fc2ブログ
2022 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2022 09

週刊金曜日「国葬反対」

2022.08.06.15:53

本屋で見て、おお! と思って買ってしまいました。

IMG_6035.jpg



まだパラパラ見ただけだけど、内田樹が書いている記事がわかりやすい。以下「」内は記事からの引用です。

「日本に帝国時代の植民地支配の生産を迫り、そのために霊感商法や献金によって日本人信者から得た資金を韓国に還流する」統一教会が、日本の右翼と一緒になって、世界的な極左運動に対抗する極右運動として国際勝共連合を作った。それは当時の事情を見れば「理路」はわかる。「わからないのは、その連携がソ連の崩壊と国際共産主義運動の壊滅以後もずるずると続いた理由である。」

つまり「この連携にはたいへんな『うまみ』があった。だから『敵』をそのつど適宜入れ替えながら、『邪悪なるものと戦う』というストーリーパタンだけは維持した。多分そういうことだろうと思う。」

数年前に自民党の、案の定統一教会とズブズブの杉田水脈というレイシスト議員が学童保育やLGBTQ、選択的夫婦別姓をコミンテルン 笑)の策謀だと言ったことがあった。要するに極左に対抗するために立ち上げられた極右組織は、敵がいなくなってしまったので暴走しているわけだ。無理やり敵を作り出している。

1970年ごろの世界的な極左の時代と比べたら、とても左翼とは言い難い現在のリベラル(現在の日本共産党だってあの時代の左翼運動から見たら、生ぬるいどころか、日和(ひよ)っているといえるだろう)を仮想敵にして、「定義のはなはだ曖昧な(彼らが気に入らない全ての人に貼り付け可能な)『反日』」というレッテル貼りをしている。

拙ブログを始めて以来(最近はネトウヨコメントにまともに答えるのはただの時間の無駄だとわかったので速攻で消しているが)何度もネトウヨに絡まれた。FBでもそうだけど、彼らの論法で共通しているのが、こちらが言ってもいないことを言ったことにする、つまりストローマンとか藁人形論法というのを頻繁に使ってくることだった。いや、ネトウヨと限定する必要はないだろう。

自称「保守」の連中はほとんどがこの論法でくる。これは以前にも書いたけど、彼らは自分達で憎むべき敵を作り上げて、それをあちこちで拡散する。そんな敵は本当はいないのに。そしていないことを承知で拡散するのである。こうして空気中をそうした嘘が漂う。安倍的空気だ。安倍的世間、安倍的社会、嘘を拡散し、嘘だとバレても訂正はしない。そのまま放っておく。維新なんていう政党がこれだけ勢力を伸ばしたのも、この安倍的空気のせいだろうと思っている。

FBで Fukiage さんが書いていたが、現在の投票率だと、自公政権はまともな有権者によって選ばれたのではなく、カルトの組織票で選ばれたのだと言っても、あながち誇張じゃないだろう。この10年で、たった10年で、日本はこんな国になってしまったのだね。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



今日の東京新聞から、神権国家日本

2022.08.02.11:49

IMG_6024.jpg

本当に、安倍射殺事件以来「蓋がとれた」という気分。

以前から自民党のバックには神道系の右翼団体の日本会議がついていると言われていたし、安倍が統一教会を贔屓にしていることも、ネットではよく目にした情報だったけど、ここまで深く浸透しているとは思ってなかった。いま各所で言われている統一教会と安倍や自民党との繋がりを、誰かから一月前に言われていたら、僕は陰謀論として苦笑しながら聞き流しただろう。

しかし、日本はサタンの国で人種的に存在する意味はない、ただ、過去の朝鮮半島に対する罪を贖うために、日本が韓国の金ヅルになるなら存在していてもよい、とか言って北朝鮮に金を投資していたカルト団体と神道系右翼が一緒になって自民党のための集票組織になって、憲法を自分たちの都合の良いように変えようとしてきたわけだ。本当に恐ろしいことだ、そう思わない??

理念など何もない。それはこんな自民と連立を組んでいる公明党だってそうだ。仏教系カルト創価学会キリスト教系カルト反社組織統一教会神道系右翼日本会議の合体、それが今の政権だ。一般の日本人が知らない間に、いつの間にかこの国は神権政治の国に成り下がっていたんだな。あとはイスラム系原理主義組織が加われば無敵だね 笑)

今、憲法を変えようと主張している政治家は(そもそも変えようと主張すること自体が99条の憲法尊重擁護義務違反だ)、ほぼ間違いなく日本会議という右翼か統一教会というカルト犯罪集団の息がかかっている、そう断言して間違い無いだろう。

改憲派の一般人たちは、彼らが主張するような改憲をしたところで、絶対にメリットなんか何もないよ。ネトウヨたちはパヨクが悔しがるのを見たいだけなんだろうからお祓いの呪文を唱えるだけだけど、自分が普通の人だという自覚があるのなら、よ〜く考えた方が良いよ。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

国葬反対が半分?

2022.08.01.10:35

IMG_6021.jpg

写真は今朝の東京新聞の一面から。より正確に見ると、「賛成」17.9%、「どちらかといえば賛成」27.2%、「どちらかといえば反対」23.5%、「反対」29.8% とある。

まあ、こんな感じだろうとは思っていた。でも、おそらく「どちらかといえば賛成」と言った人たちは「どうでもいい」が本音なんだろうと思う。この手の世論調査って、常に質問が間違っているんだよね。

国葬に「賛成」か? 「反対」か? それとも「どっちでもいい」か? と問えば、おそらく「賛成」18%、「反対」30%、そして「どっちでもいい」が52%ってとこじゃないだろうか。

これまでも何度か書いた憲法改正だって、たぶんこの割合だろう。あいまいな「どちらかといえば」なんていう賛成や反対を入れても意味ない。そしてこの50%の人たちは選挙にも行かない人たちだろう。

今の日本人の半分は、そういうことを問われることすら嫌なんじゃないのかな。

ところで、毎日のように政治家と統一教会の関係が明らかになっている。特に安倍が統一教会の組織票を差配していたというニュースは決定的だと思うのだが。日本人の信者を破産させてまで吸い上げた金の多くを韓国や北朝鮮に投資していたインチキ宗教組織だよ? そんなところにお願いして当選させてもらっていたんだよ?? どうして保守を自称する人たちはそれをスルーできるんだろう? 

謎だ。

だからこれもまたエセ宗教なんだよ、安倍真理教っていうやつで、その信徒たちは何を言っても、何をやっても、たぶん山上容疑者の母親と同じで、目は覚めないんだろう。オウムの時にもさんざん見たじゃないの、そういう例を。

いや、上記の安倍の国葬賛成の18%が、みんながみんな安倍心理教徒だとは思わない。たぶん半分以下だろうと思う。

でも、その9%、彼らに必要なのはお祓いしかない 笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

初めてのことですが

2022.07.09.11:13

30分ほど前にアップしたエントリー、これまで13年続けてきた拙ブログとしては初めてのことですが削除しました。

どうも、書いた後も気持ち悪さがあって、ずっとどうすべきか考え、やはり一旦削除しようと決断しました。

以上です。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

1933年2月27日国会議事堂放火事件のこと

2022.07.08.16:50

全てを吹っ飛ばしてしまった。なんでこの時期にこんなことを!! 先ほどから気分が最悪である。

最初に連想したのは、ナチスドイツの時代の国会議事堂放火事件のことだった。

1933年1月30日、ヒトラーは首相になった。そのすぐ後に国会議事堂が放火され、犯人としてオランダ人の元共産党員が逮捕される。ナチスはこの放火事件を奇貨として、共産党の陰謀だと主張し、直後の選挙に臨んで勢力を伸ばすと共に共産党や社民党の議員を逮捕したり、排除して全権委任法(いわゆる緊急事態条項)を通し、これによってナチス以外の政党は非合法となり一党独裁が実現する。

ヒトラーが首相になる直前の選挙ではナチスの支持率は33%程度だった。その前の選挙では40%弱だっただけに、ヒトラーが首相になったにもかかわらず、ナチスは実は凋落傾向だったのではないかと思われる。だけどこの国会議事堂放火事件で、その一月後の選挙で45%近いものになった。でもまだ過半数には足りない。そこでナチスは12%の支持率があった共産党を非合法化して、その議席分を抹消したことで、強引にナチスは単独過半数を獲得した。

ちなみにこの1933年3月の選挙がナチスドイツの最後の選挙ということになる。今回の呆れ返るような、アナクロな、非民主主義的な、おぞましい暴力事件が、この後、日本という国を一気に変えてしまうのではないか、そんな不安を感じている。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今日の東京新聞から

2022.06.26.11:59



金利や円安の話は、僕にはよくわからない。ただ、このまま自民党政権が大勝すれば、山本太郎が言うように、消費税は上げられるだろう。一説には経団連の提言通り19%になるとも言われている。

かなり古い話だが、高市早苗がNHKで消費税はすべて社会保障に使われていると大嘘を吠えたそうだ。しかもそれに反論しようとした大石議員をスルーして、話題を変えてしまったという。

消費税が上がり、人口は減り、なのに社会保障はどんどん低下している。こんな図があった。

289647481_729312428493937_4197867747503989365_n.jpg

しかし、維新と自民ってデマでも言ったもん勝ちだとおもっているんだろう。それもこれも安倍晋三的社会の結果だろうな。すでに小泉の時から多少その傾向はあったが。。。

さて、消費税が上がって、貧困率も拡大、貧富の差が広がる。前川さんのコラムには出てこないけど、そうなるといわゆる「経済的徴兵」という奴が始まるんじゃないだろか。これはほぼ間違いないと思う。自公政権は徴兵制を狙っていると不安を感じている人もいるけど、徴兵制はたぶんない。

むしろ、格差を拡大しておけば、貧しいものは自衛隊へ行かざるをえなくなる。勝手に放っておいても兵隊はいる。彼らが戦死しても自分で選んだのだ、自己責任だ、と言うのだろう。

僕はもう戦争に行くことはないし、逆に、常識的に考えてこんな島国の日本がウクライナのように侵略される可能性はありえないだろう。よっぽどの挑発行為をしたらわからないけど。いずれにしても、僕の世代は戦後の経済成長期に生まれ、学生運動にも遅れ(72年の連赤の時は高校生)、右肩上がりの中をノンポリのまま生きてきた。壮年期になりバブルが弾けてどんどん貧しくなっていった(25年間のデフレだ)とはいえ、戦争にもならず、ラッキーな時代だったと言えるだろう。

でも、若い人たち、みんなは、この後このような政権が続けば、戦争に行かされる可能性はこれまでよりもずっと高くなるだろう。こんな社会にしたのは僕も含めた大人たちの責任だ。だから、僕は僕の一票など何にもならないと思っても、投票には必ず行く。

「アダムよ、お前はどこにいた?」と問われた時、胸を張れるように。そして自らへの意思表示として。

「あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、 それでもあなたは、それをやらなければならない。 それはあなたが世界を変えるためではなく、 あなた自身が世界によって変えられないように するためです。」(マハトマ・ガンジー)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今日の東京新聞から、杉並区長選

2022.06.21.17:22



東京都の杉並区長選挙、れいわの山本太郎が応援演説をしているのを、先日 YouTube で見たけど、相手は現職だし、投票率は高くなりそうにないから、どうかなぁ、優秀な人材でも現職を破るのはなかなか難しいだろうと思っていた。


(山本太郎の街宣は 14分20秒ごろから7分ほど)

票差は190票以下の僅差で野党が押した岸本氏が当選した。見出しには投票率が上がったことが影響したとあるんだけど、どのぐらいに上がったのかと見れば、なんと37% 笑)それでも前回より5%も上がったそうだけど。。。苦笑)

もう20年近く前に、当時住んでいた自治体で、子供が通っていた障害乳幼児通所施設の移転と、それに伴う民営化の可能性が噂され、それを明確に否定した候補者を応援して、ボランティアをしたことがあった。電話をかけて、凹むことが多かったなぁ 笑)結果は900票差で現職に負けた。

ただ、その時の活動が、現職に民営化を思いとどまらせたことは間違いなかったと思う(僕が引っ越し後にこの施設はNPO法人が運営主体になったらしいが)。

その後も市の担当課部長にとんでもない嘘をつかれたり(本当に、責任ある大人がよもやそんな嘘をつくとは思わなかったから、後になってびっくりした)しながら、移転問題は転々としたことは大昔にちょっとだけ書いたことがあった。

うやむやなシステム(2016,9/19) http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-2684.html

それはともかく、先日書いた明石市のやり方とその実績の話にも強く励まされる気持ちになったが、今回のこの選挙の結果もすごく心強いものになった。

泉房穂明石市長の感動的な話 (2022,6/11) http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-4341.html

主にオランダで公共サービス研究をしてきたという岸本区長が、明石市のような実績を上げて(国がやらない世界でのグローバルスタンダードを自治体がやっている)、杉並モデルのようなものを作り上げてくれることを期待する。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

じゃがいも収穫第一弾

2022.06.05.16:27

2月終わりに、ちょっと大きめのプランター二つにジャガイモを植え付けておいたら、葉っぱがだいぶ虫食いになり、同時に枯れ始めたので、こりゃあもうだめだなとおもってほっくり返したら結構大きくなってました。肥料は最初にやっただけ、水やりすら滅多にやらずほったらかしだったんですが、種芋を四等分して植え付けておいただけでこれだけ収穫できれば十分でしょう 笑)

IMG_5710.jpg

庭にも直植えで植え付けてるけど、こっちはまだ葉っぱが緑だし花もついているので、もうしばらく待ちましょう。しかし昨今の値上がり具合を見てると、ジャガイモじゃなく玉ねぎをやればよかったかなぁ 笑)

植木鉢に適当に植えておいたニンニクも葉っぱが枯れたので掘ってみたら結構大きくなってましたが、こっちは植えたの去年だったかなぁ、ちょっと効率的には今ひとつです。

IMG_5716.jpg


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今朝の東京新聞から

2022.06.03.17:02

image_2022060316531606c.jpeg

武器を購入する、防衛費を劇的に増額する、って言ってるのは要するに軍需産業へのアピールなんだろうね。これを大歓迎している人もいるようだけど大丈夫かね。それともそういう人たちって軍需産業の関係者なのかな? なら話は単純でわかりやすいけど、きっとそうじゃないだろう。

そういう人たちって、どこまで武器を備えれば安心できるんだろう?

だけど、どう考えたって、日本が防衛力を高めて他国から攻められないようにするって言ったって、海岸線沿いに50基以上の原発があって、何の防衛力だろう? 食料自給率37%で、仮想敵国からの輸入に頼っていて、何の防衛力だろう?

まともに国民のために予算を使って欲しいと思う。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今日の東京新聞から

2022.04.18.09:55



TV の中では専門家でもないのに、大所高所からウクライナ戦争について人々に解いて回っている人がたくさんいる。いや、仮に専門家であったとしても、今日の東京新聞「本音のコラム」の宮子あずさの言っていることは意識しなくてはならないと思う。

「命がかかる緊急時には、自ら選んだわけではない状況で、ぎりぎりの選択を迫られてしまう」「戦うか戦わないかの選択を分けるのは、思想以上に成り行きが大きい」「生き死ににはさまざまな偶然が関与する。これをわかっておかないと、必要以上に他人の思想を問う、過酷な人間になりかねない。」

後戻りなどできるはずもないまま、どうしようもなく先へ向かって流れていく時間の中で、決断などできない状況にあって、偶然そうなってしまう、そんな状況にいる人たちのことを想像すること。いまここにいる僕にできるのはここまで。



「死んだ者の名前をリストアップせよ。死んだ者の数ではないぞ、一人一人の名前を書き出せ」(エルマンノ・オルミ監督の映画「緑はよみがえる」よりhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-2548.html

「死んだのは、そしてこれからまだまだ死ぬのは、何万人ではない、一人一人が死んだのだ。一人一人の死が、何万にのぼったのだ。何万と一人一人。この二つの数え方のあいだには、戦争と平和ほどの差異が、新聞記事と文学ほどの差がある」(堀田善衛「時間」http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-2340.htmlより)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今日の東京新聞から

2022.04.10.11:21

名称未設定
画像をクリックすれば大きくなります。

へたに歴史を知ることが大切というと、昨今ネットの広告でも頻繁に出る「真実の歴史」なんていう謀略史観や陰謀論みたいなもので歴史を知った気になる人もいるからねぇ 苦笑)

拙ブログでは何度も言ってきたけど、学問って蓄積なんだよ。何千何万、それ以上の人たちが地道に資料にあたり、先人の行った研究に、ほんの僅かの新しいものを付け加えて、地味に営々と積み上げてきたもの。それに対するリスペクトを「教養」と言うんだと思う。

いまから25年ぐらい前にこの「教養」という言葉を口にしたら、この時代に教養なんて言ったって通用しませんよ、と私より年上の方から罵倒されたことがあったけどね 苦笑)まあ、教養というやつを顧みなくなった社会は、総理大臣に嘘つきの誇大妄想的な人物を据えて、法に触れなければ(場合によっては法に触れても)何をやっても構わないと勘違いしている権力者を大量に発生させ、叩きやすいものを叩いて溜飲を下げ、面と向かってザマアミロというような人間を大量に発生させてしまったわけだ。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

東京新聞から、日本はまだロシアじゃない

2022.03.26.10:46

少々旧聞に属す話題ではありますが、山東昭子の朝鮮中央テレビの女性アナウンサーを連想するような、勿体ぶった節回しのケレン味たっぷりの芝居じみた演説には、もう笑うしかなかったです。まあ、笑いながら吐き気も催したんですが 苦笑)

「そうした中、閣下が先頭に立ち、また貴国の人々が命をも顧みず、祖国のために戦っている姿を拝見して、その勇気に感動しております」

多くの人が「戦争に感動してるのか!!」と違和感を持ったこの文言。だけど、この文の奇怪さは、要するに「閣下」がゼレンスキーではなくプーチンであっても通用しちゃうってことだよ。仮にプーチンが国会議員を前に、ゼレンスキーと同じように、ロシアの正当性を述べれば、やっぱりこの文言はそのまま使えるわけだよ。

IMG_5531.jpg

だけど、日本はまだロシアや中国、北朝鮮、あるいはベラルーシのような国にはなっていないことがわかってよかった。このニュースは日本を全体主義体制にしたいと思っていない限り、日本中の人々が喜ぶべきことだと思う。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今日の東京新聞から

2022.03.13.15:05

今日の東京新聞の本音のコラム。前川さん、かなり思い切ったことを書いてます。

IMG_5426.jpg

「外国人を排撃する人間は『自分は日本人だ』と思うことにより辛うじて自分のアイデンティティーを確保している愚かな人間だ。独立した人格と自由な精神を持たず、個人として立っていられない哀れな人間なのだ。」

昨日も書いたばかりだけど、結局社会が格差に満ち、劣化していくと(格差が社会を劣化させるということも、以前書いた)、自己肯定感が乏しくなった人は、その不満を、自分とは違うとレッテルを貼れる少数者たちを叩く方向で発散しようとする。少数派に対して、大きな「国」という概念を背負って、あたかも自分が権力者にでもなったかのように錯覚し、偉くなったような気分に浸って、勇ましいことを放言し、権力者たちと自己同一化した挙句、批判する人たちを否定する。そこには論理などない。単純にサヨクだからとレッテルを貼って、自分の妄想で仮想敵を作り、反対のために反対する。「個」としての「人」というものに思いをいたすという想像力も欠けている。

現状を批判することが、社会の劣化を防ぐ唯一の手立てであり、自分を取り巻く社会を変えることは自分たちにとっても得になることが多いにもかかわらず、自分をさらに苦しめる者たちを支持するという人間の心理の不思議。

うん、ちょっと話がずれました 苦笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今日の東京新聞から、信長嫌い

2022.03.03.12:15



先日亡くなった白土三平の「忍者武芸帳」だったかなぁ? 信長が「根切りじゃ、根切りじゃ」と言って「フハハハハ」の笑い声と共に虐殺を繰り返すシーンがある漫画があった。だから僕も信長は嫌いだった 笑)

三木義一氏も言うように、「今回のロシアの侵攻については、様々なサイドからの論評があり、正確なところは私には分からない」というのは僕も先日書いたことで、三木氏と同じで嬉しかった。

しかし今回の戦争とどうして日本の憲法9条を並べて語らなければならないんだろう? 憲法は日本の憲法であって、外国の動きを制限するものではないよ。こんなの小学生だってわかるだろうに。9条があっても国を守れないというが、9条がなかったら国を守れるのか? ウクライナには9条なかったぞ?? 憲法は日本の権力者を縛るもので、外国の権力者なんか縛れない。あたりまえじゃないか。

繰り返すが、9条は日本の権力者が勝手に戦争をしないように縛っているものだよ。9条があれば攻められないなんて、社民党だって共産党だって、そんなこと言ってない。攻められても守れないとか、やり返せないなんて言う人もいるけど、これについては何度も書いたことがある。

憲法9条があると日本を守れない? 

憲法13条の生命自由幸福追求権によって、「個別的自衛権」は防衛行政として認められる、ということは木村草太なんかが繰り返し語ってきたことだ。

木村草太「憲法の創造力」
木村草太「集団的自衛権はなぜ違憲なのか」

ましてや核武装なんて言い出して、どう考えてもお花畑だろう。核拡散防止条約を批准している日本がどうやって核兵器を所有できると思ってるんだろう? 山本太郎がよく言うように、国連憲章の敵国条項というやつがあって、万が一日本が核武装するなんて言ったら、それを理由に「軍事的制裁を課す」として攻撃される可能性もある。まともに手続のことを考えたら、核武装なんてあり得ないのはすぐにわかるはずだ。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

正義の反対は悪ではない、別の正義だ

2022.03.01.22:11

表題は前にも書いたことがあるけど、クレヨンしんちゃんのお父さんのセリフだ。

前にも書いたように、僕はロシアとウクライナの関係については全く無知だ。でもプーチンが戦争を決断したという、その一点だけでもプーチンは頭がどうかしているんじゃないかと思う。他にもBSで放送されているロシアのニュースの、ナチスがチェコのズデーテン地方併合に動いた時を思わせるような、プロパガンダじみた報道姿勢を見てると、やっぱりこの国(=ロシア)のマスコミはおかしいと思う。ロシアでも反戦デモが各地で行われているのに、それについては全く出てこない。

だけど、一方でプーチンをここまで追い込んだ歴史的経緯も忘れないでおきたい。伊勢崎賢治氏によると、NATOは冷戦終結時に東方不拡大の約束をロシアとしていたという。まあ、口約束ではあったらしいけど。それどころかNATOは軍事同盟であることをやめて、ロシアも含めた政治フォーラムのようなものにしようという動きもあったという。そうなっていたら世界はずいぶん良い方向へ変わっていただろうね。



また、これもロシアの悪質なプロパガンダなのかもしれないけど、 ドネツクやルハンスクで、独立派の人たちがたくさん殺されているとも言われている。もしこれが本当なら、それを報じない西側のメディアもロシアと変わらない。

でも、ロシアは、プーチンの対抗馬とされたナバルヌイは、あやうく毒殺されそうだったし(今も無茶苦茶な理由で獄中だ)、他にもジャーナリストでプーチン批判をした人たちがたくさん殺されているという。どう考えてもまともな国には思えない。

でも、日本は言うまでもなく西側の報道が優先される。どこまで信じていいのか、僕には、正直、わからない。

ともかく、表題の通りだ。こういうのってイラク戦争の時も、後になってからいろんなことがわかってきて、たとえばあれだけ戦争の口実にされていた大量破壊兵器が、実はなかった、なんてことになるわけだ。安易に「正義」と「悪」のレッテルを貼ることは、僕はしたくない。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ロシアは好きですが、それがなにか?

2022.02.24.14:41

ロシアは個人的に大好きな国だ。なにより生涯ベストワンの映画監督アンドレイ・タルコフスキーの国だし、存命中の映画監督では一番好きなのは、やはりロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ(コロナでドイツの病院へ運び込まれたけど、回復しただろうか?)だし、他にもロシア映画で大好きなものが山ほどある(詳しくはカテゴリーの映画のサブカテにソヴィエト・ロシア映画があるのでどうぞ)。

僕の時代、真面目な文学部の学生だったらドストエフスキーを読んでなかったら恥ずかしかった。だから僕も一生懸命読んだし、好きだった。だから今でもいろんな長編の早口言葉みたいな登場人物の名前が何人もすらすら出てくる 笑)音楽だってメロディアスなチャイコフスキーは大好きな作曲家の一人だし、19世紀末から20世紀初頭のロシア絵画にもハマったことがあるhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-1081.html

だけど、数日前に拙ブログ常連のネトウヨ氏が罵倒してきたように、僕がかつてのソ連シンパ、現在親ロシアでプーチンを応援なんかするはずないだろう 苦笑)あ、ちなみにコメントはあまりに無内容なので即消しましたが 笑)

そもそも、タルコフスキーはソ連の独裁体制から逃れたわけだし、ズビャギンツェフの「裁かれるは善人のみ」は明らかに現在のロシアの政治風土を強烈に批判しているし、明らかにプーチンを揶揄しているシーンもあるhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-3580.html

ようするに国とその国の体制を直結させてレッテルを貼ってきても、ご自分のオメデタさが際立つばかりである。現在の自公政権を批判すると反日になるっていうのも同じだ。

現在のウクライナ危機。正直に言うと、ロシアとウクライナの違いなんかよくわからない。ロシアとウクライナがもめていると言われても、名古屋市と愛知県がもめている、程度の印象だ 苦笑)だから今回の危機についても、僕になにか言えることなんかない。愛知と名古屋なら言えることはあるし、前にも書いたけどhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-3985.html 笑)

2、3年ほど前、BSの早朝の国際ニュースで、BBC、フランスのアンテンドゥ、ドイツのZDFともにトップニュースとして、モスクワで反プーチンデモがあったというニュースが流れ、その後のロシアのニュースでは一言もそんなニュースは流れなかった。なるほど、ロシアはそういう国だからな、と思ったが、冷静に考えれば、西側諸国のニュースにもある意図があったと言えなくもないわけだ。(誤解なきよう、プーチンを応援するような気持ちはこれっぽっちもないですよ。)

先ほどのニュースではどうやらウクライナへロシア軍が侵攻したらしい。経済制裁というのがどのぐらいの効果があるのかわからないけど。。。しかし、日本にはプーチンとは、シンゾー、ウラジミルと呼び合い、大金をボッタくられた元首相がいるんだから、是非ともプーチンに戦争はやめろと一言あっていいのではないかとおもうのだが。。。笑)


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今日の東京新聞から、石原差別発言批判

2022.02.15.18:22



日曜の新聞で予告していたけど、今日の東京新聞は石原慎太郎の差別発言批判を一ページ使って出していた。でも、正直に言うとまだ足りないとおもう。第二弾第三弾で、もっといろんな人に批判させるべきだろう。前にも書いたようにhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-4219.html、石原節とやらが、現代の日本社会の劣化を招いた原因の一つだと思うからだ。

今回3人の論者が石原の差別発言を批判しているけど、一番下の武蔵大学の千田有紀という人の文章が一番良いと思った。(上の写真をクリックすれば大きくなると思います。)

「差別感情がある人にとって、石原氏は『本音を言ってくれる政治家』だった。失言の形をとり、特定層にアピールできるという政治文化をつくったと言える。」

まさにそうだと思う。石原は際どいことを言った後、いつでも「どうだ! 言ってやったぞ」と見栄を切るように記者たちをねめまわしたけど、彼の目には記者たちの向こうに、彼の発言に快哉を叫ぶレイシストの支持者たちの姿が見えていたんだろう。

「政治家は(。。。)特定の属性の人々を差別、排除することで人気を得ることがあってはならない。」

これは石原だけではない。本文中にも麻生太郎、安倍晋三、橋下徹の名前が出ているが、彼らのやり方はまさに特定の人々を敵と見做してザマアミロというやり方だ。

それともう一つ、みんなに共通するのは「謝ると死ぬ病」に罹ってるのか? と思うぐらい、自分の発言を撤回したり謝罪したりしないことだ。デマを語っても、あれはデマでしたとは決して言わない。間違ったとしても詭弁を弄して正面から頭を下げることはほぼない。記者の質問が痛いところを突いたりすると逆に恫喝する。

もっとはっきりと言えば維新のやり方が、まさにこれだ。維新は集団で石原慎太郎的なやり方を模倣している。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今日の東京新聞

2022.02.09.17:28

石原慎太郎については、先日書いたのを最後にhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-4214.html、拙ブログではもう書かないつもりだったんだけどね。大嫌いだったけど、きっと彼の死を悲しんでいる人もいるだろうと思って、あの時は「合掌」したわけだけど、やっぱりその後の報道はおかしいよね。というわけで、今日の東京新聞は斎藤美奈子の本音のコラムから。


確かに最後まで逃げ切りを許してしまったことは、こういう特別な、何を言っても大丈夫という存在を黙認してしまったということだ。石原慎太郎個人の問題ならともかく、それによって彼が発した数々の暴言・妄言・差別発言は、こういうことを言っても良いのだというメッセージになってしまった。それによって社会は明らかに劣化した。

それは石原慎太郎だけの問題ではなく、それをもっとしっかりと批判してこなかったどころか、持ち上げ続けた周辺やジャーナリズムの問題でもあるわけだ。こうした前例を作ったことにより、それを踏襲しようとしている橋下某みたいなのも、それに続いているわけだ。

ところで上のコラムで斎藤美奈子は石原慎太郎の政治だけでなく文学にも疑問を呈している。僕は石原慎太郎を一冊も読んだことがないので何も言えないけど、斎藤美奈子には石原文学の批判を本にしてほしいと願う。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

石原慎太郎死去

2022.02.02.11:11

石原慎太郎が亡くなった。亡くなった人のことを改めて悪様に言うのは嫌だし、同じことを今日書くつもりもない。石原慎太郎についての「思い」は拙ブログで始めたばかりの頃から何度も書いてきたので、亡くなったからといって、それに付け加えることもない。

2010年4月20日 いいかげんにしろ、石原慎太郎!http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-95.html
2011年3月16日 撤回しても心根は明らかhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-484.html
2012年10月27日 「極右のごろつき」、石原慎太郎http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-1105.html
2013年11月26日 石原慎太郎が火付けなんだけどねhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-1546.html
2016年5月17日 おかしくない?マスコミ? 続きhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-2540.html
2016年9月19日 うやむやなシステムhttp://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-2684.html
2020年7月28日 相変わらずの石原慎太郎 怒)http://tatsuya1956.blog48.fc2.com/blog-entry-3794.html

まあ、他にも色々書いているはずですが(特に自転車関係の記事の冒頭に枕として石原批判を書いたはずですが)、一応、大きなものだけ探してみました。ただ、時間は流れていくんだなぁ、僕が愛する人も嫌いな人も、みんな必ず死ぬんだし、この僕だっていつか(今日かもしれない、明日かもしれない、10年後かもしれない、20年後かもしれない)必ず死ぬんだなという無常感のようなものを改めて感じさせてもらいました。 合掌


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

維新=ナチス? いえいえ突撃隊程度ですよ

2022.01.25.12:37

菅直人にヒトラー呼ばわりされて、喜んでますねぇ、維新の人たち 苦笑)もちろん戦争前夜のヒトラーのドイツ国内での人気は、ロックスターみたいだったそうだからね。俺たちってあんな人気者?って思って、喜んでるんじゃないの?

まあ、演説の上手い人をヒトラーになぞらえるってあまりに安直だとは思うけどさ。でも水道橋博士のツィートに教えられたんだけどさ、例の愛知知事のリコール不正署名問題で維新が共闘していた高須なにがしなんかもヒトラー礼賛を繰り返してたし、かつては石原慎太郎が橋下徹を「ヒトラーの再来」と「称賛」したときには抗議しなかったそうだしね。




いずれにしても維新の、自己責任を叫びながら人々のルサンチマンを煽って(いわゆるザマアミロ感)人気を得るやり方、物事を単純化して無理やりわかりやすい敵を作って叩くやり方、さらに吉本芸人を宣伝省がわりに使ってTVに露出するやり方、あからさまな嘘をつきっぱなしにするやり方、似てるよ〜、小さな嘘より大きな嘘を、と書いたヒトラーに。

年末に、れいわの維新バスター大石議員が維新を称して自民党の突撃隊と言っていて笑ったけど、たしかに一理あると思うわ。突撃隊というのはナチスの武闘組織で、薄茶色の制服と赤にハーケンクロイツの腕章で、街頭で敵対するドイツ共産党員たちと乱闘騒動を繰り返していたわけです。当時の警察組織にもシンパが多く、多少の犯罪行為も見逃されていたとも言われています。

ただヒトラーが政権を取った後に、突撃隊の指導者でヒトラーの盟友だったエルンスト・レームは粛清されます。これはヴィスコンティ監督の有名な映画「地獄に落ちた勇者ども」でも描かれていますね。ただ、映画ではその場で愛人の少年と一緒に撃ち殺されていたような記憶がありますが、実際は逮捕されてのち処刑だったようです。

つまり突撃隊というのは、言うなれば、ナチスの汚れ仕事請負人たちです。維新が自民党の突撃隊というのも言い得て妙じゃないの。


よければ、下の各ボタンをポチッとお願いします(まあ、大した意味ないですので、ポチッとしなくても構いません。おまじないみたいなもんです 笑)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、音楽はバッハと友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎはもっと困るが)。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとしてゴミ箱に入れられることがあるようです。承認待ちが表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す(22年3月2日更新)

カテゴリー

openclose

FC2カウンター

Amazon

月別アーカイブ

検索フォーム