2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

政治離れを加速させたいのだろうか?

2017.09.10.22:54

民進党の山尾という女性議員が不倫騒動で離党したそうだ。僕はこの議員がどんな人なのか、実を言うとよく知らない。一方で少し前には元アイドル歌手とかいう自民党の女性議員も不倫騒動で随分騒がれていた。女性に限らず、不倫とかそんなものでのスキャンダルというのは何度も目にしている。20世紀には総理大臣だった宇野は指3本でどうや、と女性を口説いて辞任したんだったと記憶しているし、大臣だった山崎なんとかもパンツ一丁の写真を取られて、笑いながら、これはどうやら俺だと白状した事件なんかもあったように覚えている。ただ、女性議員だと騒がれ方もより大きくなるようだ。おかしなものだと思う。

こうして政治家はどうも清廉潔白ではない、という印象が強まることで、政治不信の雰囲気が強まり、政治離れが加速されていくのだろう。よく考えれば政治家は公人であって、公人の向こう側には当然「私(わたくし)」が隠れているわけだ。

フランスの大統領だったミッテランは記者から隠し子のことを質問された時に、ああ、いるよ、で、それが何か問題かね?と問い返したそうだ。大統領という「公」の仕事と「私」の生活とは別だと、きちんと分けていたわけだろう。

一方で、日本では、こうして堕落している政治家たちが勝手なことをやっている、と一般人は考える。当然政治に何か期待することもなくなる。目新しいこと、威勢のいいことでもなければ、投票にもいかなくなる。組織票だけである程度の票集めができる与党にとっては、政治に関心を持たない国民が増えること=安泰ということなんだろう。しかし、清廉潔白なんてのはフランス革命時の恐怖政治、ギロチン政治を行ったロベスピエールやヒトラーが誇ったことだ。

TV番組などは朝から女性議員の不倫騒動に血道をあげてきたし、今もそうしているが、一般国民はそんな番組を喜んで見ているのだろうか? 作る方も見る方も、みんなどうかしてるんじゃないのか、と思う。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

北朝鮮のミサイル報道と原発報道と

2017.08.29.10:41

朝起きると、TVではどのチャンネルでも北朝鮮のミサイル発射で大騒ぎしている。電車もいちじ止まったらしい。東北や北海道では、緊急地震速報ならぬ Jアラートとやらが発令されたそうだ。目覚ましになった人も多かったらしい。

横目で見ていて、ふと思った。震災後の原発情報の時には権威ある大学者様がお出ましになって、背後の画像で爆発しているのに、大丈夫大丈夫と言い続けた。「ただちに影響が出ることはない」とか、ひどいのになると、「笑っていれば放射能も逃げていく」なんて言った学者もいた。今現在だって、どうしようもない事態になっているというのに、ほとんど報道されることはない。

今回、日本から1000キロも向こうに飛んで行ったというのに、みんなが深刻な顔してゆゆしき事態だと言ってる。北朝鮮のミサイルが日本に向けて発射されたわけではないし、間違って日本に落ちてくる確率だってほとんどないだろうに。このギャップはなんなんだろう?

何れにしてもJアラートとやらが発令されて、政府が主導したように頭を抱えてコンクリートの建物の中へ逃げ込み、窓から離れることを、本気でした人が、本当にいたのかどうなのか。

しかし、ニュースで、この時とばかりに深刻そうな顔をして「国民の皆様の安全」を強調している安倍のドヤ顔を見ていると、朝から嫌なものを見ちまったという気分になる。

確かにゆゆしき事態なのだろう。ただし、それは今回のミサイル発射以前から変わらずそうだった。北朝鮮は明らかに日本なんか眼中にない。北朝鮮はアメリカとの関係改善を願っているだけだ。具体的には、核兵器の所持を認めさせて、自分たちの政権を安泰なものにしたいのだろう。

こんな状態で、日本としては戦争だけは絶対に困るわけだから、やれることはアメリカに無茶なことはしないでくれと言うことしかない。日中の関係がもっと良好なら別の方向から、というのもあるんだろうけど。

無論、僕なんかに複雑な国際情勢の細かい機微まで分かるはずもない。あくまでも素人の戯言にすぎないが、しかし、一つだけはっきりしているのは、安倍政権は明らかにこういう北朝鮮のミサイルを奇貨として、自らの政権の基盤を固めるための材料にし、ひいては憲法改定のため道具にしているということだ。

北朝鮮という独裁国家はいうまでもなく酷い国で、「どうにかして」あの体制を変えさせなければならないのは間違いない。しかし、その「どうにかして」が戦争をして滅ぼしてしまえという意味ではないのは当たり前のことだ。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

震災の被害者と虐殺された人の違いがわからない人たち

2017.08.27.17:00

トランプがどっちもどっちという低劣な相対主義にしてしまったおかげで白人優位主義者たちが一層勢いづいている。外から見れば、白人優位主義なんてものが真っ当なものではないのは誰でもわかるだろう。

都知事の小池が、これまでの慣例を破り、関東大震災の朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付をやめたおかげで、ネトウヨや歴史改竄主義者たちが一層勢いづいている。

関東大震災での死者は国籍を問わず多かったから、すべての死者への法要を行うために、特別な形での追悼文は提出しないそうである。

とんでもない間違いである。

僕だってすぐにわかる。震災で亡くなった人と、流言飛語により虐殺された人とはまるで違う。震災で亡くなった人を慰霊するのはわかる。しかし流言飛語(しかもその情報源が官憲だった可能性も高い)で殺された人に対しては謝罪も込めて慰霊しなくてはダメだろう。

虐殺などなかったと主張する人もいるようだけど、これはもう信じられない話で、最近も1100の証言集が出ているし、少し前にNHKのETVでも扱われていたが、これだけ証言者がたくさんいるのになかったというのは、証言している人たちは嘘つきであると言っているわけである。



なんだろうなぁ、ゆがんでいるよね。美しい国ニッポンと言いながら障害者を虐殺した奴もいたけど、関東大震災で朝鮮人虐殺はなかったと言い張りながら、良い朝鮮人も悪い朝鮮人も殺せとシュプレヒコールする連中もいる。

ネトウヨにせよ歴史改竄主義者たちにせよ、犠牲者の数を問題にする。だけどこういうケースで正確に数字などわかるはずがない。310東京大空襲での犠牲者は10万人以上とある。広島の場合、広島市の公式HPでは「原爆によって死亡した人の数については、現在も正確にはつかめていません。しかし、放射線による急性障害が一応おさまった、昭和20年(1945年)12月末までに、約14万人が死亡したと推計されています」とある。数字はあくまでも数字に過ぎない。

以前にも拙ブログで書いたことだけど、堀田善衛の「時間」に、こう書かれている。

「死んだのは(。。。)何万人ではない、一人一人が死んだのだ。一人一人の死が、何万にのぼったのだ。何万と一人一人。この二つの数え方のあいだには、戦争と平和ほどの差異が、新聞記事と文学ほどの差がある」(新潮文庫「時間」p.57)

あるいはエルマンノ・オルミ監督の映画「緑はよみがえる」の中で隊長が叫ぶ声。

「死んだものの名前をリストアップせよ。死んだものの数ではないぞ、一人一人の名前を書き出せ」

こういう想像力を持たず、単に死者を数字にして、多い、少ないと言い合いながら、人が殺されたことを些細なことに、場合によってはなかったことにしたがる。これって海外から見ればまっとうなものじゃないのは誰にでもわかるだろう。

……追記 2017,8/29, 12:52……
歴史修正主義という言葉、想田和弘さんの言葉に従って、歴史改竄主義(れきしかいざんしゅぎ)という言葉に差し替えます。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

サッシャの提言とその反応から思うこと

2017.06.22.10:43

自転車ファンならお馴染みのサッシャさん。僕も栗村さんとのやりとりはむちゃくちゃ大好きです。サッシャ・栗村ペアだとレース展開つまらなくてもみたいもんね。以下、無論皆さんご存知とは思いますが、これまでもそうだったように、文字の色が変わっているところはリンク貼ってあるので、クリックしてもらえればその記事へ飛びます。

サッシャがヒトラー式、ナチ式の右手を挙げるポーズは格好だけでも世界基準から見たら恥ずかしいことだし、そもそもこのポーズの由来がまさにナチスから譲り受けたものなのだから、そろそろやめたらどうなんだろう、と問題提起したんですね。

そうしたら、コメントの多くが揚げ足取るような言い方で、ここは日本なんだから、嫌なら帰れ、という意見も散見され、さらに2chではそんな罵倒意見ばかりだったそうで、かなり凹んだようです。心ある自転車ファンの皆さん、サッシャさんに励ましのコメントを送ってあげてください 笑) 


まあ、2chって、ネオナチが集まる怪しげな酒場みたいなもので、普通の人なら近寄らないものでしょうけどね 笑)

サッシャが言いたかったのは、あのポーズは誰が見てもハイル・ヒトラーを連想させるから、世界中にそのポーズが配信されたら笑い者になるんじゃないか、と言っているんですよ。 それをドイツの基準を日本に持ち込むな、とか、自分がハーフだから差別されているなんて被害者意識を前面に出しやがって、なんていちゃもんつけてくるバカ(あえて嫌な言葉を使います)が沢山いる。なんか日本人のリテラシー(文章を読み取る力)ってこんなに低いのか、と呆れさせられます。

しかし、これってなんか嫌になる話ではありますね。要するにサッシャの世界基準の話を、嫌なら出て行けというのって、まるで論理的でもないし説得力もない。ただの「お前の母ちゃんデ●ソ」みたいな悪罵に過ぎない。

サッシャが安倍をどう考えているかは知らない。

だけど、この話から連想できるのは、昨今の国際的な基準を無視する日本政府のやり方だ。国連の人権理事会報告者が共謀罪に懸念を示した時の政府の反応だって、その後の強行採決だって、あるいは沖縄の山城議長の長期拘留だって、世界基準から見れば、日本の評判を貶めるものだ。しかし、安倍を支持する人達はそんなのカンケーねえ、なのである。海外の意見など関係ない、自分たちさえ良ければいいのだろう。だから森友や加計のように、仲間内に便宜を図ってやろうとするのも当たり前の結果だ。

こう書くと、なんでも安倍につなげるパヨクとか言ってくる奴もいるだろう。しかし安倍的空気が日本を支配しているという話は、特に相模原の障害者大量殺人事件に絡めて、これまで拙ブログで繰り返し書いてきた。(なお、このリンクした記事で「忖度」という言葉を何度も強調しているが、その後この言葉が有名になる前に書いた記事で、我ながら先見の明が合ったわい、と自分で自分を褒めてやりたい気持ちです 笑)

いずれにしても安倍を支持する連中は、安倍に反対するものは全てサヨクとレッテルを貼っておしまい。思想性なんか微塵もない。ナチスだって野蛮な組織だったと思うけど、そこには思想性があったし、なんとか理屈をつけて自分たちの正当性を証明しようとした。20世紀の独裁者達には、ファシズムにせよ、共産主義にせよ、あるいは反共思想にせよ、八紘一宇にせよ、民主主義的な世界からの批判に対抗するための思想性のバックボーンを構築しようとする意思があったと思う。たとえ建前ではあっても、理論武装しなければ恥ずかしかったのだろうと思う。

それに対して今の日本の状況はどうだろう? 自分に反対するものにレッテルを貼ればそれ以上考える必要などないと言わんばかり。理論武装? 何それ? 要するに安倍さまが威張っている背後で、俺たちも威張ろうぜ、っていう発想だ。そういえば、今日のTVでも議員が秘書に暴言を吐いているのを取り扱っていたけど、あれなんかも安倍さまと近い位置にいる私には威張る権利があるのだ、と勘違いしちゃった人の話だな。

小津安二郎の映画じゃないけど、バカが威張る社会になりつつあるのは間違いない。

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。ぜひサッシャさんに励ましの言葉を!



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ガンジーの言葉に従って

2017.06.10.18:17

「あなたの行う行動がほとんど無意味だとしても、 それでもあなたは、それをやらなければならない。 それはあなたが世界を変えるためではなく、 あなた自身が世界によって変えられないようにするためです。」 ガンジー

暑い日でした。

IMG_2199_convert_20170610181357.jpg

……追記 6/11、09:11……
コメント欄にも書いたけど、写真に写っている「ミサイルやめろ」は国会前ではなく朝鮮総連前でやれ、とコメントをくれた人がいた。ついうっかり、そのコメントを消しちゃったんだけどね 笑) 

確かによく見ないとわからないけど、このノボリは「ミサイル『配備』やめろ」と書かれている。無論言うまでもなく宮古や石垣への迎撃ミサイル配備に対する抗議だ。

昨日は共謀罪反対と辺野古への連帯を示すデモで、その意味で、現在に至る沖縄の状況や、知らなかったことも教えられた。

しかし、これもコメントに書いたけど、昨今の、安倍に都合の悪いことがあると飛んでくる北朝鮮のミサイルのグッドタイミングに、国会前でミサイルやめろと抗議するのも、あながち的外れではないかもしれない 笑) もしかしたら、ノボリを作った人もそこまで考えた上でのことかもしれない。

以上、コメントをくれた方に感謝します 苦笑)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

すでに国の体をなしてない

2017.04.05.08:48

昨夜、ニュースを見ていて、さすがに血圧が上がった。今見直しても、冷静な気持ちでは見られないので、動画を貼り付けるのはやめる。これまでもデタラメなことを言い続けてきた内閣だったが、福島の自主避難は自己責任、国の責任を認めた判決が出ているというのに、訴えたいなら訴えればいいという開き直り、記者を恫喝して席を立ち、最後にうるさいと怒鳴って消える。自分の職務をどう考えているのだろう。いうまでもなく国の政策の失敗により避難せざるをえなくなった人を自己責任と言い放ったのである。

要するに、あの大臣は復興大臣という肩書きを背負いながら、復興のことなど真面目に考えてこなかった。これまではきっと馴れ合いの質疑しかなかったのだろう。通り一遍のことを言ってればそれでなんとかなったのだろう。その意味では、あの記者の勇気に敬意を払いたい。

ただ、気になったのはあのやり取りを見ていた他の記者たちのことだ。彼らはあのやり取りをどのような気持ちで聞いていたのだろう。あんな傲慢無礼な大臣の態度を見て、何の言葉も発しなかった他の記者たちは、どんなことを考えたのだろう。

……追記
しかし、北朝鮮は実に「素晴らしい」タイミングで騒動を起こしてくれますなぁ。金正恩がどこまで考えているのか知らないが、結果から見る限り、彼は日本が極右国家のままの方が都合がいいと思っているのではないか、そう思えてくる。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

家族旅行、伊豆の巻

2017.03.30.13:17

IMG_4697_convert_20170330131100.jpg

温泉に浸かって、ついでにサボテン公園でカピバラやリスザルを見てきました。カピバラは巨大なネズミだと思うと、ちょっと可愛さ半減。さらにリスザルは映画「アギーレ・神の怒り」のラストで大量に出てきてクラウス・キンスキーが追っかけまわして捕まえ、河へ放り投げてたイメージがあってねぇ 笑)



というわけで、私としては一番大きなインパクトはオオハシとハシビロコウですね。

IMG_0490.jpg

IMG_0511.jpg

特に後者のこのふざけた顔はなかなかに味わい深いものがありました。

そんなことをしている間に、どうやら今年は日本ではツール・デ・フランドルの生放送がないのではないかという噂も伝わってきています。DAZN でもやらないのかなぁ。僕は一番好きなレースと言われるとこのレースをあげるんですけどねぇ。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

教育勅語の精神? ふざけちゃいけません

2017.03.09.12:15

稲田が「教育勅語の精神、取り戻すべきだと今も思う」と国会で答弁したそうだ。朝日のデジタルからコピペする。

稲田氏は「教育勅語の精神である日本が道義国家を目指すべきであること、そして親孝行だとか友達を大切にするとか、そういう核の部分は今も大切なものとして維持をしているところだ」と述べた。
http://digital.asahi.com/articles/ASK385H5KK38UTFK00M.html?rm=351

相変わらず毎度おなじみの安倍政権の欺瞞的やり口だ。

ここで稲田があげた「道義国家」とか「親孝行」とか「友達を大切にする」という文言に反対する人はいないだろう。(最初の「道義国家」という言葉はわかりづらいけど、「道義」という言葉に「人として行うべき道」という辞書の意味を当てはめるなら、じゃあ道義国家じゃない先進国ってあるんですか?と聞きたい。)

だけど、こんなの教育勅語の精神ではないよ。ただの常識というやつだよ。教育勅語なんていうものを持ち出すまでもない。教育勅語がなければ、こんな常識も通らない国なのかい、日本は??

教育勅語の中の誰でも反対できない、ある意味当たり障りのない文言を引き抜いてきて、それを教育勅語の「精神」と称するところに、国民を小馬鹿にした見事な欺瞞がある。

教育勅語のキモはちょうど中央に出てくる次の文言だ。これはネットで調べればいくらでも読める。

一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ
(もし危急の事態が生じたら国のため力を尽くし、永遠の皇室の運命を助けるようにしなさい)

この部分を根拠に、かつての日本人は子供の頃から天皇のために死ねと言われたのだ。

このところ自民党の議員たちから出てくる人権否定発言はすべてここにつながる。いざとなれば天皇のために死ねるように国民を教育したいわけだ。

しかし、では人権を否定する議員たちはそれほどまでに天皇を敬っているのか?? 彼らが、あるいは彼らの親族が「一旦緩急アレハ」真っ先に先頭を切って死ぬ覚悟があるのか? 先日も安倍の後ろ盾と書いたけど、結局は天皇を御輿(みこし)に乗せて、つまり、天皇を後ろ盾にして、自分たちのために国民は死ねという意味なのは、戦争の時のことを考えれば明らかだろう。

結局、一番トップは確かに裁判で裁かれたが、多くの責任者たちは戦後になったら知らんぷり(大西以外の特攻隊の責任者たちのことを思い出せばわかるだろう)。何しろ昭和天皇が無罪となったんだから、自分たちに罪があるはずないという図式だ。

教育勅語を取り戻すというのはこういうことだよ。ヘドが出る。

……追記 (2017, 3/9 22:04)……

いろいろ制限をかけても健気にそれをかいくぐって罵詈雑言、なんの意味もない言葉を書き連ねていくネトウヨの有田某のコメントは、あまりに無内容すぎるし、ただ自分の言いたいことを落書きしていくだけで、こちらの質問に答えてはこないし、つまり、一言で言って、「不毛」なので、今後どんな内容であれ、見つけ次第削除します。と書いている間にも、4つもIPアドレスを変えて、ただの「馬の骨」というだけのコメントとか、バカバカしいのが書き込まれました 笑) すでに削除しましたが 苦笑)

本来、わざわざ書いてきてくれるコメントは、コメントをくれた人本人から頼まれたもの以外、過去に削除したことはなかったんだけど(一つだけ例外として、最初の頃にあまりに差別的なことを書いてきた人がいたので、それは削除したことがありましたが)、あまりに不毛だし、私もそれほど暇人ではないのでね。

このブログを始めたばかりの頃はネット界の世間知らずだったので、ネトウヨといえどもきちんと話をすれば説得できるものだと思っていましたが、どうやら、そういうものではないことがわかってきました。これまでのコメントを検索してもらえば分かりますが、反論コメントには誠意を持って再反論してきたつもりですし、議論で負けたことはないと自負していますが、どうも、そういうレベルで説得できるものではないようです。要するに彼らの外側にある問題というより、内側の問題なのでしょう。

しかし、有田某、あれだけ「自転車レースに出たこともないくせに」と僕のことを罵倒してきたけど、この前の過去のホビーレースの話を読んだんでしょうね。これはちょっと溜飲が下がる思いです 笑)

…追記の追記(22:45)
相手をするからつけあがってくるんだ、向こうも相手にして欲しがっているだけなんだ、という話なので 笑)今後はこんな言い訳めいたことを書かず、単純に削除することにします。


よろしければ、下の各ボタンを押してくださいませ。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今朝の東京新聞から、半藤・保坂対談覚書き

2017.03.03.10:21

今日の東京新聞、半藤一利氏と保坂正康氏の対談が載っている。幾つか印象的な言葉があったので、覚え書きとして写しておきます。

保坂「デモクラシーの後にファシズムがやってくる。それが20世紀の鉄則です。ファシズムはいつもデモクラシーの後を影のように付いてくる。」

半藤「昭和3年の張作霖爆殺の時は、新聞社が批判したからうまくいかなかったんですよ。それで、昭和6年の満州事変までの間に軍部が何をやったかといえば、新聞社の幹部を呼んで、片っ端から酒を飲ませて親密な関係を作った。見事に籠絡されてしまった。」

保坂「結局、最後のところで問われたのは、普遍的なジャーナリストなのか、国家の宣伝要員なのかということです。/戦後になると、権力批判が新聞の役割だと意気込んでやってきたが、この7、8年を見れば、ジャーナリズムは国家の宣伝要員になりつつあるなあ、というのが正直な印象です。」

この二人をまさか左翼だという人はいないと思いますが、保守の評論家ですら、これだけの危機意識を持っているのが、現在の日本ということです。


よろしければ、下の各ボタンを押してくださいませ。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

強制しないと言ったでしょ?

2017.02.17.00:45

君が代、日の丸を保育園や幼稚園でも、という話が出ているらしい。だが、国旗国歌法というやつが出来た時、当時の総理大臣の小渕恵三だったと思うが、強制するものではありませんから、としつこく言っていた。多分国会答弁でも責任大臣が同様のことを言っていたはずである。

この話題になると、日本人なんだから国旗や国歌を尊重するのは当たり前だ、という人も結構な割合でいるようだ。でも、国旗や国歌を尊重することがそんなに大切なことなんだろうか?冷静に考えて欲しいんだけど、日本人としてのアイデンティティってあんな図版や変な歌がなければ曖昧になってしまうようなものなの?

ただ、問題はそこではない。日本人なんだから当然だ、いや違う、と言い合う前に、まず政府が嘘をついた、という点が問題なのだ。強制しないといった政府が強制することが問題なのだ。

今上天皇はこの問題について「強制するのはいかがなものか」と苦言を呈したことがあった。僕には、天皇制については大した思いがあるわけではないけど、ご本人はさぞかし辛いだろうな、と同情している。税金も払えなければ、苗字も持てず、明らかに自分の存在を利用しようとしている連中の神輿に乗せられて、実にお気の毒だと思う。もうここまできたら、自民党の憲法草案とやらが実現して、天皇には日本国の元首になってもらって、「朕はこんな憲法は認めない、元首たる朕が命ずる、国旗国歌は強制するな、そして即刻元の平和憲法に戻せ」と言ってもらうしかないな 笑)


よろしければ、下の各ボタンを押してくださいませ。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

久々の今朝の富士山

2017.01.11.21:56



東京は寒くなりました。体は着込めばいいけど、足先と指先はシューズカバーや手袋をしていてもかなり辛いです。世の中には暖房装置付きのシューズカバーとか手袋もあるらしいけど、まあ、東京だと、そこまではねぇ。それに高価だし。

さて、3・11前にはよくマンションの8階のベランダから写した富士山の写真をアップしたものでしたが、3・11後はどうもその気にならず、去年の春には引越しして、2階に上がっても富士山は見えなくなりました。今朝8時半頃の多摩川の土手沿いからの富士山。

ただ、ガラ携なので、どこに富士山や? って感じですが 苦笑) 



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

三笠宮の言葉

2016.10.28.00:19

僕は皇室に対して、何か特別な気持ちを持っているわけではない。昭和の時代なら、共感か反感か、と言われれば反感だった。いや、今でも昭和天皇に対しては反感しかない。でも今上天皇に対しては反感はない。

今夜の新聞を読んでいたら、その昭和天皇の末弟がこんなことを言ったと知った。

「偽りを述べる者が愛国者とたたえられ、真実を語る者が売国奴と罵られた世の中を、私は経験してきた」

今の世の中、特にネットに蔓延している「愛国者」と「売国奴」という言葉を思い浮かべる時、この三笠宮の言葉は含蓄がある。

以前にも書いたことだけど、ナチスの時代、ヒトラー暗殺を企てたシュタウフェンベルクやトレスコウは、当時は売国奴として罵られた。現在、彼らは、おそらくほとんどのドイツ人に愛国者として称えられていると思う。

あるいはポーランドの民主化要求が高まった1980年代始め、首相のヤルゼルスキはポーランド全土に戒厳令を引き、世界中から非難された。しかし、その後の推移を見れば、これによってポーランドはソ連の介入を避けるとともに、内乱をも避けることができたわけだ。これまた前に書いたけど、ヤルゼルスキはあえて悪役になることを厭わなかった。こう言う形の愛国者もいるわけだ。

そもそも、これまた何度も書いたことだけど、愛国という時の国ってなんだ? 軽々しく口にされるこの愛国という言葉で、それを発している人たちはどんな「国」というものを頭に思い描いているんだろう? 本当に僕には謎だ。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

差別用語を叫ぶ公務員とそれを擁護する上司

2016.10.21.01:37

20年近く前の某自治体の役所。当時の窓口の、特に年配職員にはかなり酷い対応をする人もいた。母親が行くと、どこにも決まりはないにもかかわらず、窓口の裁量で勝手に提出書類を求められ、憤慨した父親が出向くと、対応が一変なんていう話もよく聞いた。

僕の子供が障がい乳幼児通所訓練施設へ行っていた時にも、この手の話はあった。そういう時は、他の親たちと一緒に市役所へ殴り込み 笑)、否、談判に行ったものだった。

そんな事件の一つを思い出してみる。ただし、以下の話はあくまでも大昔のことで、今はこんな対応をする職員はいないと思う。

障がい児通所訓練施設に通っていた子供の母親が、状態も安定しているし、働きたいので保育園へ入園させたいと申請書を出しに行った。すると、窓口のおやじは医者の診断書と訓練施設の意見書を出せと言ってきた。無論そんな決まりはどこにもない。「いいですか、〇〇ちゃん(若い母親の名前)、〇〇ちゃん(今度は子供の名前)も保育園より手厚い訓練施設の方が幸せですよ」と言って申請書類の受け取りを拒絶した。いくら若い母親でも「ちゃん付け」はないだろうし、どっちが幸せか、どうしてあんたが決めるんだ、とは、くだんの母親はもちろん言えず、訓練施設の職員に訴えた。職員は無論怒って課長に直接抗議したが、同じ市の職員同士、らちがあかなかった。

母親から話を聞いた他の父母たちも腹を立てた。書面で抗議内容を書き、面談を求め、最後に署名として父親の名前を書いた。面談では担当課の課長は平謝り、担当窓口には指導済みであり、今後このようなことはないようにしたいと言う。そして申請書は無論診断書も意見書もつけずに受理された。

窓口の本人は決して我々の前に出てくることはなく、課長だけが謝罪した。当時は、よくわかってなかったから、途中から、課長さんも大変だね、と少し同情したくなったものだった。だけど、今、思い出してみると、窓口のおやじが一人で暴走したわけではなく、当時の課全体にそういう雰囲気(障がい乳幼児を保育園に受け入れないようにしたいという雰囲気)があったのだろうと思えるのだ。

つまり、課としては障がい乳幼児通所訓練施設に通っていたような、手のかかりそうな子供を保育園に入れたくない、入れれば保育士の補充が必要になるかもしれない、言葉にしなくとも、そういう雰囲気があったのではないか。そして、そのために診断書や意見書を要求して申請をやめさせようとしたのではないか。

だから、職員の対応は課の雰囲気の忖度だったのではないか。この「忖度」というやつ、自分が属す大きな場の意思を忖度して、つい暴走してしまうということがよくある。普段から、あからさまではないまでも、それとなく、雰囲気が醸成されていく。すると、そこに属する人たちは、その雰囲気が当たり前のことになり、それが正義になり、悪びれることもなく暴発する。

前にも書いたことだが、例の相模原の障害者虐殺事件の時にも、犯人は安倍首相様にお伝えくださいと書いていた。安倍なら自分のやることを理解してくれるはずだと、犯人は、安倍の意思を忖度したつもりだったのだ。また九州の方で不法に監視カメラを取り付けて野党候補者を応援する人たちを隠し撮りした警察官。あれも、警察の中に与党候補を応援したいという雰囲気がある、と忖度した現場警官たちが暴走したのだろう。

そして今回の沖縄の機動隊員の差別用語の連発。これも、多分そうした流れの中で考えれば、問題がどこにあるのかがわかりやすくなる。沖縄に対する差別意識は、この差別用語を発した一隊員の個人的な問題ではなく、もっと構造的なものなのだ。だから、この機動隊員を非難する人たちも、この点を履き違えて個人攻撃に終始するようなことはすべきではない。

そんなことを考えていたら、案の定というべきだろう、大阪府知事は差別用語を発した機動隊員に「ねぎらいの言葉」をかけている。

窓口で文句を言われて逆ギレして差別的なことを言うような職員がいたら、課長はどんな状況であれ、市民に謝罪するものではないのだろうか? 



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

NHKの出口調査とやら

2016.07.31.17:29

かなり大昔に一回経験したことがありましたが、先ほど投票に行ったら捕まりました。順番に当てはまる数字に丸をつけて行ったんですが、最後の安倍政権を支持しますか、しませんかのところは、しませんのところを三重丸にグルグルにしてきました 笑)

しかし16時現在、投票率30%ってなによ、これ?? もう、議会制民主主義の崩壊だな。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

おかしくない?マスコミ? 続きの続き

2016.05.18.22:46

二日に渡って書いたこの話題。今朝の東京新聞、これまで何度か紹介したことのある斎藤美奈子の本音のコラムでも、僕がおととい書いた危惧が、「フィクション」の形で描かれていました。



やっぱり、どうしてもおかしいなぁ、と思うのは普通の感覚なんだと納得した次第です。


a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=493108" target="_blank">
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

おかしくない?マスコミ? 続き

2016.05.17.22:04

昨日、どうも腑に落ちないと書いた舛添事件、今朝つけていたワイドショーでは、政治資金で絵画をオークションで買っていて、しかも、そうした絵の中には裸婦もあったと、わざわざ言ってましたが、こうなると、もう完全に悪意があるよね。政治資金で絵画を買ったことがいいことか悪いことかはわかりません。ただ、その絵の内容をわざわざ裸婦だったということにどういう意味があるのか? あまりのくだらなさに、脱力しました。ワイドショーって去年まではほとんど見たことがなかったんだけど、今年は出勤時間の関係で、タイミングによってつけっぱなしになっていることがあるんですが、これって、あまりのくだらなさに、すごいストレスになります。明日からはTVを消してラジオにすることにしましょう。

繰り返すけど、僕は舛添要一が嫌いです。もとい、大嫌いです。でも、今の状況は何かおかしいだろうと思うんですよね。

そう思っていたら、今日の東京新聞の夕刊で、中野晃一氏が書いています。「あまりにせこい話」で、「批判されてしかるべきですが、石原慎太郎元知事はこんなものではなかったのに、最後までメディアの追求がなかった」と。 本当にそうですよね。石原は不祥事があろうが、暴言があろうが、マスコミは腰砕けでした。 そして今回の大騒ぎも、中野晃一が言うように、「なぜ今なのか」という疑問が拭えないです。


a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=493108" target="_blank">
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

おかしくない?マスコミ?

2016.05.16.14:52

こうしたテーマは久しぶりです。今朝仕事へ出る前にTVをつけっぱなしにしていたら、ワイドショーは舛添問題で一色。コメンテーター?の女性が、記者会見での記者たちの質問の甘さに怒り狂っています。何かものすごく嫌なものを見たような気持ちになりながら、家を出ました。

私は舛添は嫌いだし、都知事選で入れたのは宇都宮さんでした。ただ、この騒動、ちょっと不安になる、というか、何か腑に落ちない、ぞわぞわするものがあります。これ、何度も見てきた光景ではないでしょうか? オウムの時も、前都知事の猪瀬の時も、現代のベートーベンの時も、エプロンのリケジョの時も、水に落ちた犬はここぞとばかりに叩きまくる。こう言うのを「寄ってたかって」というんじゃないだろうか?

舛添がやったことは一般企業では通用しないような経費請求に当たるのかもしれません。よくは知らないけど。だけど、ここまでこぞって大ニュース扱いするほどのことなのかなぁ? 影に大物(個人とは限らないし、日本人とも限らないかも)がいて、そいつ(ら)が日本を牛耳っているんじゃないか、舛添は(あるいは猪瀬も)その逆鱗に触れたのではないのか、あるいは、そうした影の大物(たち)にとって、もっと大きな不都合なニュースを隠蔽するための煙幕なのではないか、そんな陰謀論を信じたくなるような話です。無論僕はそんなものを信じませんが。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

引越しあるある

2016.04.03.13:03

20数年ぶりに引越し。しかも荷物の量がその時に比べると子供の分が増えた分、単純に考えても4倍ぐらいになってます。新しいところ(と言っても以前住んでいたところから歩いて15分なんですが)では富士山もスカイツリーも見えないけど、まあしょうがないでしょう。夏になればきっと蚊もでるだろうなぁ。でもタンデムがすぐに出せるから助かります。

で、引越しして、パソコンはすぐに見つけたんですが、コード類はまとめてダンボールに入れてコード類と書いておいたのに、それが見つからない。ダンボールは本を入れたりするので、なるべく小ぶりのをお願いしたら、引越し業者もあきれるぐらいの数になりました。ダンボール迷路ができてます。

ケーブルTVの業者も来てネット環境も整い、どうやら今日のツール・デ・フランドル(ロンデ・ファン・フラーンデレン)も見られそうなんだけど、電源ケーブルが見つからないからパソコンがつながらないよ〜と昨日一日はオロオロしていたんですが、パソコンのプチプチを剥がしてみたら、なぜか一緒にプチプチに巻き込んでありました 苦笑)

というわけで、ダンボール箱をなんとかする前に、まずこんなことをして遊んでみました。選手と車の縮小サイズが違ってますが 笑)

image_201604031302235c9.jpg



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

負けた方がジュースおごりだぞ!

2016.03.16.10:00

うーむ、いろんな話が出てきます。いや、読売に続いて阪神や西武も。

ただ、高校のクラブ活動でもジュースをかけて、なんていうのは珍しいことではないんじゃないでしょうか。テレンコテレンコ練習せず、必死に練習させるために、っていう意味合いがあるのでしょう。負けたほうがおごり、なんていうのは、試合の緊張感に近いものを練習でも出すため、という効果を狙うんでしょうね。

だから、僕の気持ちとしては、練習のノックでミスしたら罰金というのは許すけど(もっと良いのはその罰金をプールしておいて福祉施設に寄付したと言っている中日みたいなの)、円陣での声かけで金銭のやりとりというのはリミット超えてるでしょう。ただ、これも線引きは、はなはだビミョー。つまり、「ノックのミスで罰金」「ジュースをかけて試合」という体質がすでに試合に金をかけるところまで繋がっているような気がするからです。

ドーピングもそうだけど、これって根元から断つ、なんてことはできないだろうから難しい。つまり、月並みだけど、スポーツであ「勝ちたい、うまくなりたい」、っていう純粋な気持ちは、きちんと制御できないといけないんでしょう。そうすると、そこに問われるのはやっぱり「教養」とか「知性」ってやつだろうなぁ、と思うわけです。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今度はアメリカ標準

2016.03.09.18:51

ネットではあまり大きく扱ってないけど、昨日に引き続き日本人として恥ずかしいニュースではないでしょうかね。

アメリカのワシントンポストが社説で日本の報道のあり方に苦言を呈しています。

「日本が戦後に成し遂げたことの中で最も誇るべきものは、経済の奇跡ではなく、独立したメディアを含む自由主義制度の確立だ。(。。。)首相にいかなる目標があっても、それらを犠牲にすべきではない」

報道の自由度が今61位と過去最低。ちなみに民主党政権時代は最高11位だった。安倍になって一気に50位以下だ。

世界標準ではすでにおかしいぞ、ニッポン!と言われていたわけだけど、今回とうとうアメリカからもおかしいぞ、って言われたわけ。

言われた方はきっとワシントンポストなんてリベラルな新聞で偏向している、とか言い訳するんだろうけどね。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
 HOME 

プロフィール

アンコウ

アンコウ
**********************
あんけ・たつや。欧州ロードレースに興味を持ってすでに30年以上。主にドイツ人選手を応援。特に青田刈りにいそしむ。歳にも関わらず、あらゆる点ですごいミーハー。そのほか好きなものは、読書、クラシック音楽(特にバッハ)、友川カズキ、北方ルネサンス絵画、映画、阪神タイガース(村山、江夏以来ですが、強すぎないこと希望、弱すぎても困るが)。少し前から草食動物と化そうと努力しています。北欧の社会民主主義に対する憧れ強し。家族構成は連れ合いと娘三人。

* 時々コメントが迷惑コメントとして、こちらにも通知されないまま、ゴミ箱に入れられてしまいます。これは管理ページで迷惑メールをチェックすれば見られるのですが、そんなところは滅多にチェックしないので、承認待ちの印が表示されない場合は、ご面倒でも書き直しをお願いします。2017年8月3日記す

カテゴリー

openclose

マガジン9条

FC2カウンター

Amazon

ブロとも一覧

検索フォーム