fc2ブログ
2022 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2022 12

1960年代ミロワール誌多数ゲット 笑

2022.10.01.12:25

名称未設定

ヤフオクで1960年代のミロワール・デュ・シクリスムを25、6冊手に入れました。さっそく我が家の悪戯猫がこれ見よがしにクンクン、スリスリ、ゴロゴロしにやってきました 笑) 我が家にはやたらと愛想の良い保護猫のこいつと室内で飼っている野良猫の二匹がいるんですが、野良猫のやつには以前ミロワールの表紙をボロボロにされたことがあるので、気をつけないといけません 苦笑)

もっと古い自転車雑誌だと、以前紹介したル・ミロワール・デュ・スポールや、その後継雑誌 But et Club (以前1952年のコッピのやつを何回かに渡ってここで紹介したことがあります)もあるんですが、日本でも有名だったミロワールの創刊年の号というのが嬉しいです。

ネット検索してみるとミロワール誌は1960年1月に隔月刊で発行されて6号まで出た後、1961年1月から月刊発行になり、ナンバリングも1号からにリセットされたようなことが書いてあります。

というわけで、今回手に入った中で一番古いのがこれ。
IMG_6155.jpg

このクラシックの王者リック・ファン・ローイが表紙を飾っている1961年5月の号はリセット後の第5号というわけです。ちなみにリセット後の第1号は前年末に亡くなったファウスト・コッピへの献呈号だったそうです。見てみたいけど、これはプレミアついているだろうからなかなか出てこないだろうなぁ。

しかしこのミロワール・デュ・シクリスムもフランス共産党系の出版社から出ていたってのが、ちょっと驚きですわ。これは別の号ですが、当時の広告も楽しいです。
IMG_6156.jpg

ビール会社の名称がドイツ語的なのでアルザス地方のビールだろうと思ってググってみたら、たしかにアルザスの醸造所でしたが、1989年に倒産して、現在この名称はハイネケンが取得してアフリカで主に売られているとあります。栄枯盛衰。。。

さて、1961年といえば先日亡くなったゴダールの「勝手にしやがれ」が1960年なので、ヌーヴェルヴァーグのはじまった頃。ルイ・マルの「死刑代のエレベーター」とかトリュフォーの「大人はわかってくれない」とか「突然炎の如く」とか、アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」とか、フランス映画の黄金時代ですね。

届いた雑誌、まだパラパラ見ただけですが、そのうちヒマを見てご紹介していきましょう。ただ製本の質が良くないから取扱注意だな 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



アブデル=カダール・ザーフのこと

2022.03.29.11:24

ちょくちょく上位で見かける名前だな、と思っていたら、ヘント・ヴェフェルヘムでアフリカ大陸出身の黒人種として初優勝したビニアム・ギルマイ。昔のイノーのインタビューで、しばらくすればアフリカ大陸出身者が自転車競技の上位を独占するような時代が来るかもしれないと言ってましたが。。。



ラポルトのアタックに対する反応も、最後のスプリントも勝負どころがバッチリでした。しかしまだ21歳。この先まだ活躍しそうです。というわけでアフリカ大陸出身の選手として一番最初に有名になったのが、表題のアブデル=カダール・ザーフという選手。1950年のツールでレース中にワインをがぶ飲みして倒れて有名になったんですね。

この人は当時まだフランス領だった北アフリカのアルジェリア出身で、イスラム教徒だったそうです。つまり、酒は飲まないんですね。それがこの年のツールはものすごく暑かったそうで、耐えられずに、沿道でよく冷えたワインのボトルを一気飲みして昏倒したと言われています。YouTube に記録映像があります。



映像でわかるように、ザーフは二人で逃げています。そうなんですね。ゴール前30キロ弱の地点では単独でリードして、ほぼこのまま逃げ切りが決まりそうだったようです。

もちろんリタイアですが、これでものすごく有名になっちゃったんですね。日射病と急性アルコール中毒でツールをリタイアした選手ってわけです。人気者になったザーフはあちこちのクリテリウムレースに呼ばれて大金を稼ぐとともに、酒のコマーシャルでポスターにまでなってしまいます。

ザーフ

この時のザーフのチームは北アフリカチーム【当時は国別対抗】で、6人のメンバーでしたが、ザーフ以外はフランスからの移民の末裔で白人種。その点でも珍しがられたのでしょう。ザーフは7年間のプロ生活で、ヨーロッパでのレースでの勝利はありませんでしたが、ツール・ド・フランスに4回出場して、ステージ5位というのが2回あります。このとき酔っ払わなければ、いわゆるアフリカ系初のツールのステージ優勝者として名前を残せたのでしょうがねぇ。というわけで、おそらくその栄誉を担うのはギルマイになりそうな予感が。。。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ツール覇者の身長

2022.01.25.11:39

前のポリットの記事で190センチ以上と言ったわけですが、私が自転車のロードレースに興味を持った頃の有名選手たちってみんな170~175ぐらいの選手が多かったんですよね。

1980年台のツールの優勝者を見てみるとこんな感じ。

1980 ヨープ・ズーテメルク 173cm
1978,79,81,82,85 ベルナール・イノー 174cm
1983, 84 ローラン・フィニョン 174cm
1985, 89, 90 グレッグ・レモン 178cm
1987 ステファン・ロッシュ 175cm
1988 ペドロ・デルガド 171cm

うーん、この資料はウィキペディアの各国語版などから持ってきたものなので信憑性は???です(印象としては、最近実際に並んだことがあるデルガドhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-3184.htmlが171cmもあったかな、という気がしてます 笑)が、いずれにしても170センチ台、それも前半ですね。

なので186cmのインドゥラインが91年から5連勝したのは驚きでした。ただ、その後に続いたビヤルネ・リースもヤン・ウルリヒも183、4cmで、大型で馬力があって、そのくせ長い登りも強いという選手の時代になったのかと思われたのでした。だから大男たちを登りでぶっちぎった172cmのパンターニが人気者になったのも、なんとなく頷けるものがあります。

もっと昔のツールを制覇した有名選手たちの身長もわかる範囲で見ておくとこんな感じ。

1938,48 ジノ・バルタリ 172cm
1949,52 ファウスト・コッピ 177cm
1958 シャーリー・ガォル 173cm
1957,61~64 ジャック・アンクティル 176cm
1969~72, 74エディ・メルクス 182cm
1973 ルイス・オカーニャ 178cm
1965 フェリチェ・ジモンディ 181cm

21世紀に入るとこんな感じ。ちなみに記録を消されたけどアームストロングは177cmだそうです。

2006 オスカル・ペレイロ 177cm
2007,09 アルベルト・コンタドール 176cm
2008 カルロス・サストレ 173cm
2010 アンディ・シュレック 186cm
2011 カデル・エヴァンズ 174cm
2012 ブラッドリー・ウィギンズ 190cm
2013,15,16,17 クリス・フルーム 186cm
2018 ゲラント・トーマス 183cm
2019 エガン・ベルナル 175cm
2020,21 タデイ・ポガチャル 176cm

ツール見たいな長い登りがあるコースだと、どうしても大柄だと不利ですから、ときどき180cm台の選手がでてくるとしても、おおむね170台ということになりますかね。次は世界選手権の優勝者の身長でも調べてみましょうか。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

1990年のパリ~ルーベ

2022.01.15.17:46

1990ParisRoubaix3-500x311.jpg

先日1993年のパリ〜ルーベで、最後のゴールスプリントで8cm差というのをご紹介しましたが、今回はミリ単位の差です(昔のサイスポの記事では 2cm と書いてありますが、P.Sergent: A century of Paris-Roubaix に従います)。



エディ・プランカールトとカナダのスティーヴ・バウアー、それにエトヴィク・ヴァン・ホーイドンクの3人が逃げ続けてルーベのヴェロドロームに入ってきたところで追走してきたマルティアル・ガヤンと、プランカールトのチームメイトのジャン・マリー・ヴァンペルスが追いついて、ヴァンペルスがプランカールトのアシストとして前を引きます。うーん、どの選手も懐かしい名前です。

スプリントだけならプランカールトがスプリンターとして有名でしたが、最後尾につけたヴァン・ホーイドンクがバンクの上に上がって、そこから一気にアタック。バウアーがそれに反応、一テンポ遅れてプランカールトがそれを追い、最後はバウアーをさしたのでした。

でもこの差だと本人たちもわからなかったんでしょうね。どちらもガッツポーズはしません。上の横からの写真で見てもよくわかりませんね。手前がバウアーですが、やはり数ミリ差でしょうか。

この年はドイツ統一の年で、旧東ドイツのオラフ・ルートヴィヒ(16位)やヤン・シュール(25位)、ウーヴェ・アンプラー(30位)やポーランドの前年度アマチュアチャンピオンだったヨアヒム・ハルプチョク(14位)、同じポーランドのゼノン・ヤスクラ(DNF)や旧ソ連のドミトリ・コニチェフ(DNF)と、それまでは西側のプロレースに出られなかった選手たちも出場した年です。特にルートヴィヒは翌年から9位、2位、3位、4位と活躍しますが、現時点までで旧共産圏出身の選手の勝利はジョン・デーゲンコルプだけです。(デーゲも今住んでるのはフランクフルト近郊だから、旧共産圏というのはちょっと無理があるかなぁ。でも、生まれたのは89年1月、まだ東ドイツですね 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

1993年のパリ〜ルーベ

2022.01.10.15:14

1993年のパリ〜ルーベです。ベートーヴェンの7番の交響曲のBGMがなかなか合っています。



というわけで、フランコ・バッレリーニと前年度優勝のジルベール・デュクロ=ラサールのスプリントで、8cm差でデュクロ=ラサールが勝ったんですが、完全に自分が勝ったと思ったバッレリーニ、やっちゃいましたってやつです。これだけ盛大にガッツポーズしちゃったので、現場の場内放送でもバッレリーニが優勝!と流しちゃったそうですが。。。。

というわけで、ゴール後の落胆ぶりが尋常じゃないです。

「もう二度とパリ〜ルーベは走らない。いや、もう二度と自転車には乗らない。なんてこった。全てパーフェクトだったんだ。俺が一番強かったんだ。」(P.Sergent: A century of Paris-Roubaix による)

で、落胆した彼はもう二度と自転車に乗らない、どころかすぐに自転車に乗って1週間後のリエージュ・バストーニュ・リエージュに21位完走、3ヶ月後にはツールでステージ優勝した挙句、「もう二度と走らないと言っていたパリ〜ルーベで翌年も3位。さらに次の95年のパリ〜ルーベでは独走でついに優勝してます。さらに98年には2回目の優勝も果たし、3勝しているモゼールについでP~R複数回優勝のイタリア人となりました。

バッレリーニ、フォームが首が埋まったような肩を怒らせたフォームで、私としてはそれほど好きな選手ではなかったんですがね。この時はラスト30キロをデュクロ=ラサールと二人で逃げ、途中デュクロ=ラサールは自分は去年優勝しているし、今回はもうダメだとブラフを掛けたという話もあり、実際前を引く率はバッレリーニの方が多かったようで、そんなこんなでゴールスプリントも自信があったんでしょうね。

バッレリーニはその後世界選のイタリア代表チームの監督を務めてチポッリーニ、ベッティーニX2、バランと3人、4回の世界チャンピオンを生み出したんですが、2010年に40代半ばで、アマチュアの自動車ラリーの事故で亡くなってしまいました。合掌。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

クリケリオンの自転車

2022.01.08.11:47

1987hitachirossincaludecriquielion.jpg
© https://fortyfour16.wordpress.com(下にリンクしてあるコレクターの方のブログから借りてきました)

正月早々、アメリカのクリケリオンとスプレンドール・ヒタチファンのコレクターとFaceBook でひょんなことから意気投合、友達になってメッセンジャーでやりとりしていました。

クロード・クリケリオン、2015年に脳卒中で58歳で亡くなった元世界チャンピオン。私がこの選手のファンだったことは拙ブログでも何度も書きました。

元世界王者クリケリオン、危篤か?http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-2013.html
クリケリオン、逝去http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-2015.html
クリケリオンのことhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-3743.html
さらにクロード・クリケリオンhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-3744.html
もう一つクロード・クリケリオンhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-3746.html
88年世界選手権、クリケリオ〜〜ンhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-3747.html

これ以外にも87年のスーパークリテリウムのときの話も5回にわたって書いたので、ご興味ございましたらどうぞ。

懐かしのスーパークリテリウム87 サイン会篇http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-17.html

まあ、クリケリオンなんて言われても、日本で名前を知っている人はロードレースにかなりエンスーしちゃってた人でしょう 笑) 昔Jスポの解説で栗村さんが当時好きだった選手としてクリケリオンの名前を上げていましたが。。。

ところが世界にはやっぱりいるんですねぇ 苦笑)冒頭のアメリカ人、やっぱりクリケリオンとスプレンドール・ヒタチのファンで、クリケリオンが実際に乗っていた自転車をコレクションしているそうです。そのブログがこちら。

https://fortyfour16.wordpress.com/2020/05/06/a-second-claude-criquielion-hitachi-rossin-bike-surfaces/

もちろんパソコンの自動翻訳などを利用しながら 笑)読んでみると、なかなか興味深いです。1987年のヒタチ・ロッシンチームでクリケリオンが乗った(おそらく間違い無いでしょう)ロッシンを手に入れるまでの顛末が書かれています。

https://fortyfour16.wordpress.com/2019/05/31/a-look-at-david-verbekens-claude-criquielion-hitachi-rossin/?fbclid=IwAR34lMXBY3T8suEhqLnXUBpBW9spJH9EP0_rL4XL1zr5KjUjJTwu-VZtcCE

こちらはその1年ほど前にクリケリオンが87年のツールで乗っていた自転車を所有しているベルギー人のところでの話。まあ、サイズ的にシートは芯々で540は今僕が乗っているデ・ローザと同じですが、トップが570ってのは、これは乗れないな。しかもステムの突き出しが120なんてのは完全に理解を超える世界 笑)

ようするに手足が長かったんでしょうね。前にも書いたけど、我が家にあるサイン入りのクリケリオンマイヨも、着てみるとお腹が出てしまいます。身長は僕とほぼ変わらないか、むしろ1〜2cmクリケリオンの方が高かったはずなんですが、胴の長さは僕より短かったってことでしょう 苦笑)

むかし市川さんがまだヒタチの選手だった時に聞いた話ですが、ベルギーの自転車屋でフツーに現役選手が使ってた自転車が売ってたりしたそうです。値段的に見ても、それほどびっくりするような値段ではなく、普通に中古の自転車という感じだったと。

ただ、もう亡くなって5年以上、現役時代から数えて30年経っているので、今後はもうそうそう出てこないでしょうねぇ。ヤフオクで出てたら絶対買いたいけどね 笑) ただ、個人的にはロッシンより青と黄色のスプレンドールが欲しいけどね。むろんロッシンの方がずっと綺麗だし上のランクの自転車なんでしょうけど。。。

そういえば私の偽スプレンドール、現在では庭先で雨晒しですが(カバーはかけてますが 笑)、この自転車のことも以前ここで書いたことがありましたっけ。

買い物用駅までロードhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-816.html


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2006年、ジロのイエンス・フォークト

2021.12.27.22:34

あるふぁさんのコメントに触発されて、ちょっと調べてみました。2006年のジロ・ディ・イタリア第19ステージ。

この年のジロは第8ステージでトップに立ったチームCSCのイヴァン・バッソがそのままリードを広げて、終わってみれば2位に10分以上の大差をつけて優勝したのでした。

で、バッソのアシストだったイェンス・フォークト(フォイクト)が見せた19ステージゴール前のの態度。今の自転車競技ではもう見られない格好よさでした。



このステージはサン・ペレグリーノ峠の山頂ゴールステージ。この日フォークトは、バッソのアシストのために逃げに乗って、ずっと集団の後ろでツキイチ。最後の登りでバッソが大丈夫だとわかるとアシストとしての役割を終了し、スペインのマヌエル・ガラテと二人で逃げます。しかしほぼガラテが前を引いて、フォークトはあまり前に出ません。最後ゴール直前になって、フォークトはガラテの横に並んで彼の肩を叩いて「行け!」と言って勝利を譲ります(3時間13分50秒ごろ)。

ゴール後のセリフがなんとも格好いい。

フォークトの話。「このステージでは僕は他の選手の後ろに付いていただけで仕事を何もしなかったからね。勝利にふさわしくないよ。プレステージの高い勝利を捨てたことはわかるけど、ガラテが勝ったのは、彼がそれに値する働きをしたからだ。」

昨今のレースシーンではまずお目にかかれないシーンではあります。たぶん、今のレースでこの時のフォークトと同じことをしたら、ゴール後に監督からこっぴどく叱られるんじゃないでしょうか 笑)

一方、優勝したガラテも感動しています。

ガラテの話。「フォークトが僕にしてくれたことは決して忘れない。いつかお返しをするつもりだよ。ゴールが近くなったら、彼は僕にこう言ったんだ、自分が勝つわけにはいかない。スプリントするつもりはないよ、って。彼がしたことは、彼が競技の面で立派な勝者であることを証明するともに人間的にもグレートで、僕らがやってるスポーツの素晴らしい面を見せてくれたね。」

この時フォークトはツールですでに5年前にステージ勝利を挙げていたし、逃げ屋として有名な選手でしたが、ジロは初出場。というか、この選手の経歴を見ると、この年のジロまでほとんどイタリアのレースに出場してませんね。でも、この2年後、ジロでソロアタックを決めて勝利を挙げていますので、まあ、よかったよかった。



このステージで39位でゴールしたガラテがお返しとして助けてくれたかどうかはわかりません 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

誰だかわかりますか?

2021.10.20.00:32

image_20211020002427ef8.jpeg

右側は今をときめく、ツール連覇でこれから何連覇するのかとちょっと不安な 笑)ポガチャルですが、左は若い人にはわからないでしょうね 苦笑) 1997年のツール優勝者で、その後7連覇が無効になったランス・アームストロングのライバルだったヤン・ウルリッヒです。

「特別な人との特別な出会い。先週僕はパリで現ツール・ド・フランスチャンピオンのタデイ・ポガチャルとカフェで一緒になったんだ。チャンピオン、素敵な話ができて感謝するよ。」

というキャプション付きでFBに載っていて、思わず反応してしまいました。ウルリッヒ、数年前に見た写真よりだいぶ痩せてるような気がするけど。。。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

1952年のツールを古雑誌で(5)最終回

2021.02.18.13:10

IMG_4136.jpg
But et Club. Le Miroir des Sports の7月18日号です。表紙は総合トップのコッピ、二位のオケルス、そして後ろにロビックです。

今日は18ステージから。バニエール・ド・ビゴールからポーまでの149キロの山岳コースですが、ここで勝ったのもコッピでした。

IMG_4137.jpg
ピレネーでも勝者はコッピというわけで、ピレネーを自分のテリトリーとしていたロビックとしては悔しくてたまらなかったことでしょう。上の大きな写真はトゥルマレ峠へ向かう途中の村、サン・マリー・ド・カンパンを行く先頭集団です。この村はツール黎明期の伝説の村ですね。1913年、トゥルマレ峠でフォークを折ってしまった総合トップのユジェーヌ・クリストフがこの村までトボトボと歩いてきて鍛冶屋で道具を借りて自力でフォークの溶接をして走り続けたという、ホントかあ??という逸話が残っています。

右の写真は無論コッピで、キャプションではトゥルマレ峠の頂上4キロ前でアタックするともう誰もついてこれず、淡々としたペースでハンドルの上を持って走り続けたと。したの小さいのはそのコッピを必死で追うオケルスとカレアで、ロビックはすでに千切れているようです。

IMG_4138.jpg
上の表題はマイヨ・ジョーヌが灰色のオービスク峠を突き進むみたいな意味のようですが、写真はトゥルマレ峠の頂上を通過するオケルスとカレアで、さらに100メートルぐらい後ろにロビックとジェラベールが見えています。

IMG_4139.jpg
こちらがトゥルマレ峠(左)と霧のオービスク峠を単独先頭通過するコッピです。

IMG_4140.jpg
このままコッピが独走で優勝するかと思っていると、残り15キロで追走グループのルイス(総合3位)、オケルス(総合2位)、ロビック、ボーヴァンに吸収されます(上)。散々一人で逃げ続けてきたので、現代の常識ではもうここまでですけど、この時代はそうではないんですね。

アタック合戦に乗じてコッピが残り3キロでアタック。単独でゴールです(真ん中右)。下は2位争いで、オケルス(左)とロビックの小柄な二人の猛烈なスプリント。

19ステージはポー〜ボルドーの平地195キロ。ここではオランダ人のハンス・デッケルスという選手が逃げ切り優勝。続く20ステージはボルドからリモージュへの平地228キロで、こちらはフランス人のジャック・ヴィヴィエという選手が同じく僅差の逃げ切り優勝となりました。

このステージではこんな写真も掲載されています。
IMG_4144.jpg
これ今やったら全員失格ですね。でも80年代のレースシーンでは、審判まで遮断機を持ち上げるのを手伝ってるシーンがありました 笑)

そして21ステージ。リモージュからピュイ・ド・ドームへの上りゴールの245キロ。ピュイ・ド・ドームは史上最高のツールと言われる64年のアンクティルとプリドールの一騎打ちで知られる山で、九十九折で登っていくのではなく、螺旋階段のように、山の周りをぐるっと回って登っていくんですね。(アンクティル対プリドールについてはかつて書いたので詳しくはそちらで。)

IMG_4141.jpg
表題はピュイ・ド・ドームでのコッピのジャンプ前の小競り合いみたいな意味でしょうか? 右下はゴールまで50キロの時点で逃げる3人。左からバルタリ、ジェミニアニ、そしてプロ入りしたての12ステージの勝者オランダのノルテンです。

IMG_4146.jpg
こちらはピュイ・ド・ドームの登り口での3人。三者三様のスタイルで登って行きます。

IMG_4145.jpg
こちらもピュイ・ド・ドームの戦い。上の写真が逃げる3人で、このちょっと後に、写真では一番辛そうに見えるノルテンが二人を切り離し単独で逃げて行きます。

中段の三枚は後ろで追いかけるコッピ、オケルス、ロビックの姿。しかし写真にはないんですが、コッピがここからアタックしてバルタリとジェミニアニに追いこし、ノルテンに追いつくとそのまま後ろで体力温存。ゴール400メートル前でアタックして、ゴールではノルテンに10秒差をつけて優勝(下)しました。

これには後日談があって、翌日のステージでコッピがわざわざノルテンのところにやってきて、最後にツキイチで前に出なかったことを詫びたそうです。同時に、ノルテンの将来性を称揚していつかチャンピオンになるだろうと言ったそうです。

しかし、その後のヤン・ノルテンはツールとジロでステージ優勝を1回ずつ挙げただけでした。この雑誌でも将来コーブレットのようになるだろうと書かれていますが、事故や怪我で才能を発揮できなかったようです。フーゴー・コーブレットについてはこちら

IMG_4147.jpg
さて、52年のツールを取り上げる最後の号は7月21日号です。表紙は表彰式でのコッピ。肩からかけているのが優勝者へ与えられるタスキですね 笑)

その前に第22ステージはクレルモン・フェランからヴィシーまでの63キロのTTステージでした。このステージは途中経過を見ると、フィオレンツォ・マーニとスタン・オケルスのかなり激しい鍔迫り合いだったようで、ラスト20キロの途中の通過タイムは常にこの両者が互いに2秒とか3秒の差でトップタイムを出し合っていますが、ゴールでは結局2秒差でマーニが優勝です。コッピは休息日 笑)で3分遅れの14位でした。

そして最終ステージ。23ステージはヴィシーからパリまで。距離はなんと最終日にして354キロって、これ何やねん? 嫌がらせ? 完走した選手へのご褒美でしょうか 苦笑) レースは結局15人ぐらいの集団が80キロ地点から逃げて、280キロ近く逃げ続けてスプリントとなり、フランス人のアントナン・ロランという選手が優勝でした。

IMG_4151.jpg
これは表彰式前後のコッピの百面相。表紙の写真もこのシリーズの一つでしょう。

IMG_4153.jpg
こちらは表彰式と凱旋周回の様子ですね。当時は最終日はパリのパルク・ド・プランスという自転車競技場がゴールになっています。

IMG_4154.jpg
こちらは総合2位のスタン・オケルスと3位のベルナルド・ルイス。まあコッピがオケルスに28分差をつけてぶっちぎっちゃったので、2位や3位は影薄いです。ちなみに4位はジーノ・バルタリ、5位に大口叩きのジャン・ロビック、6位に第三の男フィオレンツォ・マーニとなってます。

というわけで5回に渡って1952年のツール・ド・フランスをBut et Club. Le Miroir des Sportsというスポーツ専門写真週刊誌を元に見てきました。最後までお付き合いくださった方にお礼申し上げます。この週刊誌はまだまだたくさんあるので私としても見切れてないし、少しずつ今回のような形でまとめておきたいと思っていますが、果たしていつになることやら。。。何しろフランス語はね、自動翻訳と辞書とで格闘しなけりゃならないので 苦笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

1952年のツールを古雑誌で(4)

2021.02.17.15:17


But et Club. Le Miroir des Sports の7月14日号です。表紙はコッピとジェミニアニです。ピレネーのペイルスールド峠の写真。自転車のパーツ関連はどうも知識不足ですが、ジェミニアニのブレーキはマファックのセンタープルでしょうか?写真で見ると結構これ使っている選手が多いですが、コッピは私の世代では見慣れたサイドプルのカンパでしょうか。

胸のポケットにチューブラータイヤ襷掛けで鬱陶しいだろうなぁ。胸のポケットも便利そうだけど、いろいろ入れるとかなり邪魔そうでもあります。

IMG_4121.jpg
第15ステージはアヴィニヨンからペルピニャンへの255キロ。上はニームにあるローマ時代の遺跡の前をサイクリングペースの集団。下は先頭を逃げるジョルジェ・デュコーと、バルタリのアシストとして有名なジオヴァンニ・コッリエリ。結果的にはフランス人デュコーがアタックして、ゴールではコッリエリを9分近く引き離して優勝ですが、後ろの追走集団はほぼ25分遅れっていうのが、まあ、今日の目からするとびっくりですね。

16ステージはペルピニャンからトゥールーズへの平坦な200キロで、スタート前のインタビューでロビックだけは相変わらず敗北を認めず強気の発言をしていたようです。最近はこういう破天荒な選手っていなくなってしまって、みんな優しく穏やかで慎み深くなってしまったような気がしますね 笑)

IMG_4126.jpgIMG_4127.jpg
このステージも暑かったようです。上の写真には、選手たちは泉の誘惑に耐えられなかったと表題がついてます。しかし得体の知れぬ泉の水なんか飲んじゃって大丈夫なんでしょうか 笑) よく旅行ガイドブックなんかではヨーロッパの水道水はそのまま飲まないほうがいいと書いてあるし、実際私の友人は水道水飲んで下痢になったと言ってましたがね 笑)

このステージの勝者はアンドレ・ロッセール。第二ステージに続いてこのツール2勝目です。このステージは10人以上の集団スプリントで決着したようです。

で、休息日。選手たちの様子です。
IMG_4130.jpg
コッピ(左上)とバルタリ(左下)は別格で一人ベットに横になってますが、アシスト選手たちは相部屋なんでしょうか。右上は当時の有名な歌手のティノ・ロッシからインタビューを受けるロビック。右下はジェミニアニが夫人と少し前の But et club 紙を見ているところです。

で、いよいよ17ステージはトゥールーズからバニエール・ド・ビゴールまでの山岳コース204キロ。
IMG_4128.jpg
左の教会の前を登るのはアレス峠でアタックしたドットという選手。右下はペイレスールド峠で先行する有力選手たちです。左からコッピ、ジェミニアニ、オケルス、ジェラベール、ロビック。

IMG_4131.jpg
上記の5人からペイレスールドの頂上でジェラベール(右)がアタック、ロビックがそれに反応しますが、山岳賞はジェラベールです。後ろに小さく見えるのがコッピですね。

IMG_4132.jpg
しかしこの下りでアタックしたのはジェミニアニでした(左)。そのまま次のアスパン峠では後続に1分ほどの差をつけ、ゴールのバニエール・ド・ビゴールでは1分以上の差で単独ゴール。2位争いは20人弱の集団ゴール(右の一番下)。

IMG_4133.jpg
ゴール後はさしものラファエル・ジェミニアニといえども食前酒サン・ラファエルというわけにはいかず、ペリエです 笑) 第8ステージに続いて2勝目。 つづく


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

1952年のツールを古雑誌で(3)

2021.02.16.14:34

IMG_4106.jpg
But et Club. Le Miroir des Sports の7月10日号です。表紙は強気の発言で人気者だったジャン・ロビック。戦後再開第1回目の47年のツールで最終日に逆転優勝した選手です。最終日に逆転というのはTT以外ではこのロビックだけ。

何しろ言いたい放題で、この次の年から3連覇する同郷のルイゾン・ボベをガキ扱いして「俺が面倒見てやらあ」と馬鹿にし、コッピもバルタリもちっとも怖くねえ、とホラ吹きまくり 笑) そのくせ走り方は顔を歪めて体を振りながらスピードを上げ下げさせるインターバル的な走り方だったようで、写真からもわかるように悲壮感あふれる魅力的な雰囲気を持っています。大変な人気者だったようです。

名称未設定
第12ステージはセストリエールからモナコへの山岳ステージ251キロ。ですが、表紙を開くと出てくるのがジノ・バルタリがファウスト・コッピにホイールを渡したという文字と写真。マイヨ・ジョーヌのコッピ(真ん中カスクの選手)がパンク。すると10年来のライバル(「良き」ライバルでは決してなかったわけですが)だった老バルタリ(右・背中を見せている)が止まって自分のホイールを差し出します。

このステージでは砂利道でコッピはチェーンを外したり(下左)、ゴール6キロ手前で再びパンクしてフィオレンツォ・マーニからホイールを受け取ったり(下右)。

このステージで優勝したのはオランダ人ヤン・ノルテン。この選手はこの年6月にプロ入りしたばかりで、まだプロのキャリア1ヶ月という選手でした。このオランダ人、この後も大注目を浴びる若手選手となります。ちなみにこのステージも1位は単独逃げきりで2位にほぼ1分半の差をつけてます。
IMG_4115.jpg
伴走車が時代を語りますね。

IMG_4111.jpg
13ステージはモナコからエクサン・プロヴァンスの平地ステージ214キロ。左の写真はモナコをバックに海岸沿いを走る集団。白黒ですが、なんとも華やかな感じです。右ページ上左はゆっくり走っていた集団の中でコッピが落車し、すかさずアシスト(ゼッケン31)が自分の自転車を差し出しているところです。自転車を直したらこのアシスト選手が乗って追いかけ、追いついたところで改めてコッピと自転車を交換したとあります。このステージの優勝はフランスのラウル・レミイという選手。3人のゴールスプリントだったようです。

14ステージはエクサン・プロヴァンスからモン・ヴァントゥを超えてアヴィニヨンへの178キロ。この号の表紙がロビックだったのはこのステージの勝者だからです。

IMG_4110_20210216142421aa7.jpg
写真はヴァントゥへ向かう途中のようです。ピストバンクのような傾斜したコーナーの下方をいくのがロビックです。チェーンの様子からかなりの凸凹道のようですが、上も完全に砂利道ですね(写真をクリックすると大きくなるはずです)。

IMG_4113.jpg
こちらはコッピとバルタリを含む追走グループがヴァントゥを登るところです。結局ロビックが2位のバルタリたちに1分半以上の差をつけてゴール(下右)。

総合は相変わらずコッピが2位のスタン・オケルス(上の追走グループの真ん中小柄な選手)に25分以上の大差をつけています。(つづく)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

1952年のツールを古雑誌で(2)

2021.02.15.10:56

IMG_4072.jpg
But et Club. Le Miroir des Sports の7月3日号です。表紙は第8ステージで勝ったフランスの人気選手ジェムことラファエル・ジェミニアニ。

IMG_4073.jpg
さて前日に続き、第6ステージはナムール〜メスの228キロ。このステージも山岳ではないのに2位に5分半以上の差をつけてイタリアの第三の男と呼ばれたフィオレンツォ・マーニ(右上 この年のイタリアチャンピオン)が逃げ切り優勝です。この選手については書いたことがありました。これによってマーニがマイヨ・ジョーヌとなります。

IMG_4074.jpg
このステージは熱い日で、第1ステージ優勝のファン・ステーンベルヘンは途中の水飲み場で水浴びを始めてそのままリタイアしました。このファン・ステーンベルヘンという選手、クラシックを得意としていて、当時のベルギーでは人気ナンバーワンだったそうですが、その年のクラシックに一つでも勝てばあとはどのレースに出るかは自分で決められるというような契約だったと言われていて、この年もパリ〜ルーベに勝っていたので、暑いし辛いし総合上位無理のツールは顔見せでさっさと辞めちゃったようです。今では考えられない契約です 笑)

IMG_4075.jpg
また後ろの集団で落車やパンク、メカトラが多かったようで、コッピもパンクしています。

IMG_4076.jpg
第7ステージは個人TT。メス〜ナンシーの60キロで、これはコッピの圧勝でした。

IMG_4077.jpg
途中前輪のパンクがあって大きくタイムロスしたにも関わらず、最終的には2位に30秒以上の差をつけています。

IMG_4078.jpg
第8ステージはナンシー〜ミュールーズの252キロ。このステージはアルザス地方の小さな山をいくつか越えるステージでしたが、ジェミニアニがやっぱり5分以上の差で単独逃げきりに成功です。

IMG_4079.jpg
彼が勝ったことを伝える紙面の端にはちゃっかりコマーシャルが 笑) サン・ラファエル・カンキナという食前酒です。スポーツマンのための食前酒だそうです 笑) ジェミニアニのファーストネームがラファエルなので、55年からこのメーカーをスポンサーにしたチーム、サン・ラファエル・ジェミニアニというチームができ、もちろんそのエースが彼となります。彼は自転車のプロチームが一般企業をスポンサーにした最初の選手の一人です。

IMG_4080.jpg
続いて7月7日号はもちろんコッピが表紙ですが、隣でフランスのクライマー、ル・ギュイが頑張ったことも。

IMG_4081.jpg
第9ステージはミュールーズからローザンヌの238キロ。9人の逃げが決まって、そのままゴールスプリントでスイスのヴァルター・ディッゲルマンが優勝しますが、普段はトラックの、しかもドミフォンを専門とする選手だったようです。

IMG_4082.jpg
そしてとうとう、ツール初登場、今ではツールのきつい登りの代名詞にもなっているラルプ・デュエズ山頂ゴールステージの第10ステージです。上の右側はスタート前のバルタリとコッピ。真ん中右側はこの時代のツール名物のホースによる水掛けですね。カスクの選手はビックマウスで有名な自信屋ジャン・ロビック。下の写真が面白いです。今ではありえないけど、道端にコカコーラのトラック(キャラバン隊の一台だそうです)が止まって選手たちが殺到しているシーンです。まだ缶ジュースがない時代でコーラもビンですね。栓抜きはあったんだろうか? いずれにしてもかなり熱い日だったようです。

IMG_4083.jpg
左端からちょっと切れちゃったけど、このステージで勝負するぜ!と大言壮語のロビックが登りに入り、トレードマークのカスクをかなぐり捨ててアタック。後ろではコッピやバルタリをはじめクライマーたちがサバイバルレース。右ページの上は逃げていたロビックにコッピが後ろから迫ります。そしてゴールではコッピがロビックに1分20秒の差をつけてゴール。とうとう本命コッピがマイヨ・ジョーヌとなりました。右側の二つの写真をちょっと大きくしておきます。
IMG_4084.jpg

IMG_4085.jpg

休息日を挟んでの第11ステージもブール・ドワザン〜セストリエールの上りゴールステージ。

IMG_4086.jpg
ガリビエ峠の上りでアタックしたコッピ(上)は頂上を2位に3分近い差をつけて通過し、その後もモンジュネーブル峠では2位に4分半、ゴールのセストリエールでは7分以上の大差をつけてゴールです。一方コッピがアタックした直後にパンクに見舞われたジャン・ロビック(下)は、モンジュネーブル峠ではコッピとの差を2分ほど縮めたのですが、ゴールでは11分以上遅れて万事休す。

IMG_4087.jpg
コッピはキャプションによれば、ほとんど全力を出すことなく淡々と昇り続け、ライバルたちには彼を止める力はなかったとあります。

IMG_4088.jpg
ちなみにジェミニアニとサン・ラファエル・カンキナのコマーシャルがありましたが、今度のこれもコマーシャルなのか? ゴール後のコッピが「俺のペリエを!」を言ったそうです。(隣はイタリアチーム監督で伝説の選手ビンダ)

さて、この時点で総合2位に20分近い大差をつけてますから、ほぼ52年のツールの総合争いはコッピで決まってしまったわけですが、まだやっと中盤です。この後も最後まで見ていきましょう。(続く)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

1952年のツールを古雑誌で(1)

2021.02.14.16:53

image_20210214161944392.png
   1952年ツール・ド・フランスコース

オークションなどで大量に手に入れた昔の自転車雑誌、そろそろ少し整理したいと思いながら、号数順に並べるぐらいしかできてません 笑)

今回は But et club, Le miroir des sports という1920年に創刊され、いろいろ名前を変えながら1968年まで続いたスポーツ専門の写真週刊誌をご紹介。まあこれもたくさんあるんですが、今回は1952年のツール・ド・フランスの期間中に出た7冊です。週刊誌といいながら、発効日付が4日に一回ぐらいの割合で出ているようで、この辺りどうなっているのかよくわかりません。いずれにしても、TV放送がなかった時代、速報はラジオとレキップ紙が頼りで、数日遅れでこうした写真週刊誌でレースの細かい状況を反芻するというのが正しいスポーツファンのあり方だったのでしょう。
IMG_4063.jpg

6月25日から始まったこの年のツール、雑誌の方は6月30日号が最初でその前の号が欠けているのでツールの下馬評などは見られませんが、この号では第1ステージから第5ステージが詳しく紹介されています。表紙は第5ステージで2位に入ったコッピ。キャプションにはコッピ早くも牙を剥く、みたいなことが出ているので、この年のツールはジロでも総合優勝したコッピが49年についで2度目のダブルツールを達成するかが注目の的だったのは間違いありません。
IMG_4064.jpg

最初のステージはブレスト〜レンヌの246キロ。グランデパールのブレストのお祭り騒ぎは今も変わらないですね。左の方で選手たちがいろいろふざけあっている写真が載っています。
IMG_4065.jpg

でレースが始まります。
IMG_4066.jpg

集団の先頭にはコッピも時々顔を表すけど(真ん中の右側の写真の左端がコッピです)、3人の逃げが決まって、結局レンヌの競技場でのスプリントはリック・ファン・ステーンベルヘン(リック1世)が圧勝(一番下の写真)。まあ、ファン・ステーンベルヘンは2回世界チャンピオンになっているスプリンターですから、「大した努力もせずに快適な勝利を収め、今年最初のマイヨ・ジョーヌ」とキャプションにはあります。ちなみにコッピは6分半遅れの大集団ゴールですね。

IMG_4067.jpg
第2ステージはレンヌからル・マンまでの181キロ。ここでは6人ほどの逃げが決まって、ベルギーのロッセールという選手がステージ優勝ですが、後ろの大集団で頭をとったのは、やっぱりファン・ステーンベルヘンでした(下の左側)。

IMG_4068.jpg

第3ステージ、ル・マンからルーアンはフランス人のロールディ(ゼッケン37 )とゴーティエという二人が逃げてロールディが優勝し、ボーナスタイムもあって総合トップになります。

第4ステージはルーアンからルーベへの232キロ。無論北の石畳が見どころです。
IMG_4069.jpg

IMG_4070.jpg
優勝はモリネリスという選手(右上横向き)で2位に2分半の差をつけて独走ゴールです。この時代、ライバルチームの逃げを、身を粉にして追いかけ、追いついたらそこで役割終わりという現在のアシストのシステムはないですから、結構簡単に逃げが決まります。しかもタイム差は審判や監督の車が頼りだしね。

第5ステージはルーベからナムールの197キロ。ここでも逃げが決まって、最後は一人独走でルクセンブルクのディーデリヒ(下の写真の左上真ん中の小柄な選手)が2位に5分以上の大差をつけてゴールですが、総合は相変わらずロールディのままです。
IMG_4071.jpg

ただ、表紙でも見たようにこのステージ2位はコッピで、上の写真の右上のコッピの写真のキャプションは、後半でカウンターアタックを決めたコッピは先行する選手たちを一人、また一人と追い抜いていくが、ディーデリヒには追いつかなかったというようなことが書いてあります。そして、コッピの総合は一気に6分差の5位へジャンプアップ。

この年のツールの最大の見所はツール史上初の山頂ゴールとなった第10ステージのラルプ・デュエズ、11ステージのセストリエール、21ステージのピュイ・ド・ドームの三つのステージで、コッピが果たしてこの三つのステージでどう戦うか、だったわけですが、山が始まる前にすでに総合で上位に位置されてはね。というわけで次は2冊まとめて第11ステージのセストリエールまで見てみましょう。(つづく)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

1969年ミロワール、ホーデフロート

2021.02.01.12:40



古いミロワールの話題です。69年4、5月号の表紙はヴァルター・ホーデフロートという選手です。20世紀からのファンなら、あのビヤルネ・リースやヤン・ウルリッヒのチーム・テレコムの監督だと思い浮かぶでしょうか?

何しろ69年はメルクスの全盛時代で、毎年のように年間50勝しちゃうようなとんでもない選手と一緒にレースを戦わなくちゃならないなんて、まあお気の毒ですわなぁ。そんな中にもメルクスをやっつけた選手が何人か、名前を残します。ヴァルター・ホーデフロートもそうしたうちの一人です。

69年のメルクスは前に書いたようにツール・ド・フランス初出場で六冠王 笑)でしたが、五大モニュメントもミラノ〜サンレモとツール・ド・フランドル(ロンデ・ファン・フラーンデレン)、リエージュ・バストーニュ・リエージュの三つで優勝、パリ〜ルーベは2位(ジロ・デ・ロンバルディアは不出走)という成績ですからね。今ではちょっと考えられないですねぇ。

そんな中でパリ~ルーベでメルクスを破ったのがこのホーデフロートでした。写真の自転車のサイズからも分かるように、比較的小柄なスプリンターでプロのキャリアはぼほメルクスとかぶっていますが、プロ15年間で163勝してますね。日本人としてはアマチュア時代の64年の東京オリンピックのロードの銅メダリストだという点が重要かな 笑)あ、モニュメントには4勝してます。それから、ツールの最終ステージがシャンゼリゼになったのは75年からなんですが、その映えある第一回シャンゼリゼの優勝者でもあります。やっぱりロードレースの歴史に名を残す選手の一人でしょう。

さて、ページを開くとメルクスやジモンディがいたにもかかわらず、ホーデフロートが凱旋!というキャプションとともに単独で逃げる写真です。

IMG_4045.jpg

左のページではフランスの人気者プリドールがリタイアするのと、最終的にトップ5が出る逃げ集団の様子が写ってます。この集団もホーデフロートのアタックででき、この集団から単独アタックを決めて勝利するわけです。調子も良かったしモチベーションも高かったのでしょう。

表紙のカラー写真でもわかりますがバーコン使ってますね。この人の他のレースでの写真を見るとノーマルなダブルレバーなので、これはパリ〜ルーベに特化した仕様ですね。

ホーデフロートは独走で2位のメルクスらに2分39秒の大差をつけてゴール。追走集団には他にもジモンディ(1965年優勝)とデ・フラーミンク(4回優勝)がいて、このメンツで優勝は孫子の代まで誇れるでしょうね。

結果を見ると、メルクスはこの次のモニュメント、LBLでも優勝しますからもし仮にこのゴーデフロートがいなかったら、メルクスのモニュメント4連勝なんてとんでもないことになっていたところでした。

IMG_4046.jpg
途中では雪の舞い散ることもあったようです。最近のパリ〜ルーベでは雪はおろか雨もほとんど降らないですね。

IMG_4048.jpg
右はホーデフロートのゴールシーン、左は第二集団(2位争い)と第三集団(6位争い)のゴールシーンです。で、YouTube を検索するとありました。残念ながらちょっと上下に潰れ気味の画面と無音ですが、雰囲気は感じられますね。




よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

1969年ツール直前のミロワール

2021.01.27.17:02

IMG_4038.jpg

古いフランスの自転車雑誌ミロワールの話題です。69年6月号。表紙はプリドール、ジモンディ、パンジョン、メルクスの4人がカラーですが、中は藁半紙みたいな紙に白黒写真。1969年というと僕は中学2年か?あんまり思い出したくないですねぇ 笑)

「誰も彼も青春を失敗したのだ」(友川カズキ)

あの個人的にはとても恥ずかしい時代に地球の裏ではこんなことで盛り上がっていたんですねぇ。無論私はまだ自転車ロードレースの存在など知らず。ネットで調べると、アポロ11号の月面着陸の年ですね。夜中に起きて一家でTVの前に座ってましたが、別に月の表面にアポロが着陸する画面が映るわけでもなく(当たり前ですね 笑)到着しましたとアナウンサーが言うだけ。翌日に同時通訳付きで月面を動くアームストロングとオルドリンの映像を見たのでしたっけ。

ヒット曲を見ると由紀さおりの「夜明けのスキャット」! 映画は洋画では「空軍大戦略」を父と一緒に観に行ったのでした。

というわけでミロワールに戻って中をパラパラ見ると、優勝予想です。
IMG_4039.jpg

左からメルクス(初出場)、ジモンディ(65年優勝)、ヤンセン(68年優勝)、ファン・スプリンゲル(68年2位)、プリドール(万年2位)、パンジョン(67年優勝)、エマール(66年優勝)、アンクティル(5勝)、上から山岳、TT、スプリント、レースへの情熱、肉体的耐久性、精神的耐久性、経験、アシスト、トータルと20点満点で点数がつけられてます。

数字的にはメルクスが150点で2位はアンクティルが149点。ただし、表の上の説明によると、このアンクティルに関しては5勝した当時の数値のようです。69年当時のアンクティルではなく、全盛時のアンクティルも含めることで、それにも1点勝っているメルクスの強さがわかるようにしたわけでしょう(アンクティルはこの年のツールに出てないし、この年を最後に引退します。)。

まあ、結果はこの通りで、この年ツールに24歳でデビューしたメルクスは総合で2位のパンジョンに18分近い大差で優勝し、チーム賞、山岳賞、ポイント賞、それとこの年にあったコンビネーション(ポイント+山岳)も獲得。まあ、上の表でいくと、メルクスだけ全部25点だったって感じですかね 笑)

さらに、この年にはなかったけど、25歳以下の新人賞があればこれも取ってましたね。実質6冠王 笑)ステージも6勝し、11のステージで3位以内。無茶苦茶ですね。それ以上に特筆されるのが17ステージのピレネーの名だたる山岳コースでの独走勝利。YouTube に1分半程度ですがありますね。


いやあ、アナウンサーならずとも、ブラボー、メルクス、ブラボー、メルクスです。後ろで総合2位と3位のパンジョンとプリドールらが追いかけるけど、もう諦め気味ですね。このステージの前の時点ですでに2位に8分差だったんですけど、このステージでさらに8分の差をつけてますからね。ものすごいわ。

というわけで最後にアンクティルとマイヨジョーヌのメルクスのツーショット。
IMG_4040.jpg

キャプションは象徴的な握手であるとともに二つの世代間の権威移譲でもあるというようなことが書かれています。しかしメルクス、マイヨジョーヌをズボンにインしてますね 笑) 今では絶対に誰もやらないスタイルです。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スプレンドールからヒタチへ

2020.06.27.15:50



先日ヴィッケス・スプレンドールのマイヨを手に入れたので、スプレンドールって幾つになったかな、と数えだしたらスプレンドールの後継チームベルギー・ヒタチチームのマイヨもいくつか出てきました。額に入っているクリケリオンのサイン入りの袖口と襟にアルカンシェルの入ったのも入れると全部で10着。写真左端はヒタチのレーサーパンツですが、これは市川さんからの頂き物で、サイズが小さすぎて入らないので履いたことはないんですが、もう20年も前のものなので裾のゴムなどが劣化、生地自体もかなり劣化してます 笑)

他にも真ん中あたりのオレンジのヒタチ、これも86、7年のものですが、これはもうとっくに入らなくなってます 苦笑)

スプレンドールは自転車メーカーだと思っていたんですが(ウィキのオランダ語版では電球などのメーカーと出ているけど、多分これは間違いでしょう)、よくわかりません。市川さんがヒタチに入った時はすでにスプレンドールはスポンサーを降りているので、聞いたことがありません。スプレンドールという自転車が存在していたことは確かなんだけど、こんなマイナーなメーカーが8年間もプロチームのスポンサーなんかできたのかどうか。。。

CYPRESSさんが教えてくれたスプレンドールの自転車の写真はこちら

まあ、それはともかく、1979年(写真の右から2着目の肩が紺色のもの)から86年までチームスポンサーになっていました。お腹が格子模様になっているのがそのマイヨです(右端のアルカンシェルも)。ヒタチの1年目までですね。2年目からヒタチはロッシンに、そしてエディ・メルクスになってしまいました。

しかし、やっぱりスプレンドールの肩が青い奴がやっぱり一番綺麗かな。

追記
ウィキのイタリア語版に79年から89年までの年別のこのチーム(スプレンドールからヒタチ)のスポンサーが列記されてますね。こちらから


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ついにゲット! ヴィッケス・スプレンドール

2020.06.23.19:01

スプレンドールというチームとマイヨについては以前も書いたことがありました。
「スプレンドールのマイヨ」へ

あの時に書いたヴィッケス・スプレンドールのマイヨ、ついに手に入りました 笑)
IMG_3863.jpg

これはスプレンドール・ヴィッケス・バウマルクト。以前紹介した83年のスプレンドール・ユーロ・ショップの前の82年のマイヨです。以前のやつはこれ。

DSCF8032_convert_20130727235654_20200623184459044.jpg

あとは80年のスプレンドール・アドミラル、81年のスプレンドール・ユーロデコール、84年のスプレンドール・モンディアル・モケットの3つがどこかで出ないかなぁ。。。ネット検索すると古着屋で81年のユーロデコールは出てたことがありますね。すでに在庫なしになってるけど。。。残念。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

メルクス、75歳。

2020.06.19.09:43

一昨日ですね。メルクスの誕生日は。ツール・ド・フランスで5勝、ジロ・ディ・イタリアでも5勝、ツールのステージ優勝34勝、マイヨ・ジョーヌを着た日数96日。「人食い人種」(カンニバーレ)と呼ばれた史上最高の選手エディ・メルクスが一昨日75歳になりました。

メルクスは誰にも勝たせようとしない、と言ったチームメイトのクリスチャン・レイモンの言葉を耳にした彼の娘が、まるで人食い人種ね、と言ったのが、そのまま彼のニックネームになったそうです。

確かにメルクスが最初にツールに出場した1969年には、総合優勝だけでなく山岳賞もポイント賞も独り占めですからね。プロとして走った1966年から78年までの間で、世界戦3勝、5大クラシック(ミラノ〜サンレモ、ツール・ド・フランドル、パリ〜ルーベ、LBL,ジロ・デ・ロンバルディア)19勝、ダブル・ツール4回、1974年にはツール、ジロ、世界戦のトリプルクラウン達成、とまあ誰もが認める史上最高の選手でしょう。

去年の秋に友人たちとのサイクリング中に落車して病院に運ばれたんですが、それも完全回復しているようで、現在は週に2、3回、一回に50〜70キロぐらい走っているとのことです。うーむ、週に100〜150キロぐらい走っているってわけですね。10以上年下の僕もそれを目標にしようと言っておきます 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ジャモリダン・アブドジャパロフのこと

2020.06.14.15:13

2bb2a.jpg

オラフ・ルートヴィヒの時に紹介した1988年のソウルオリンピックの映像で、ルートヴィヒが逃げた後、一瞬の躊躇の後に後ろから追いかけたそうに画面に入ってくる赤いマイヨの選手がアブドジャパロフですね。結果的には5位に終わってしまいましたが、この選手はルートヴィヒより4歳若く、ピースレース(クールス・ド・ラ・ペ)デビューは87年からですね。

初登場のこの東ヨーロッパナンバーワンステージレースで3勝を挙げ、すでに1980年以来30勝以上していたルートヴィヒの最大のライバルになります。

翌年1988年のピースレースでは第1ステージで1位アブドゥ、2位ルートヴィヒ。第4ステージ、第8ステージ、第11ステージでは1位ルートヴィヒ、2位アブドゥと熾烈ですねぇ。多分後輩のアブドゥがルートヴィヒを徹底的にマークしていたんでしょうね。

1990年に両者ともにプロ入りし、アルファ・ルムという旧共産圏からプロ入りした選手たちで構成されたチームに加入したアブドゥは、ツールに参加するも、パリで4位が最高順位で、そもそもスプリントにもなかなか参加できず、パナソニックという強豪チームに入ってポイント賞を獲得したルートヴィヒとは大きく水をあけられてしまいます。4位に入ったパリのスプリントも3位にルートヴィヒがいるし、ここまではルートヴィッヒを超えることができないという印象だったんですが、強豪チームのカレラに移った翌年のツールで一気にブレークします。



第一ステージ(33分ぐらい)で勝つと第4ステージでもボンテンピのアシストを使って優勝(2時間前後)。かなり危なっかしいコースどりですが、何しろ小柄なので腰を上げながらハンドルを大きく降って必ずどちらかへ寄って行くスプリントで、ゴール後にムセウが怒り狂ってます。今だともしかしたら降格処分かもしれないですね。

まあ、私も当時見てて、何しろスリリングだし、きったねえスプリント、と友人らと話してましたね。で、案の定、クライマックスでやってくれますね。パリの最終ステージです。


これは衝撃的でした。でも一応この後ゴールしてスプリント賞獲得でしたからね、超注目選手になったのでした。まあ、おかげでタシケントの恐怖とかタシケントのカミカゼとか、そんな勇名を馳せることになりました。翌年はツールはトラウマになったか、パッとしなかったけど、ブエルタで4勝してます。

そして1993年のツールでは3勝して2度目のスプリント賞を獲得。特に最終パリのステージで2勝目をあげてます。最終的にツールのステージ優勝9つとスプリント賞2回。プロ入りしてからの成績ではルートヴィヒを上回ったと言えるでしょう。

この後も斜行で失格になったり、派手にチポッリーニを引っ張ったりして、いろいろ話題になったのでした。


しかし、こういう怖いもの知らずのスプリント、最近はゴールスプリントでの斜行や蛇行の判定が厳しくなったから、あんまり見なくなりました。昔の写真なんか見ると自転車を大きく振ってスプリントするシーンがよく見られますが、今、アブドゥが集団の中にいたら3回に1回は失格かも 笑)

だけど、最後は97年のツールの期間中に興奮剤の服用によりドーピング違反で失格になり、そのまま引退してしまいました。この選手アマチュア時代にも興奮剤で引っかかってるんですよね。あのカミカゼスプリントで怖いもの知らずになるために服用していたんですかね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

オラフ・ルートヴィヒのこと

2020.06.07.15:17

1541406815_1_gross.jpg

東欧圏には2週間以上のステージレースがあるらしいということを知ったのは80年代の後半だったと思います。なんで知ったのかは全く思い出せないんだけど。

僕がヨーロッパの自転車レースについて明確に意識したのは1984年の秋だったと思う。以前にも書いたように、池袋の西武か東武のスポーツ用品売り場でエンドレステープで5分ぐらいのツール・ド・フランスの映像を流していて、それに魅入られてロードレーサーが欲しくなったのでした。その後トントン拍子でホビーレースチームに加わり、いろんな情報を得て、どこでどうして知ったか、この東欧のピースレース(クールス・ド・ラ・ぺ)のことを知ったのでしょう。

(のちに1991年初頭にチェコのプラハへ旅行した時、おもちゃ屋で大きな箱に手書きの自転車の絵が描かれたクールス・ド・ラ・ペと表記された、おそらくすごろくみたいなものだったのでしょう、ゲームが置いてありました。)

そんな東欧の自転車レースを知る中で気になったのは、どうやらこのピースレースではとんでもない怪物選手がいるらしいということでした。ルートヴィヒという、いかにもドイツドイツした名前の東独選手で、ステージ勝利数が38ということでした。ちなみに2番目の選手は16勝で桁外れです。

そんな選手の映像をとうとう見られたのはソウルオリンピック。NHKの放送はリアルタイムではなかったし、適当なブツ切れでしたが、ビデオで繰り返し見たものでした。YouTubeにもありますね。



すごいよね。ゴールスプリントを開始したら全く後ろを確認しないまま両手を上げてますからね。スプリントには相当の自信があったのでしょう。

2位になった巨漢選手はベルント・グレーネは91年になってプロ入りし、チーム・テレコムで2年ほど走った後の1995年、本人の言によれば、監督に命じられたEPOを拒否して引退しました。

3位に入ったクリスティアン・ヘンはオリンピック終了後すぐにカレラに入り、さらに92年からテレコムへ。で、そこで1995年から1999年の引退までEPOを摂取していたことを告白しています。

さて、優勝したルートヴィヒの方は翌年のベルリンの壁崩壊のおかげでついにパナソニックへ。すでにこの時30歳。前年は怪我続きでパッとしなかったので、そろそろ辞めどきかなと、本人も考えていたそうですが、ツール・ド・フランスに参加すると第8ステージでスプリントでステージ優勝します。


この時は第3ステージからポイント賞の緑のマイヨを着続け、最終的にポイント賞獲得でした。その後も92年には最終日のパリ・シャンゼリゼでも優勝、結局ツールのステージは3つでしたが、もうあとせめて5年早くプロ入りしていたらなぁ。若い頃にケリーやファンデラールデンとのスプリント合戦が見たかったですねぇ。

90年の世界選手権は宇都宮で、個人的にはルートヴィヒを見たかったんですが、怪我で来日しませんでした。

タイプとしてはデーゲンコルプみたいなタイプだったんだと思います。個人的にはパリ〜ルーベに勝つんじゃないかと思ったんですがねぇ。結局プロになってから6年連続でこのレースに参加し、92年から2位、3位、4位と3年連続で惜しいレースでした。

92年の2位は優勝したデュクロ・ラサールを単独で追い、ソロで2位になったんですが、カメラはデュクロ・ラサールを映しっぱなしで、どうも記憶に残りません 苦笑)


翌年も3位争いのスプリントではムセウやファン・デル・プールらに対して先頭に立ってそのままスプリントで勝つという強さだったけど、何しろ、この年はデュクロ・ラサールとバレリーニの、色々物議を醸したタイマンスプリントですから、やっぱり3位なんか忘れられてます。


ルートヴィヒも1993年からテレコムに移籍しています。ただ彼の場合はドーピングについては何も発言していないようですが。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム