番手につけてました。ファン・アールトは前に出ろと合図もせず、なんか淡々とゴール前のUターンまで引き続けてましたね。

最後の500メートルぐらいでしょうか、ちょっと登りの直線スプリントでファン・アールトはエネルギー切れって感じでした。

ポガチャルはこれを踏み台に世界戦を狙うと行ってますね。ツールに勝って世界戦にも勝つとなると、グレッグ・レモン以来ですね。(追記: 誰かに指摘される前に 笑)ツールに勝って世界チャンピオンはカデル・エヴァンズがいましたね。)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

オーストリアでもボーラ大旋風 笑)

2022.06.27.14:55

1656257307_1_gross.jpg

TT で勝ったグロースシャルトナーが個人ロードでも優勝ですが、1秒遅れでボーラのチームメイト、ガンパー、ペストルベルガー、コンラート、ハラーが横並びに腕を組んでゴールというボーラの一人舞台、というか、ほぼ談合レースですね 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ドイツ選手権個人ロードは?

2022.06.26.17:46

かなり起伏に富んだ187キロ。ラストは14キロの上りだそうです。ただし、14キロの上りは標高差400メートル程度なので、クライマー絶対有利というわけではなさそう。それだけに下馬票はケムナ一択で、初のダブルチャンピオンの可能性濃厚という雰囲気のようです。

なにしろスイスであれだけ次々にコロナで強制リタイアしたボーラで、シャハマンが無事なはずないよね、と思ってたら、案の定スイス後にコロナ感染で出場できません。また、TT3位のポリットも優勝候補の一人とは言えるだろうけど、ただ同じチームだからなぁ。。。ボーラにはもう一人登りの強いブーフマンもいますが、あまり有力視されていないのはコースのせいでしょうか?

他の有力候補としてはまだTTでトップテン入りしている10代のマルコ・ブレンナーとベテランのニキアス・アルント、スイスでステージ優勝したニコ・デンツ、それとデーゲンコルプがいるDSMや、TT5位のゲオルク・シュタインハオザーと4位のヨーナス・ルッチュのEFエデュケーションというところでしょうか。他の、拙ブログひいきのゲシュケは相棒がスプリンターのヴァルシャイトなのでアシストはほぼないしねぇ。UAEのアッカーマンやクイック・ステップのシュタイムレ、モビスターのカンターといったスプリント系はまずないでしょう。

そして、コースが結構ハードそうだし、ワールドツアーチーム以外の全く無名の選手が出てくるなんてことはないだろうなぁ。まず間違いなくここで名前を上げた選手のうちの誰かが、特にケムナが勝つんじゃないかなぁ。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

エシュボルン〜フランクフルトもボーラ

2022.05.02.00:15

うーん、ラストはずっとデーゲンコルプを追ってたんですが、結局アシストがいなくなって前に出られなくなっちゃって、そのままゴール前の鋭角コーナーに入ったので、集団が伸びて置いていかれちゃいました。

それに対してダニー・ファン・ポッペルのアシストが凄かったですね。詰まりそうなところで、瞬時に左へコースを切って前に出ながら後ろをチラッと見て、もうホントすごかったです。サム・ベネットよりファン・ポッペルの勝利と言いたいぐらい 笑)

でも、ボーラはベネットが来てもスプリントで勝利数を稼げず、イギータやヴラソフやケムナのようなステージレーサーが勝利数を稼いでいるな、という印象でしたが、ベネットもこれで調子を上げていってスプリントステージでの勝利を稼いでいってほしいところです。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ブラバントの矢はシェフィールド

2022.04.14.09:39

いやぁ、最後面白かったですね。イネオスが3人だったのが決定的でした。

しかし、レムコ・エフェネプール、神童と呼ばれ10代でプロになり、そうそうにクラシックのサンセバスチャンに優勝したり、強いのは強いけど、強引だわ。先頭を一番ひいていたと思うし、逃げ潰しも他の選手が牽制している中、決然と一人でみんなを引き連れて追いついちゃうし、自分の力を出し切ることに集中して、かけひきとか関係ないって感じです。あれでスプリントがあればMVDPみたいになるんだろうけどねぇ。。。タイプとして豆タンクみたいな感じで、クライマーになれる体格ではないような気がするけど。。。

しかし、勝つことを目指すんじゃない、全力を出し切ればいいんだ、みたいな美学を感じさせる一方で、みんなにいいようにアシストがわりに使われちゃったという印象です。まあ、イネオスが3人いたから、誰か逃げると他は追わないよね。

というわけで、エフェネプールの目立ったレースでした。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ストラーデ・ビアンケ雑感

2022.03.06.10:04

ポガチャルが50キロ独走勝利でした。あの砂利道で腰を下ろしたままスピードを徐々に上げていって、じわじわと引き離していくのには驚きましたね。特に下りになったところでどんどん差がついていきました。

まだ50キロあるのに、ここでこんな力使っていいのか? と思っていたら途中からスイッチ入ったみたいに逃げ続けちゃいました。

追走集団もどんどんバラけて、アラフィリップを中心に(というかアルカンシェルが目立つので)追走グループができて、そこにボーラらしき緑のマイヨが見えたので、誰だろうと思っていたんだけど、イギータだったようです。

しかし、ツールに何連覇するんだ、状態のポガチャル、すでに今シーズン4勝目だそうですが、年齢を考えると、なんだかとんでもない選手になりそうですねぇ。

ところで J スポーツでは放送開始とほぼ同時に大集団落車の映像が映されてびっくりしましたが、You Tube に切り抜きがありました。アラフィリップ、前方宙返りのあと、間髪を入れずにもう一度前方飛び込み。できるだけはやく後続の選手たちの落車に巻き込まれないように逃げたんでしょうかね? ものすごい反射神経&運動神経です。それでも背中に自転車がぶつかったようですが。。。でもあの飛び込みがなければもっと酷いことになっていたでしょうね。



で、今日からはパリ〜ニース。2連覇中のシャハマンはコロナ感染あけとのことで、全く期待しないでねとのこと 苦笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム