2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

ツアー・オブ・ブリテン第2St.はヴィヴィアーニだけど

2017.09.05.14:58



なんか、ツールのサガンの失格もそうだけど、スプリントでの斜行に対してかなり厳しくなってますかね? ボアソン・ハーゲンの斜行により、確かにヴィヴィアーニが踏むの一瞬止めてます。だけど、前を走っているボアソン・ハーゲンにはヴィヴィアーニがどの位置にいるかは見えないし、あの回り込みはそれほど悪質だとは思えないんですけどね。確かに塞がれたヴィヴィアーニはゴールで抗議してますけど、これ問題ないと思うけどなぁ。(上のYouTube画像では15分過ぎぐらいからラスト1キロになります。)

つまり、スプリントって後ろからまくる方が絶対有利なんですよね。だからこそ、あえて風を受ける覚悟で、勇敢にも前に出た選手の方に進路を決める優先権があると思うんですけどね。無論限度問題で、当たり前だけど、コカしたり突き飛ばしたりしたらダメだけど。後ろからまくろうとして進路を塞がれたら、やっぱりそこにいたのが悪いという面があるんじゃないのかなぁ。そして進路を塞ぐやり方に老練さを見るべきなんじゃないのかなぁ。

まあ、判断は難しいところだけど。でも、この調子なら、今後はちょっと寄せられたら、ゴール地点で抗議のポーズをする、っていうのが流行るんじゃないでしょうか。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

デュラン・トェンスとエトヴァルト・トェンス

2017.08.14.18:30

いやぁ、ノルウェー、なんちゅう地形じゃ! 俯瞰した映像は作り物みたいな風景でした。風景だけで十分環境ビデオになりましたね。

さて、スカイスポーツの放送でも言ってましたが、デュラン・トェンスが3週間で3つの小ステージレースに3勝です。一つ目の総合優勝はツール・ド・ヴァロニーでステージ2勝にポイント賞、二つ目はポーランド一周で、三つ目のノルウェーもステージ2勝です。

特に昨日のゴール直前の峠越えで一気にアタックを決めてそのまま下って逃げきっちゃったのなんか、ものすごい強さを見せてました。ポーランドでもマイカが山でちぎるんじゃないかと、個人的には期待したんですが、余裕で着いて行っちゃいましたし、かなり登れるタイプのようですが、15年にプロになってから2年間はチームTTの優勝メンバーだったことぐらいで、結果は残してなかったんですがね。まさに栗村さんが放送で言っていたように、覚醒中という感じでしょうか。きっとチームが大切に育ててきたのでしょう。

まだ25歳だし、外見的には、栗村さんが挙げていたジルベールより細身の感じがあるので、ひょっとしてグランツールでどのぐらい走るかというのも、気になってきます。勝った3つのステージレースは強豪がそれほど多くなかったし、TTがなかったので、まあ安易なことは言えませんが。

と見ていたら、昔はオランダ一周、去年まではベネルクス一周と言っていたビンクバンクツール、総合はトム・デュムランが追いすがるティム・ヴェレンスを振り切って優勝したようですが、この第4ステージの優勝者はエトヴァルト・トェンス。音は同じですが、綴りが違ってます。紛らわしいなぁ 笑)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ポーランド一周(6) プールスとトェンス!

2017.08.05.02:15

サガンが懸命に逃げて登りで最後の最後、残り2キロちょいのところで捕まったようですが、その肝心なところが止まってしまって見られませんでした。明日のYouTube を楽しみにしましょう。

というわけで、最後はボーナスポイントの争い。マイカがあと少しのところで届かず3位でボーナスタイム4秒を稼ぎましたが、2秒足りませんでした。サガンが逃げてマイカの集団が追いかけるという展開は、マイカは休めたかもしれないけど、ステージ狙いのプールスのスカイが追走を受け持ったため、トェンスも休めて、マイカにとってはあまり役に立ちませんでした。

結局、総合優勝はトェンスでした。しかし、最後は面白かったですね。マイカとしてはもっと厳しい登りが良かったんでしょう。だけど、あの狭くクネクネした下りで60キロ〜70キロってどういう神経してるんだろう?


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ポーランド一周(6) ヘイジ!

2017.08.04.02:30

なんかコインが飛んできそうですが、Live Streamの英語スピーカーはヘイグではなくヘイジと言ったりヘイギと言ったりしてましたね。オーストラリアのジャック・ヘイジ。すでに一度第2ステージだったかで逃げてましたけど、今度こそ逃げ切りました。

しかし後ろで集団の頭をとった2位のヴァウト・プールスは指一本立ててガッツボーズしてましたが、逃げていることを知らなかったんだろうなぁ。ちょっと格好悪かったですね 笑)

これで総合トップはトェンスがマイカに6秒差で明日の最終日ですがどうなるでしょう?



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ポーランド一周(5) D.ファン・ポッペル!

2017.08.03.11:34

結局サガンってゴール前5キロぐらいから常に前の方に位置しているんですね。だからゴール前の落車に巻き込まれることは滅多にないんでしょう。もっともツールでは落車を引き起こしてましたが 笑)

それに比べるとキッテルなんかはゴール前2キロ前には前の方に全く姿が見えないことがよくあります。だからゴール前の落車でストップして着外っていうのがよくあるんだろうなぁ。

ただ、今回はスカイのアシストが完璧にいい仕事しました。残り1キロまでファン・ポッペルのアシストが二人いて、そこで一人が役割を終えて残りのアシストは一人だから、ちょっと足りないかな、と思ったら、うまい具合にディメンジョンデータのユーセフ・レグイグイという選手がアタックしてくれたので、スカイのアシストはそれをうまく追走してファン・ポッペルを発車させました。

サガンはファン・ポッペルを完璧にマークしてたけど、スプリントが始まった瞬間に右からも左からも囲まれちゃいましたね。この時点で勝負は諦めてファン・ポッペルの後ろで流れ込むという、サガンのおなじみのポイントとボーナスタイム稼ぎ戦法に切り替えたような気がします。ただ、囲まれなくても、ファン・ポッペルまでは届かなかったんじゃないかなぁ。

ティージェイ・ヴァン・ガードレンが逃げてました。すっかり忘れてましたが、この選手も数年前にはツールの総合優勝候補の一人だったんですが、どうもこのところパッとしません。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ポーランド一周(4) ユアン!

2017.08.02.02:08

今日は普通のスプリントステージでした。最後残り500メートルでサガンは集団の中で囲まれ、20番目ぐらいか、もっと後ろだったように見えましたが、いつの間にか前に出てきて、一瞬カレブ・ユアンと並びました。しかし、メスゲッツの完璧な発射台のおかげで力を温存できたか、ユアンがスルスルと前に出てゴールでした。サガンは最後ダニー・ファン・ポッペルにかわされて3位どまりでした。

そうは言ってもやっぱりサガンの集団内での自転車のさばき方は尋常じゃないですね。ユアンとせった時にも互いにぶつかっていたし、その前も左から来た選手と接触していたけど、まるで危ないという感じは見せませんでした。

ところで、ボーラはスカイからピーター・ケノーを、BMCからはダニエル・オスを獲得ですね。8月1日を過ぎ、トレードが発表できるようになって、キッテルもまだどうするかは決めてないと、クイックステップを去ることも考えているようです。また、サンウェブのプライトラーとシンケルダムがFDJへ移籍という情報も流れてきました。来年はまたずいぶんチーム構成が変わってくるんでしょうね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ポーランド一周(3) トェンス!

2017.08.01.22:39

第2ステージの高速スプリント、モドロの速度は75キロどまりだったそうです。過去最高記録の80キロにはちょっと足りませんでした。しかし、少し下り気味のスプリントらしいんですが、ゴールスプリントになるようなステージのゴールは下りにしてはいけないというのを、どこかで聞いたことがあるような気がするんですが、これは違っていたのか、それともレギュレーションが変更されたのか。。。

というわけで今度は激坂スプリントでした。しかし、ゴール前残り800メートルからの激坂、最大17%だそうで、無茶苦茶えげつないですね 笑)バレリオ・コンティがアタックして、残り400メートルぐらいではその差が10秒ぐらい離れたように見えたんですが、アダム・イェーツがアタックしたら残り200メートルで追いついて、それについていけたのがデュラン・トェンスだけ。そのままイェーツがタレたらトェンスがスピードを保ってゴールまでもちました。

しかし、サガン、残り200メートルでは15人ぐらいの追走集団の中程に埋まってましたたが、残り100メートルを切ったあたりで突然アタックすると、例によって軽やかに前へ上がっていって結局2位でゴールです。

ビデオで見ると残り500メートルから400メートルぐらいでは集団の先頭に出てて、先頭を逃げるトェンスよりも集団の中を気にしている様子で、トェンスに追いつく奴がいるのかどうかを見ながら、自分ではまだ追いつけるという自信があったのでしょうかね?

それともあれはチームメイトで総合エースのマイカの位置を気にしていたのでしょうか? サガンの最後の100メートルのアタックではマイカを引っ張っていったようにも見えますが。。。

何れにしても、これで再びリーダージャージを獲得するとともに、マイカもステージ3位に入って、総合でも3位にジャンプアップです。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ポーランド一周(2) 超高速集団スプリント

2017.07.31.12:11

超高速スプリントでした。ポーランド一周レースでカトヴィツェという町がゴールになると、毎年ものすごい高速スプリントになるんですね。2014年にはヨナス・ファンヘネヒテンが時速80キロ、11年にキッテルが優勝した時も時速79キロを出してます。今回のサシャ・モドロの速度はどのぐらいだったのでしょうね。ただ、スピードという点では後ろから上がってきたダニー・ファン・ポッペルが1番速かったですね。あと5メートル先がゴールなら差し切ってたところでしょう。

YouTubeで見ると、最後の5キロ切ってからの街中を走る集団の速度が55〜70キロ!! 多少下りなんでしょうねぇ。だいたい62キロとかで走っているところへクイックステップの列車が左から追い抜いて行くなんて、どうなってるんだ? コーナーで48キロとかで曲がってるし。若い頃だって、かなりの下り直線でもなかなか70キロは出なかったですね。

サガンは集団の中で塞がれちゃいましたね。それでも最後はうまく伸びて8位。ファン・ポッペル兄弟が2位と4位に入ってますね。この人の父親のサイン入りスーパーコンフェックス・マイヨは我が家ではクリケリオンのヒタチマイヨとともに、額に飾ってあります 笑) ツールでステージ10勝しているスプリンターでした。

IMG_7950_convert_20170731120904.jpg

ところで、モドロと聞くと、昔のブレーキがすぐに連想されます。レバーの後ろまで塞がれていてなんとも格好良かったんですけどね。まだ買い物用ロードについてます。ボロボロですが。。。今の感覚からすれば、大リーグボール養成ギプスみたいな握力養成ブレーキですね。

IMG_6817.jpg



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ポーランド一周(1) サガン!!

2017.07.30.16:30

ネットでは相変わらずツールの失格が云々(デンデンではありません 笑)されているようです。YouTube でも Sagan Cavendish で検索かければ山ほど引っかかりますね。どれも、スローモーションで色々解説してます。中にはグーグルマップのストリートビューで現場を検証、路肩に排水溝があって、そこでカヴは滑っていると主張しているのも。いずれもサガンの肘はカヴが修復不可能なほどバランスを失った後だ、ということで、サガンを非難するものは、私は見つけることができませんでした。

しかし、ゴール後にサガンの肘を強調したカヴェンディッシュの株はまた下がったと言えますかね。多分コケる途中でサガンの肘が見えたのでそれが記憶に強く残ったのでしょうけど、スローで見る限り、肘はやっぱり、拙ブログでも直後に推測したように、明らかにバランスをとるためでしたね。

普通だとなかなか立ち直れないところでしょうけど、あっさり復帰第一戦で優勝ですね。なんともノンシャランなサガンらしい。普通の選手なら、ざまあみろ! とか、見たことか! とか雄叫びを上げそうなところですが、あっさりしたものでした。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今日からポーランド一周

2017.07.29.21:54

1501321987_1_gross.jpg

ボーラのペテル・サガンとラファウ・マイカ、ポーランド一周で復帰ですね。しかし、どうしちゃったんだ? サガン、その頭は?? ツールで失格になったので謹慎か? 

「そろそろ気分転換の時だよ。ツールのことは忘れた。ポーランド一周やそのあとのレースが楽しみだよ。ここは故郷のスロバキアの近くだし、ファンもたくさん沿道に集まってくれるだろう。【総合優勝した2011年以来だけど】このレースはいい思い出しかないね。あの時の勝利にはびっくりしたけど。あれは僕の最初のステージレースでの優勝だった。そもそもキャリア最初の大成功だった。【今回も総合を狙うかって?】毎日毎日、毎ステージごとに頑張るよ。僕はステージに集中して、総合はチームメイトのマイカが狙うよ。」

マイカもツールでの落車の後遺症は消えたようで、下馬評ではニバリとマイカの総合争いではないかと言われているようです。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ボーラの日

2017.06.18.20:56

昨日は普段飲まないウィスキーなんかを飲んだせいか、あっさり寝てしまいました。シャフハウゼン周回というので楽しみにしてたんですがねぇ。

シャフハウゼンの滝は20年以上前に行ったことがありました。街並みもとても綺麗な街でしたね。ライン川って日本最長の信濃川の3倍以上の長さがあるのに、このシャフハウゼンの滝の後は滝がないんです。だから交易路として古来発展してきたわけ。

しかし、サガンのスプリントがキレてますね。一方デーゲンコルプは全く絡めないです。ツール・ド・スイスのポイント賞ジャージって黒くてボーラのマイヨと変わらないので、サガンの位置がどこなのか分かりづらいですね。

一方のスロベニアの第3ステージ、クイーンステージではマイカがヴィスコンティに登りスプリントで勝ちました。ヴィスコンティはかけるのが早すぎ。残り500メートルぐらいで一度スプリントしちゃってるから、最後足が残ってなかったですね。まともにスプリントしたらどうだったんだろう?

しかし、マイカ、ツールでは優勝争いに加われないかなぁ。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フルサンは鳥の歌

2017.06.11.22:31

ブフマン、白いマイヨ獲得ですが、今日はヤコプ・フルサンの鮮やかなうっちゃりですね。以前にも書いたんですが、この人の名前フル(Fugl)ってデンマーク語の鳥のことで、サン(Sang)は歌、つまりソングです。鳥の歌なんて、なんかロマンチックな名前です。ちなみにブフマンは本男かブナ男 笑)

しかし、最後の5キロぐらいからはメインティスとブフマンの争いが気になって、TVの前で立ち上がって見ていたんですが 笑) 途中から、考えてもいなかったフルサンの逆転の可能性にワクワクしました。

しかし既に30を過ぎたんですね。拙ブログでは一時期よく名前が出た人ですが、このところ、個人的にはほとんど忘れていました 笑) なんかインタビューの顔を見ると、昔とちょっと顔が変わったかな、という感じがします。昔、もっと可愛い顔してなかったっけ? 笑) おでこのシワが増えた??

ダン・マーチンは相変わらずの歯並びの悪さ。西洋人には珍しくない? うっちゃられたリッチー・ポートですが、この人って錦織圭に似てると思うんだけどなぁ、って前にも書いたけど、賛同受けませんでした 笑)

というところで、ブフマンは予想をはるかに超える総合7位。3日間の山岳ステージは見事にこなしましたね。最終ステージではメインティスには引き離されたけど、ロマン・バルデやアルやフルームよりも上位でゴールしましたからね。ツールは出てもマイカのアシストだろうけど、まだ24歳、来年以降に楽しみを残しました。TTが課題だな。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ドゥフィネ第6ステージはフルサン

2017.06.10.00:09

いやぁ、ブフマン、白いマイヨ獲得です。

途中まで、アルとフルサンがトップでフルームやポートが追っていて、そのすぐ後にブフマンがいて、バルデやコンタドールが離れていたので、これはすごいや、と思ったんですが、下りでやっぱり追いつかれましたね。逆に最後は引き離されてしまいました。でも10位でゴールは立派です。総合でも現在8位。このままトップテンに入れればかなりの自信になるでしょう。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ドゥフィネ第5ステージはバウハウス

2017.06.08.23:30

ボーラのアッカーマンとともに、過去スプリントでトップ10に入っていたけど、優勝にはちょっと力不足かな、と思っていたら、今日は位置取りが完璧だったということでしょう。デマーレが飛び抜けている感じだったので、最後に刺されると思ったら、むしろ抜け出ました。

カチューシャだけが列車を作ることに成功したのに、肝心のクリストフが今ひとつですねぇ。

昨日のTTですが、拙ブログ注目の 笑)ブフマンは、やっぱりTTは今ひとつでしたが、それでも本人は大満足だったようです。

昨日のTTの後のブフマンの話「今日のTTはスーパー満足だよ。最初からハイスピードだったけど、最後の登りでもタレなかった。今日の自分にびっくりしている。」

まあ24位はダニエル・マーチンやファビオ・アルやフルサンより上位ですから、そこを見れば満足できる出来だったとは思いますが。。。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ドゥフィネ第3ステージはボウマン

2017.06.06.23:33

いやぁ、忙しくて、なかなかこのレースに反応できませんでした。卓球の世界戦もかぶってたしね 笑)

しかしボウマン、強いスプリントでしたが、ひょっとして追い風のスプリントだったんでしょうか? 大柄のシシュケヴィクスがせることすらできませんでした。

さて、ボーラは、まあまあですね。初日はブフマンが粘って5位になり、昨日と今日はアッカーマンが集団スプリントに絡んでトップテンに入りました。アッカーマンは去年のU23のドイツチャンピオンですが、サン・ウェブのバウハウスとともに、ドイツの若手スプリンターとして期待されている選手です。

ただね、拙ブログでも繰り返し書いてるけど、ドイツのスプリンターはそろそろもういいから、総合で上位を狙える選手が出てきて欲しいところですけどね。現在総合5位のブフマンがどの程度やれるかなぁ。ただのクライマーか、それとも総合狙いのステージレーサーになれるか、明日のTTでどのぐらいやれるかでしょうね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ツール・ド・ロマンディ第5ステージ

2017.04.30.23:39

午後11時を過ぎ、さて、とばかりに tiz-cycling につなげてみれば、あれま、もう終わってました。TTだから早かったのね。今はツール・ド・ヨークシャーをやってます。

というわけで、TTに勝ったのはログリッチ。この選手も強いですね、このところよく名前が出てきます。スキージャンプの選手だったんだっけ?? で、総合争いはやっぱりリッチー・ポートでした。拙ブログ期待のブフマンはかろうじてトップ10に入りましたが、トップから1分以上遅れてしまいました。それよりレンナルト・ケムナがステージ8位に入ってますね。フルームやザカリンより上ですよ 笑) 途中まで総合2位だったU23のTT2年続けて2位のシャハマンは14位。まあ、これからでしょう。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ツール・ド・ロマンディ第4ステージ

2017.04.30.00:31

あーあ、ブフマン、ちょっと期待したのにぃ。。。残り3キロ弱、リッチー・ポートが追い抜いて行った時にサイモン・イェーツと一緒に飛びついたと思ったんだけど、ちぎれちゃいましたね。あそこでついていけたらなぁ。。。

というわけで、サイモン・イェーツが優勝するとともに総合もトップ、ポートが2位でブフマンが3位のようです。まあ、明日はTTだからブフマンがもっと上にいくことはないだろうけど、トップ5に入れるといいですねぇ。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ツール・ド・ロマンディ第3ステージ

2017.04.29.00:22

ボーラからも一人、ペストルベルガーが逃げに乗っているというので、どうなるかと思っていましたが、まだ30キロ近く残っているところであっさり逃げは潰されてしまいました。もう一度逃げができるかな、と思っていたらドウセットがソロアタックでしばらく逃げてましたが、これも結局ダメ。

最後は残り1キロまでボーラが列車を作っていたけど、やっぱり人数不足。スカイの列車にかぶせられて、この時点でボーラの勝利はないなと思ったら、残り500メートルぐらいでオリカのエドモンドソンがロングスパート。一瞬決まっちゃうんじゃないかと思ったんですが、ヴィヴィアーニが冷静でした。2位はコルブレッリ、3位はボーラの、多分シュヴァルツマン、エドモンドソンは4位でしょうか。

ところで、昨日2位になったグリヴコって、そういやあ、キッテルを殴って血まみれにさせた選手じゃないの。

どうやら5月1日から45日間の出場停止になったみたいですが、本人は不満タラタラ。割り込んでチームメイトを危険な目に合わせたキッテルにお咎めなしはおかしいと、このゴール後のインタビューでも怒っていたようです。まあ、どっちが悪いかなんてのは外野には何も言えないけど、手を出したらいかんよね。ましてキッテルが血まみれになっちゃったからねぇ。印象はひたすらグリヴコに不利ですねぇ。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ツール・ド・ロマンディ第2ステージ

2017.04.28.00:44

やっぱり、戦前の予想どおり逃げが決まりました。最後の10キロぐらいからちょっとハラハラしました。シュテファン・キュングは大怪我から復帰後初勝利ですかね。ネオプロ時代に逃げて2勝を挙げていたと思います。一部ではカンチェラーラの再来とも言われたようですが、大怪我でちょっと忘れられてましたね。

しかし、でかい。自転車のホイールが小さく見えるし、レインウェアの黒一色のせいで、ますますでかく見えました。グリヴコが小柄なせいかもしれませんが。最後も1キロ切ったところからグリヴコが前に出てこないからどうなるかな、と思ったら、かなり長い距離をスピードを上げて付け入る隙を与えませんでした。

どうなんですかね。キュングもグリヴコも総合で下の方だから集団も逃がしてくれたわけでしょうけど、これって最初から今日の逃げを狙っていた選手たちは、プロローグも第一ステージもわざと遅れたんですかね? と言うとなんなんですが、わざと遅れたと言わないまでも、体力を温存していたんでしょうか? 

しかし、この逃げにアラシロ君あたり乗りたかったんじゃないのかなぁ。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ツール・ド・ロマンディ第1ステージ

2017.04.27.10:44

いやぁ、山頂ゴールって触れ込みだったのに、あんな大集団でゴールスプリントになるんだもの。 どこが山頂だ?!って喘ぎながらバラバラになってゴールするところを見ようと思っていたのに 笑) まあ、雰囲気は雨と霧の中を集団が走る姿はとても綺麗ですが。

アルバジーニがLBLでも優勝候補に挙がっていましたが、調子を保って乗り込んできたようですね。フルームも一応スプリントに参加してトップ10に入ったけど、タイム的にはあまり意味がないよねぇ。

初日のプロローグはファビオ・フェッリーネが 雨の中で優勝、拙ブログが気にするブフマンとケムナはどちらも20秒遅れで30位前後でしたが、フレーリンガーとヘアクロッツは100番代でした。でもね、フルームだって80位ぐらい、ポートにいたっちゃヘアクロッツとほぼ同じタイムですからね。フルームは予報の雨を嫌って早めにスタート順位をずらしたのに雨に祟られたみたいです。

で、第1ステージの山頂ゴールでフルームがアタックするんだろうと思っていたら、60人ぐらいの大集団ゴール。ブフマンもケムナも同タイムゴールでした。まあ、遅れた選手たちはアシストとして使い捨てられて行ったんでしょうけどね。

総合トップをキープしているフェッリーネという選手、全然知らないんだけど、プロローグのゴール前の正面からの映像では、今時珍しいぐらいガニ股フォームでした 笑) 

またドイツ系青田刈り拙ブログとしてはマキシミリアン・シャハマンという、2年連続でU23の個人TTで2位になったクイックのネオプロ、以前キッテルのブログで勝った時にも、初レースのシャハマンがよくやったと名指しされていましたが、プロローグ4位、現在フェッリーネに次いで2位ですよ。注目されてその気になって力をつけちゃうという選手って結構いますからね 笑) ちょっと期待しちゃおうかなぁ〜 笑)

今日明日と逃げが決まるかゴールスプリントになりそうで、第4ステージが後半に4つ登りが続いて山頂ゴールなので、ここで決まるんでしょうか。 



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと努力しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

マガジン9条

FC2カウンター

Amazon

ブロとも一覧

検索フォーム